プロフィール
ますこさんの画像
ますこ
1年間フランス・オルレアン大学語学留学 フランスに魅せられて2012年ワーキングホリデーにて再渡仏 その後フランス人パートナーとPACS そして2014年3月、Vie privée et familialeを取得。 2016年10月に結婚しました。 現在オーベルニュ地方在住、市役所関連機関にてCDDで働いてます。 ライティング業務はお休み中。 フランスでのリアルな生活やフランス旅行に役立つ情報 そして在宅ライティングに関することをご紹介します♪
プロフィール
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント

2017年11月30日

産後1か月経過、出産レポとその後





子育てしていると毎日がてんやわんやで

瞬速で時間が過ぎてきます…

洗濯や料理、掃除さえもアップアップで寝た瞬間にダッシュで色々やるという日々。

でも我が家は幸運なことに、夜寝てくれる子なので

生後1か月にして6〜7時間平気でぶっ通しで寝てくれます。

日中は一切寝ないけどね…寝ても5分とか。

背中スイッチ凄すぎる。

そのうち夜泣きも始まるかと思うとドキドキですが、

それでも子どもの癒し効果と言うのは素晴らしいもので

疲れもふっとび元気にしてもらっています。


そうそう、ちょっと今更ながら出産レポをインスタ上でアップしました。

興味のある方だけご覧ください。




出産直後は黄疸があり、その影響もあって良く寝る子でした。

一日中寝てばかりで、授乳やおむつ替えのために3時間おきに起こすよう指導を受けました。

母乳は自然と出るものかと思いきや全く出ず、

大きく生まれてくれたからよかったものの体重減少も400グラム以上と心配になるくらいで…

結局母乳が出ないために退院も一日延ばされ

自宅に帰ってからも増えず結局ミルクと混合にすることに。

母乳が出ない間は精神的にもきつかったのを覚えています。

お腹すいてるんだろうな、とか、最初からミルクにしておけばこんなに体重が減ることもなかっただろうに、とか。

ミルクを追加するようになってからはストレスも軽減したのか体が慣れたのか、

母乳が徐々に出るようになり1か月過ぎた現在、1日1〜2回だけのミルク追加で済んでいます。

まだ完母には届かない生産量ですけどね。

決して完母信者ではないものの、やっぱり最初はショックで。

でも今となっては哺乳瓶も受け付けるし

もし何かあって息子を預けなければならない時にも(今のところ)ミルク拒否ということもないので

気持ち的にも楽です。



退院して1週間で乳児湿疹がばぁーーーっと出て

助産師さんに相談するも悪化する一方で

結局助産師さんアドバイスのもと小児科にかかり薬を処方してもらいました。

赤いポチポチと白いポチポチ+かさぶた(脂漏性湿疹)が混ざっていて

やはりかゆかったのか痛かったのか、症状がひどかった時は一日中泣き続けてました…
(それでも夜は寝てくれていたという!!!)

特にかさぶた部分がかゆかったらしく、

どうにも泣き止まない時に旦那がそーっとかさぶたを撫でたらピタッと泣き止むという現象を発見!

浮いたかさぶたを取ってからは謎のギャン泣きも一気に減少しました。


そして現在、薬を塗り始めて2週間

かさぶたはところどころ再発するもののほとんどなくなり

見た目もかなーり改善しました。

赤いポチポチは全然なくならないけどね…



ちょっと湿疹が落ち着いて、このままポチポチもなくなってくれればなーと思っていた矢先、

今度はお通じの調子が悪い。。

人にもよるみたいですが、息子は1日に1〜2回程度。

食事量が足りないのかと思いきや

おしっこはしっかり出ているし体重増加は順調なので体質でしょう、とのこと。

ところがおととい、昨日と一度もお通じがない!!!

しかも顔を真っ赤にして何度もりきんでいて、お腹が痛いのかりきむときに泣く…

当然ご機嫌も斜めで。

今までも何回かお通じが悪いことがあり

その時は自然に解消していたのですが今回はだめで。

以前助産師さんに「もしお通じがこなかったら何か対策はありますか?」と聞いていたのが良かった!!!

