2019年07月26日

環境によって支配されている?

こんにちは、職業・施術屋です。


現在3つの職場で働いている職業・施術屋ですが、その内の1つである職場では店長業務を担っています。今まで多くのリラクゼーション業界の人間と関わってきましたが、ちょっと思い返してみると「この業界の人は仕事を辞めることにあまり躊躇がない」です。


無料会員登録

環境によって変わるもの

今の職場は30代の人間が多いのですが、かつての職場では40〜60代の方も多く在籍していました。そんな人でも結構な人が出入りしていたので、この業界では転職は当たり前な文化なのかもしれません。


まわりの環境が「転職なんて、普通でしょ?」となっていると、次へのステップが踏みやすいですよね。


一方で、一般的な会社では「その職場で育てていく」システムであるため、途中で職を変える発想がそもそもないのかもしれません。もちろん、会社に不満がなければ何の問題もありません。しかし、本当は転職を考えているけれど周囲の手前、なかなか言いづらい…。そんな人もいるでしょう。


ひとつ、転職経験者として簡単に言えることがあるとすれば___



先送りした(あるいは避けた)判断は後に同じ問題に悩まされることになります。


40CA0D7F-4A9F-4309-94C5-98CB6DEBFA1D.jpeg



これは私自身や他の人を何人か見てきた中で気づいたことです。転職にせよ何にせよ、ある時に目を背けた事柄は、数年後にまた似たような問題として再び目の前に現れます。そしてそれは年齢を重ねるごとに大きく感じられて、自分自身も年齢を重ねているためにどんどん辛いものになっていくのです…。


これを避けるためには、前向きに自ら選択をして行動することです。たとえどのような選択であれ、周囲に流されるのを待つのではなく自分で決めて自分でやる。シンプルですが、それを繰り返すことで同じような問題に直面した時にまるで免疫がついたかのように素早く対処することができるでしょう。


___と、非常に安い自己啓発っぽくなりましたが笑。書いたことは決してウソではありません。


結局、人は同じところでつまずき続けていることがあるのです。







厳選した本を年間3ケタ数読む読書家がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a



Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
タグ:転職
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9004670
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
本・マンガ
ファン