ファン
検索
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
fountainhpyさんの画像
fountainhpy
プロフィール

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年07月16日

染め粉

布 染料 ダイロン マルチ

価格:432円
(2020/7/16 11:06時点)
感想(16件)


2020年05月24日

食べ物はたいせつにね!

今何をするべきか?


今世紀、日本人の使命というか、役割は大きいのではないかと感じていまして、それではいったい、どうするべきか???

質問:私たち、日本人なんだけど、何に注意して生きていればいいのだろう?

答え:食べ物を粗末にしない!

これって誰でもできるし、言われなくても当然のことなのですが、飽食日本においては、まああ、、、捨てること、、、捨てること、、、ちょっと食って、、やっぱりいいや、お腹いっぱい!この味、やっぱ飽きたわ〜そこを企業が敏感に感じ取り、次から次へと〜ナントカ味、なんちゃら味とあの手この手とばかりに、「売れ筋」新しい味が発明されていきます。こんな具合に、袋に半分残ったらゴミ箱にポイ!ポイ!ポイってやってる人、少なくないです。海苔巻きおにぎり半分とか1個全部とか、捨ててませんか?

特にニッポンのお米、これは絶対に捨ててはいけません。一粒たりとも。よく昔、おばあちゃんたちが、お米という字は八十八と書くが、お百姓さんが88の手間暇かけて作り上げたものだから粗末にしては罰が当たると言ってくれましたね。でも、今はそんなこと誰も教えてくれません。スーパーに行けば、北魚沼産のコシヒカリブランド米、山と積まれているんだし、少しぐらい捨てたって・・・罰は当たるんですよ!これ、絶対、将来的にか、または今すぐにか、罰がもう既に当たっているんですよ。

何か今、世界のあちこちでキナ臭いことが起こっています。マスコミでは報道されませんが、または切り貼りでしか伝えられていませんが、ところで、「種苗法」ってご存知でしょうか?

「種苗法」とは日本の農家を守るための法律案です。日本の優良品種(コメならゆめぴりか、つや姫等、ジャガイモならアーリースターチ、キタヒメ等、ネギなら、ふゆわらべ等、りんごならシナノゴールド等、イチゴならあまおう、スカイベリー等、葡萄ならシャインマスカット、ナガノパープル等)が外国人に盗まれ、海外に流出して他国(主に、どこだかわかりますよね??)で増産され、第三国に輸出される、これを防ぐため、登録品種を育成者権者の意思に応じて海外流出防止などの措置ができるようにすると共に育成者権を活用しやすい権利とするため、品種登録制度の見直しをするためなのです。

この「種苗法」が無事に改正されれば、海外への持ち出しは一切できなくなります。

そして怖いのは、一部の芸能人等が、この種苗法により日本の農家が窮地に立たされる、などといったデマ版のツイートを流していたということです。(いつものことですが、騙されないで!)削除はされたみたいですが。

確かに政府の努力により、このような日本の食を守る法律が整備されても、日本人1人ひとりが、つや姫おにぎりを捨てたり、シナノゴールドを一口かじって捨てたりしていたら、かの国は、「あっ日本人はこんな美味いものがいらないらしいね、それじゃもらっておこう」とばかりに大挙して奪いに押し寄せますよ。

結論:食べ物を捨てないでください。日本の食をみんなで守りましょう!


2020年04月28日

刀は自分の為に抜くな! 人の為に抜け!

https://youtu.be/EdgXDtgqeM4

青山繁晴参議院議員が一般からの質問に答えている。
三年前の動画なので、ちょっと古いですが、私は感銘を受けた。

政策云々より、人として生きる根本、この議員の哲学は正しい。

人は自分の為に刀を抜いてはいけない、刀は人の為に抜けと、つまり、政治であろうと、経済活動であろうと、技術開発であろうと、社会に貢献する為のものであって、己の名声や私利私欲の為じゃない。自分だけ助かろうと、地位や名誉や金や財産、生涯貯め込んで、病や銃弾に倒れ地獄に行く人生に何の意味があるだろう?

自分に与えられた使命を全うして、国家や人の為に尽くして生きる、今、全人類に求められていることは、この哲学だと思う。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。