追加するミルクは基本、ミネラル分の少ない水を使うのですが

ミルクを作る時の水の半分をHeparというミネラルたっぷりの便秘に効くやつにするという方法。

section-mineral-water-bottle.png

引用:https://www.hepar.fr/?gclid=Cj0KCQiA0vnQBRDmARIsAEL0M1l9rwdWF4cBXWcZZ1bXOsSONkbcp-NjQantV-BAKSzpsyeObF4IPF8aAu94EALw_wcB&gclsrc=aw.ds&dclid=CJL3gsvn5dcCFVAUGwodulUAKw


お昼にミルク追加した時にいつもの水半分+Hepar半分で作ったところ

夜に大量のお通じが!!!!(食事中の方すみません…)


いやー良かった良かった。


本当にちょっとしたことですが、わからないことが多いぶん心配も倍になり

初めてのことで自分の判断にも自信が持てずに

「ああしておけば…こうしておけば…」と悩む日々。

まぁ、悩む暇があったら助産師さんやら小児科医に聞けよって話ですが

「こんなことで質問しても良いものか…」と思っちゃうのも初めての育児あるあるなのかな。

幸い助産師さんはちょっとしたことでもSMS(携帯のメール)で応えてくれるし

とても良い方なのでこの人の存在がなかったら精神的にももっときつかっただろうな。


とはいえ風邪や大きな病気をしたわけでもないので大げさっちゃぁ大げさなんですが。


こうやって何もない日々でも、ちょっとしたことに心配になったりちょっとしたことが気になったり

常にわからないことと対峙する時間が続いていくんだろうな。


とりあえずは自分らしく、出来ることを頑張っていこうと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ


携帯やスマホの方はこちらから応援クリックお願いします♪
フランス情報ランキング



ふらんぽんも遊びに来てね♪
ban-franpon.jpg









ブログや記事に関するお問い合わせはコチラ
mamamasumi61☆gmail.com
☆を@に変えて送信ください。

2017年11月20日

【ご報告】フランスで出産しました。






ご無沙汰しています、ますこです。

先月、4040gの男の子を出産しました。

慣れない子育てにヒーヒー言いながら、忙しくも楽しい日々を過ごしています。

親ばか全開!!!





今思うとこの1年、本当にあっという間だった〜



昨年結婚式が終わった直後に7キロの増量に成功し(爆)

妊娠発覚とともにつわりで一気に7キロ戻り(!!)

