2018年05月22日

理想像を見る視点は、自分or他人?

こんにちは。職業・施術屋です。


退職日が決まっているため、施術に入っても自分は辞める身としてあまり「自分」を出さずにせっせと施術に励んでいると次回指名をお願いされている今日この頃。普通に働いているときは指名をとりたくてもなかなかとれなかったのに、もうとらなくてもいいと黙々とこなしていると声をかけられる。面白いものです。


ここで再確認することは、「自分がこう在りたいなという像と人が求めている像は違う」という当たり前のことです。
客観視の難しさ

接客業ともいえるリラクゼーションという職業は、マニュアルではないですが接客のノウハウのようなものがあります。それ自体は心理学や統計学などいろいろと考慮されたうえでのノウハウだと思います。


ですが、お客様も千差万別であり、接客する我々側もまた千差万別です。自分のキャラクターを客観視できていないと、いくら黄金のノウハウをやっても相手に違和感しか与えません。


ここで注意しないといけないのが、自分のキャラクターを“客観的に”把握する難しさです。自分を把握した気になっていても、それは「自分が勝手に作りだした妄想上のキャラクター」であるということです。







例えば「自分は小心者だから…」とマイナス面で捉えているようで、実は「とは言ってもそれほど悪くはないでしょ?」という自分に甘い点数をつけてしまうのです(なんならプラスに捉えることもある)。


ですが、それは正常なのだと思います。自分が傷つくような見方・捉え方は無意識のうちに弱めるものです。

まとめ

自分を客観視するというのはもちろん実のところ不可能なんだと思います(それができるのは悟りを開いた人のみでしょうね)。


私もややサイコパス扱いされますが(泣)、それは事実と感情を切り離しているようにしているからだと思います(ま、これはまた別の話になっちゃうな)。


まとめると、今回思いついたのは「自分の理想像を持つことは良いことだけど、それは他人にそう見られたい姿なのか、それとも自分がいいと思っている姿なのか、そこを理解しておいたほうがいい」ということでした。




タグ:客観視 接客
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7686732
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
本・マンガ
ファン