結局妊娠期間中は基本的に体調が悪い日々を過ごしていました。

妊娠初期は仕事を休職したり、契約更新の打診を断り無職へ…。


てか安定期に入ったらつわりが収まるって言ったの誰よー!!w


とは言え私の体調不良やマイナートラブル以外は経過は順調で、

結婚記念日の翌日に生まれてきてくれました。

結婚記念日当日に生まれてくれるようにめっちゃ散歩やら掃除やらしたんですけどね…

1日違いですが、それでも無事に生まれてくれただけで十分。

破水から子宮口全開まではかなり速かったのに、

そのあと全く降りてくる気配がなく吸引分娩になったものの特に問題もなく。

初産にしてはスピード出産だったし無痛分娩のお陰もあって

回復は早かったように思います。


妊娠中も出産後も色々と書きたいことや覚書的に経験談を残しておきたかったのですが

妊娠・出産って何が起こるかわからないので、産まれるまでは特に触れずに置こうと思っていました。

でも産まれてからは時間がなくって忘れちゃう前に記事を書けるかどうか…汗

ふらんぽんでは仕事を辞めた経緯などざっくり書いています。

http://franpon.com/lifestyle/1711171

マイペースに更新していきますので、興味のある方は気長にお付き合いくださいませ。





にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ


携帯やスマホの方はこちらから応援クリックお願いします♪
フランス情報ランキング



ふらんぽんも遊びに来てね♪
ban-franpon.jpg









ブログや記事に関するお問い合わせはコチラ
mamamasumi61☆gmail.com
☆を@に変えて送信ください。

2017年09月02日

在宅バカンスは胃がやばい、財布もやばい





本当だったら日本に一時帰国する予定だった今年の夏。

色々あって、来年に見送ることになったため、バカンスはおとなしく自宅待機。

といってもアパートのドアやらなにやらに不具合がある個所があって

2年以上も放置したためいい加減対処しようということに…


そしてしばらく会えていなかった友人や親せきたちとも食事をする時間をしっかりとろう!となり

気付いたらバカンスの半分は食事の予定で埋まってしまいました…


普通に食事、だったら良いのですが、

こちらで人にお呼ばれしたり、自宅に呼んだり、レストランに行ったりすると

たいがいものすごい量の食べ物が出されるため

胃がもたれるもたれる…

ふらんぽんのコチラの記事でより詳しく書いていますが

量も多いし長丁場になりがちだし、しっかり胃がやられました。ぜいたくな悩み…。

それに、お客様が来るときにはやっぱり食材にもこだわるし

お呼ばれする時は必ずなにか持っていくようにしているので

気付いたら意外と出費が増えていました。

それに加えてアパートのちょっとした日曜大工で必要なアイテム類も、塵も積もれば山となったわけで…


あれ、普通に旅行行くのと出費変わらないんじゃない?という驚きの事実。

節約のつもりで諦めた旅行でしたが、結局旅行いっても同じことだったんだということにびっくりさせられました。


そんな話を義両親ともしていたところ、彼ら曰く

「昔はバカンスを自宅で過ごしていたこともあるけれど

結局食事の予定がいっぱい入ってゆっくりするタイミングがないからバカンスに出た方が

自分たちのペースで毎日を過ごせる」とのこと。

確かに、友人や親戚とのお食事会ってとっても楽しいけど、話していると時間が過ぎるのがあっという間で

ランチに行ったのに気付いたら夜!なんてこともよくあるしね。



ということで在宅バカンスで節約…なハズが結局そんなこともなく

次回、在宅バカンスになったら胃とお財布に気を付けよう、と在仏5年目にして学んだのでした。



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ


携帯やスマホの方はこちらから応援クリックお願いします♪
フランス情報ランキング



ふらんぽんも遊びに来てね♪
ban-franpon.jpg









ブログや記事に関するお問い合わせはコチラ
mamamasumi61☆gmail.com
☆を@に変えて送信ください。

2017年07月19日

【前職の振り返り〜仏語編その2〜】色んな人と話すことで会話表現語彙力アップ





いつも決まったメンバーで話していると、

「フランス語が上手になった気になりがち」です(私の場合)。


普段使用する単語はある程度決まっているので

特定の人とばかり話をしていると会話の語彙はあまり増えません。

互いの話し方の癖やアクセントに慣れ、言い回しも限定されますよね。

会話の内容もそう。

近しい人には近況報告しかしないので、使う単語って割と少な目。

もちろん会話も弾むし自分の話したいことも伝えられる。


でも

そんな時に久しぶりに親戚や友人、同僚に会って話をすると

「あれ、思ったよりも話せない…思ったより知らない単語が多い…」と戸惑うことがあるんです。


よくよく考えれば当然のことで、

人によって「しょっちゅう使う単語」はある程度異なるし

「最近仕事どうよ?」なんて話をふろうもんなら

それなりの専門用語も出てきますよね。

話し相手の年代によっても使う単語って異なってくるし

びっくりするほど丁寧な言葉や言い回しをする人や

逆にフランクに思いついたことをぺちゃくちゃ話すタイプの人もいる。

私の場合、丁寧な話し方も普段やっていないとすぐには出来ません。



働いていた時には、上司、同僚でやはり話し方を変えるし

外部の人、取引先、議員さんなど色んな職業の色んなタイプの方と話す機会がありました。

仕事だからやっぱり話の内容も専門的なことになるし

質問や質疑応答なんかの時は毎回ドキドキしっぱなし…


もともと語彙力は少ない方なので、質問を質問で返すこともしばしあったり

毎日落ち込む日々ではありましたが、

その分の成長も大きかったなーと今になって実感します。



私の場合は、会話で使う単語は「聞く」だけでは覚えられず

「自分で使ってみて初めて覚えられる」ケースがほとんど。

そのため普段の「ラジオを聞く」や「ニュースを読む」などのインプットだけでは

まー覚えられません・・・


そのため、久々に会う人とは仕事の話を聞いてみたり、趣味の話や時事ネタをふってみたりと

今まではそこまで突っ込んで聞かなかった話を聞いてみるようになりました。

わからない単語はその場でどういう意味か聞き、その日の会話で1回は使ってみる。

オウム返しでも良いからとにかく使う。


そして出来るだけ色んな人と話す機会を作って、それを最大限に生かすこと。

仕事の時のように毎日違った専門の人と話し合う、なんてことは一切なくなりましたが

同僚、友人や顔見知りに会う機会がある時には積極的に会話を広げることを意識しています。


…きっと「この子仕事辞めて以前よりもおしゃべりになったな」と思われていることでしょう。

ますこ31歳、得たものを少しでも維持するために必死です。


仏語会話で伸び悩みを感じている方や自分の仏語会話力を確かめたい方、

是非「色んな年代、職業の方」と「色んな話題について」話してみてください。

新しい単語や表現を覚えるきっかけになるかもしれないし、

自分の自信につながるかもしれません。



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ


携帯やスマホの方はこちらから応援クリックお願いします♪
フランス情報ランキング



ふらんぽんも遊びに来てね♪
ban-franpon.jpg









ブログや記事に関するお問い合わせはコチラ
mamamasumi61☆gmail.com
☆を@に変えて送信ください。

2017年07月17日

【前職の振り返り〜仏語編〜】必要に迫られるということは大切なこと





やっぱり私の場合、必要に迫られると本領を発揮できるようです。

フランス語の会話に関しては大して苦労はしないものの

リーディングとライティングはかなり悲惨で…

働き始めると当然のごとくメールでのやり取りが発生します。

メールはまだ良いとしても、レポートや報告書、提案書の作成なども業務に加わり

外部の人との打ち合わせがあったら必ず会議の議事録なんかも作成。



ぶっちゃけ、報告書とか提案書だって日本語でもそうサラッと作れるわけでもないのに

それをフランス語でやるとなるとハードル結構高かったです、自分的に。

そのうえ、書類を作成する上で必要な資料や情報も集めなければならないし

それらも当然のごとくフランス語。

まさかフランスの法律文書とかまで読みまくるとは思わなかった(たまに、ね)。


必死に、とはまさにこのことで、しっかり理解できるまで文章を読み込んだり

何度も何度も提出書類を直したり。

ネイティブである旦那には本当に多々助けてもらいましたが

結局同じ職場で働いていて彼にも彼の仕事があったので

ずーっと頼っている訳にもいかず、一人で何とかしなければならない機会が多かったのも

自分の成長につながったかな、と。

提出書類はすべて目を通してもらい添削や指摘等をしてもらってかなり迷惑をかけましたが…


もともと読書が嫌いな私、フランス語の文章を読む、書くという練習が極端に少なかったため

会話力との差があまりにもひどくてよくびっくりされるほどでした。

でも仕事で必要に迫られるようになり、

ある程度のレベルのものを提出することが「最低限」となったことで

今までの「文章は読むのも書くのも苦手」とか「あとでゆっくりやろう」的な思考は激減。

しかもそれが日常茶飯事になったことで結構文章力も読解力も上がったのではなかろうか。


仕事を辞めてからはめっきりフランス語で読む&書く機会が減ってしまったので

辞めた直後から何かしら継続するべきだった…と今更ながら後悔。

たった一週間でも「読む」「書く」の練習を怠ると一気に出来なくなってしまうので

これからは週に数回でも【継続する仏語学習】が必要だな。



仏語に関して言えば、電話対応も必要に迫られて慣れたものの一つ。

もともと人数の少ない職場のため、週に1日(もしくは半日)電話対応の担当が回ってきます。

電話を受けて要件を聞き、担当者に電話をつなぐ、もしくはメッセージをメモって折り返し用の番号を聞いておく、など普通の電話対応が一般的ですが

時々担当者不在で「超緊急の用事で…」のような要件が来ることもあり、

その時には担当者の携帯にメールする、もしくは番号を教えるなどの特別対応をとることも。

最初はその振り分けが難しい。

ただ単に早く返事が欲しいから「超緊急」と言う人もいるため

○○さんの場合や○○関連の会社からの超緊急の場合はメールOR電話する、

○○さんはいつも超緊急と言ってくるけどそうでもない、

など覚えておくことも結構ありました。


でもこの電話を受けるという業務は慣れてしまえば意外と大丈夫で

割と早くこなせるようになった記憶があります。


ちょっとハードルが高かったのは、自分から電話かけをする業務があったこと。

地元生産者リストを作成するという計画があり、その調査を担当した時。

一応リストらしいものはあるもののデータが古く信憑性に欠けるため

まずは電話で問い合わせをして、その後アンケートを送るという業務がありまして。

その電話での問い合わせもやったのですが

当然、相手は私がそんな調査をしてるなんて知る由もなく…

しかも普段から迷惑電話も多いからみなさん知らない人からの電話は警戒心マックス…

そのうえ私の働いている所の名前は全然知られていない…

そして担当がこの私。

日本でも自分から電話をかけるのがちょっと苦手なのに

ハードル高すぎる!!!と思っていましたが

物理的に不可能ではないし、必要に迫られると人間やってのけられちゃうもの。

意外にもしっかりと話を聞いてくれる人の方が多くてびっくりしたほどでした。


この経験のお陰で、今では電話を受けるのもかけるのも精神的にラクチンになりました。

あんだけ電話かけるの嫌がってた私なのに…慣れるって大切。



そして私の場合「どうしても自分が今すぐやらなければならないこと」が目の前にあると

今までできなかったことができることに変換されるケースが多々あるということもわかりました。


つまりは普段自分に甘えている部分が多いのだろうな、と。


時間がある今、自分に甘えまくってだらけているのが現状ですが

自分で自分を追い込む方法を何か見つけないとせっかくの仏語力もまた低下の一途を辿ってしまうことでしょう。


まずは仏語の「読む」「書く」の機会を無理やりにでも増やすことから始めようと思います。





にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ


携帯やスマホの方はこちらから応援クリックお願いします♪
フランス情報ランキング



ふらんぽんも遊びに来てね♪
ban-franpon.jpg









ブログや記事に関するお問い合わせはコチラ
mamamasumi61☆gmail.com
☆を@に変えて送信ください。

2017年07月06日

気付いたらフランス在住5年目…方向性が定まらず迷走中!





ワーホリビザで渡仏したのが2012年の7月。

気付いたらいつの間にか在仏歴が長くなり、5年目です。

渡仏当初の

【フランスでバリバリ働くぜ!フランス生活満喫するぜ!】的な目標を思い出すも

現実はもっと厳しかったな…というのが実際に生活してみた実感でしょうか。

ワーホリビザ当時は仕事が一切見つからず。
(地方ではワーホリビザ所有者の雇用に慣れておらず嫌煙されるという噂も…真偽は不明)

半年帰国して以前勤めていたホテルで働かせてもらい、出稼ぎ状態で資金調達したのも

今では懐かしい思い出。

そこから数か月は相変わらず仕事がないままでしたが、

市役所の臨時職員として数時間単位の超短期バイト〜最長2か月ほどのバイトを繰り返し

少しずつ仕事を貰えるようになりました。

そして運よく、超短期バイトの際に出会った上司に声をかけてもらい

初めての3か月試用期間+1年間の契約。

この上司との出会いは本当に大きかった。

頭の回転が速く、知識と経験も豊富、尚且つ独特の感性とアイディア溢れる女性。

言葉にすると陳腐になってしまうのが残念ですが

彼女がいたからこそ日々刺激を受け続け成長し続けられたと感じています。


とはいえ実際のところ、日々の仕事に追われまくり

毎日が新しいことへの挑戦だらけでヒーヒー言ってたわけですが。


それでも何とか自分のやるべきことをやろうと日々試行錯誤して

充実した日常を送っていました。

そして迫ってきた契約更新時期。


上司からは、私が更新を望むのであれば契約を続けよう、という有難いお話を頂けました。

私自身、仕事も大変だけど好きだったし、何よりこの上司と働けることに幸せを感じていました。

でも、更新しないという決断をしました。

決断の理由に関しては長くなるので今度ゆっくり書くことにしますが、個人的な理由です。

仕事でトラブルがあったとか、つらかったとか、人間関係とかでは全くなく。

むしろ職場環境は非常に恵まれていて、同僚とも上司とも仲良くやっていたので

仕事を辞めるという決断は断腸の思いでした。

何より、尊敬する上司と一緒に働けなくなることに辛さを感じて…

もっと上司のもとで働いて、たくさん学びたかった。



もちろん自分でじっくり考えて出した答えなので後悔はしていません。

ただ、問題は今後のこと


仕事を辞めて早速フランスの職業安定所、Pôle-Emploiに登録。

現状としては、新しい仕事を探したいというよりも

個人事業主としての活動を中心にやっていこうかと考えている最中。

ただし明確なビジョンはなく、

あれやこれやと考えを巡らせている最中です。

考えても考えても方向性が定まらないため、ちょっと迷走しちゃってる感もありますが(笑)


仕事に関しては、多少時間がかかろうとも熟考してから決めたいため、焦りは今のところありません。
(でも収入が一気に減ったので節約生活に突入!!!)

趣味の範囲では、ブログを新しくしたいなーとか、色々考え中。

仏語をもっと完璧にしたいとか、

忘れまくって一切話せない英語をやり直したいとか

時間がある今だからこそ「やりたいこと」なんかもたくさんあります。


一年後、在仏6年目になったときに

「ああ、あの時はこんなことで悩んでたのかー」なんて笑顔で振り返れる日が来ると良いのですが。

くれぐれも

「あー1年たったけど何も変わってないなー」とだけはならないように気を付けたい。。


ということで

しばらくは私の迷走にお付き合いくださいませ。





にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ


携帯やスマホの方はこちらから応援クリックお願いします♪
フランス情報ランキング



ふらんぽんも遊びに来てね♪
ban-franpon.jpg









ブログや記事に関するお問い合わせはコチラ
mamamasumi61☆gmail.com
☆を@に変えて送信ください。
posted by ますこ at 18:41| Comment(9) | TrackBack(0) | 日常

2017年05月03日

リヨンでパスポート更新





忘れたころに登場する、ズボラ女子ますこです。

体調不良が続いていましたが、現在では割と元気に生活しています。



先日、久々に日帰りリヨンに行ってきました。

というのも、パスポートの期限が4月中に迫っており

切れてしまう前に更新手続きを済ませなければならなかったためです。


私の住むオーベルニュ地方(現・オーベルニュローヌアルプ地方)アリエ県はリヨン領事事務所の管轄。

早速ネットでリヨン領事館のサイトをチェック。

確認すると…
申請・受領共に本人出頭が原則です。但し、申請に際しては未成年の場合等、親などの法定代理人による代理申請が可能です。 その場合は、予め所定の申請用紙を当事務所にて入手頂き、申請人本人が記入した申請用紙とその他必要書類を代理人が持参下さい。

在リヨン領事事務所

とのこと。

さすがに片道3時間半かけて2回も有給使ってリヨンまで足を伸ばすのはちょっと不便だな…と思い

半ば諦めモードで領事事務所へ電話問い合わせをしてみることに。


すると、申請は郵送でも良いとのこと!!!

もちろん、ネット上にある必要書類以外にも提出書類が一部追加されるため一度電話での問い合わせ必須ですが

遠方に住むモノとしては本当にありがたい制度。



そして一安心していたところに体調不良で一時的ダウン…

そうこうしているうちにパスポートの期限が迫り

慌てて必要書類を郵送。


実は提出がかなりギリギリになってしまい、有休をとった日までに発行されるか心配だったのですが

電話で問い合わせたところ丁寧にご対応頂き、無事有休を使ってリヨンに行くことに。

ほんっとリヨン領事事務所のみなさま、ご迷惑おかけしてすみません。

そして迅速かつ丁寧なご対応、感謝いたします。



書類等ばっちり準備して、旦那に運転を任せてリヨンへ日帰り小旅行。

といってもお互いあまり観光する雰囲気でもなかったため

領事事務所行って帰ってくるだけの移動。

行きは特に渋滞に巻き込まれることもなくスムーズに目的地まで到着し

バッチリだと思っていた書類たちをたずさえて、いざ領事事務所へ。


するとここで手数料が足りないことを指摘される…


現金ピッタリで準備し、何度も確認したはずなのに…

とココで料金改定があったことを知る。


そう、私が問い合わせたのは3月で、体調不良さえなければ3月中に更新する予定だったのです。


でも気付いたら4月になっていて、年度がかわったことなどすっかり眼中になく大慌て。

たまたま旦那が現金を持ち合わせていてピッタリの金額だったので問題なく終わりましたが。

因みに昨年度までは10年有効パスポート117€。

今年度からは131€。

ちょっと損した気分ですね(笑)申請が遅くなった自分が悪いんだけど。


とにもかくにも無事にパスポート更新が終わってほっと一息。

今回学んだことは、ギリギリまで待って手続きしようとすると

何かあった時に面倒である、ということ。

みなさんも早め早めの手続きがおススメですよー。








にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ


携帯やスマホの方はこちらから応援クリックお願いします♪
フランス情報ランキング



ふらんぽんも遊びに来てね♪
ban-franpon.jpg









ブログや記事に関するお問い合わせはコチラ
mamamasumi61☆gmail.com
☆を@に変えて送信ください。

2017年02月26日

2年有効の滞在許可証ゲットしました。






ご無沙汰しております、ますこです。

相変わらず元気に過ごしています。

某友人から生存確認が入ったことでブログを放置していたことを思い出しました(笑)


ますこ30歳、相変わらず元気です。


ところで、前回放置していた滞在許可証の件ですが、

やっと最近入手しました。

詳しくはふらんぽんのコチラの記事に書いているので興味のある方はチェックしてみてくださいね。

そして今年からは印紙の値段も大幅アップ!!!!!




この金額は結構高くないですか???

1年有効のものでも10年有効のものでも一律でこの金額になるそうです。

私の場合、今年から始まった複数年カードのため

なんと有効期限は2年!!!!

来年手続きしなくて済むと思うと気持ちだけでも楽ですね。


ただ今年は大統領選挙もあるし

新政府の方針次第でいくらでも手続き条件等変わってくると思われるので

私たち在仏外国人にとっては不安な部分ではありますが。


取り越し苦労で終わることを祈るのみですね。



滞在許可証を入手してホッとしていたのもつかの間、

パスポートもまもなく期限切れになってしまうので

今度はリヨンの領事館まで行かなくては…。


暫くは手続き関連のお話が続きそうですが

気長にお付き合いくださいませ。




気まぐれ更新のインスタグラムはこちら

いつもご覧いただきまして有難うございます。
今日も一日一回の応援クリック、宜しくお願い致します。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ


携帯やスマホの方はこちらから応援クリックお願いします♪
フランス情報ランキング



ふらんぽんも遊びに来てね♪
ban-franpon.jpg









ブログや記事に関するお問い合わせはコチラ
mamamasumi61☆gmail.com
☆を@に変えて送信ください。

2016年11月08日

タイミングをミスったかも…PACSから結婚した場合の滞在許可証






在仏日本人にとっては避けて通れない道

滞在許可証の申請・更新。


私の場合はPACSのお陰で滞在許可を得ている訳ですが、

結婚に伴い必要な手続きがあるかどうかを聞いてきました!





PACSでもらえる滞在許可証はvie privée et familialeヴィ・プリヴェ・エ・ファミリアル。

結婚の時も同じ滞在許可です。

当然、結婚とPACSという違いがありますから

申請・更新の際の提出書類は異なります。

今まで提出していた「PACSが継続されているという証明書」の代わりに

「婚姻証明書」(COPIE INTEGRALE D'ACTE DE MARIAGE)が必要になる。



ここまでは予想通り。



そこでいつもの滞在許可証担当の方がサラッと

「PACSで10年有効滞在許可証取得は5年目以降」



「結婚の場合の10年有効滞在許可証は3年目以降」

だからね、と口頭で説明してくれました。






ちなみにわたし、結婚してなかったら今回でPACSでの滞在許可証が3回目の更新(4年目突入)。

ん?

あと1年結婚を伸ばしてたら10年滞在許可証ゲットできたってことですかね?

でも結婚しちゃったから

ふりだしに戻る→あと3年待ってね♡ってことですかね?????



ただ今回質問しに行ったとき、あまり時間がなくって(私が)

サラッと帰ってきてしまったため、

この「3年目」「5年目」の表現も【更新の回数】なのか【年数】なのかもうろ覚え…。



旦那曰く「そんなバカな話ないだろう」みたいなこと言ってましたが。


あっでもでも、

「もうすぐ色々と手続きが変わる可能性があってねー。1年のじゃなくって4年のものになるかもー」

という新情報を漏らしてくれました。

「手続き書類は今まで通りで良いはずだから、とりあえずこの紙持って必要書類集めてね。で、カードが切れる2か月前から書類提出できるから。」と。
(現在のカードは1月末に切れるので提出にはまだちょっと早い)


急いでいたため話を半分くらいしか聞いておらず

質問せずに帰ってきてしまったことを後悔…

今になってめっちゃ気になるという。




ということで、この記事を読んでいる方もあまり間に受けずに

「ふーん」くらいで聞いていただけると嬉しいです(爆)



来月頭にでも更新手続きをしてくるので

その時に実際どうだったかをお伝えしますね!





気まぐれ更新のインスタグラムはこちら

いつもご覧いただきまして有難うございます。
今日も一日一回の応援クリック、宜しくお願い致します。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ


携帯やスマホの方はこちらから応援クリックお願いします♪
フランス情報ランキング



ふらんぽんも遊びに来てね♪
ban-franpon.jpg









ブログや記事に関するお問い合わせはコチラ
mamamasumi61☆gmail.com
☆を@に変えて送信ください。

2016年11月06日

「もーやめたい!」準備が大変なフランス式結婚式






882623_1394115027497056_164204764_o.jpg
Château de Peufeilhoux


そう、大変でした、準備。

結婚を決めたころはまだ短期アルバイト生だったため

余裕をもって準備ができると思っていました。

ところがとんとん拍子に今の仕事が決まり

日々の業務に追われ

週末はその巻き返しのために時間を使う日々。


「まだ時間あるし何とかなるだろー」とドンと構えすぎていて

気付いたころにはドレスの注文もギリギリ

アレコレと手配が出来ていないことに気づいて慌て

一息ついたころにまた「アレ忘れてた!」と慌てて準備する。

そんな繰り返し。


付き合って8年ともなればお互い気を遣わない関係の旦那。

平気で「結婚やめちゃおっかなー」「やっぱキャンセルしよっか♪」なんて言っては笑うことも日常茶飯事。

逆にそうでなければお互いにキレて大喧嘩しただろうな。

(もちろん結婚準備に喧嘩はつきもの。我が家も例外じゃありませんが、普段よりちょっと多いくらい。)


しかも何が大変って、

・フランスの結婚式は自分で手配しなきゃいけないことが多い

のと

・自分の持っている結婚式の常識/ネット上で見つけたフランスの結婚式の常識が通用しない


ということ。

市役所での民事婚手続き

教会での宗教婚

会場の手配

ケータリング

食器やテーブル、椅子などのレンタル

お花

カメラマン

移動手段の手配

会場の飾りつけ

音響設備レンタル

・・・


どちらかというとこだわりの少ない私。

それに対し、割としっかりとしたイメージをすでに持っていた旦那。


彼にしてみれば、私が「どうでも良い」と思っているように感じられることも多かったらしく

でも私は「自分センスないから変な仕上がりになるから、無難に無難にやりたい」と思っていただけ。


結果的には旦那が率先して手配することが多く負担を増やしてしまいました。

それでも何も言わず手配を進めてくれた旦那には大感謝。

仕事で付き合いのある業者には私が電話問い合わせやら打ち合わせ日時決めをし

日本人の観光案内やホテル手配なども私が担当して

最後は何とかバランスが取れたかな?



あとは日仏のバランスを取るのも大変でした。

基本的には「フランス流で」行うことで合意したものの

日本からの招待客にも喜んでもらえるように日本的要素も入れるか

それともわざわざ日本からくるんだからフランスらしさ前面に押し出すか…


衣装に関して言えば、

実母の強い希望で民事婚では着物を着ることに。


教会婚で着るドレスは旦那と選びたいという私の強い希望があったのに(強い希望があること自体珍しい)

「結婚前に花嫁のドレス姿を見ると縁起が悪いから!!!!!」と旦那&義家族に大反対されたり。

(旦那、普段はこういう迷信は一切信じない人なのにこういう時に限って縁起悪いとか言うの、本当に納得できなかったなー(笑)そんなこと言ったら日本人は全員ダメじゃんかー。。)


あと親族や近しい友人たちのドレスコード。

最初は「ドレスコードは紺色で行こう!」とか言っていたのに

結局「みんな合わせるのは大変だし、購入しなきゃいけない人も出るだろうからやっぱりなし」となり


「ドレスコードないから好きな服装で来てね♪」と全員に周知した2か月後

義家族側親族は「出来れば紺色」ということになっていて驚愕したり。


うおーーーーいどっちなんだーーーーーー怒





また、フランスではよくある「独身お別れパーティー」

Enterrement de vie de garçon

Enterrement de vie de jeune fille

最初はやらないとか言ってたので私もやらないつもりだったのに

いつの間にか旦那は「結局やることにした」とか爆弾発言

もう結婚式がもうすぐだというのに私にも「やったら?」とか言い出す。

幸いにも友人たちが優しく温かく受け入れてくれて

私も実現したんですけどね。




結婚準備だけでもてんやわんやだったのに

ちょうど仕事で忙しいタイミングと重なり

旦那は10月、仕事にかかりっきり。


最後の細かな準備は私がやることになりましたが

なんとかなってほっと一息。




もちろん、すべてが完璧に終わったわけではないです。

例えば、

ブーケトスのタイミングを失って出来なかったり

仲の良いオルレアンの友人たちとの写真がなかったり涙

音響が思うように操作できなかったり。



それでも、そんなのは本当に小さなこと。

無事に結婚式が終わってよかった。

観光地を回った時に誰もパスポートや財布を盗まれなくてよかった。



そしてそれ以上に

沢山の方に囲まれて結婚を祝ってもらえて

多くの人に支えられてるんだなっていう実感を得られて

自分たちって本当に幸せ者なんだなって改めて認識して

もっともっと頑張っていかなきゃなーと感じました。



まー細かなトラブルやら手続きの面倒なことやら

皆さんが好きそうな「フランスあるあるネタ」はふらんぽんでまとめますので宜しく(笑)





気まぐれ更新のインスタグラムはこちら

いつもご覧いただきまして有難うございます。
今日も一日一回の応援クリック、宜しくお願い致します。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


携帯やスマホの方はこちらから応援クリックお願いします♪
フランス情報ランキング



ふらんぽんも遊びに来てね♪
ban-franpon.jpg









ブログや記事に関するお問い合わせはコチラ
mamamasumi61☆gmail.com
☆を@に変えて送信ください。