広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年05月08日

1/20 BEEMAX マクラーレン MP4/2  15の巻き(リアウイング)

今回は、リアウイングの作成です。

F1のリアウイングって、シンプルそうで、なかなか組み立てが難しいものです。

垂直、水平も難しいですが、接着できたつもりが触っているうちに、

くしゃっと壊れる経験を何度もしています。


なのに、このMP4/2は、横にも小さなウイングが付いていて、

それがカッコよくみえて購入したのですが、いざ目の前にすると、上手くいくか心配です。


さて、接着前にクリアを吹いておきます。

ウイングができてからは、研ぎだしもできないので。

しかし、ここで問題です。

パーツ類を割り箸に両面テープでつけて、まとめて吹いたのですが、

終了後、パーツを剥がしたときに、裏側のカーボンデカールまで剥がれてしまいました・・・・

テープをつける前に違うパーツで大丈夫か確かめていたのですが。

残念ですが、剥がれてしまったものは仕方がなく、黒で塗装してごまかしました。


裏側のカーボンデカールが剥がれてしまいました。(詳しくは本文参照)
s_P1030940.JPG


接着は、エポキシ接着剤を使用します。

一気に接着したい気持ちもありますが、

片側ずつ、ちゃんと接着乾燥してから次工程に移ります。


↓リアウイングのパーツです。
s_P1030938.JPG

↓片側ずつ接着。
s_P1030941.JPG

s_P1030942.JPG


エポキシ接着剤は、乾燥してからも、ぱきっと接合面で割れることがなく、

接着パーツの微調整ができるので助かります。

神経は使いましたが、崩壊することもなく、何とか完成しました。

しかし、結構大きなリアウイングになったので、上手くボディに乗せられるでしょうか?


組み上がると意外に大きくなります
s_P1030943.JPG


s_P1030945.JPG


ミラーもエポキシで接着。
s_P1030946.JPG


ミラーは付属のインレットを使用します。
s_P1030947.JPG





2017年04月14日

1/20 BEEMAX マクラーレン MP4/2  14の巻き(タイヤ取り付け)


今回はタイヤの取りつけです。

毎回思いますが、タイヤを取り付けることで、

今までのキットが、ぐっと ”クルマ” に生まれ変わります。


タイヤパーツは、良好です。

パーティングラインはさほど気にならず、ヤスリをかけることはせず、そのまま使用しています。

ミシュランのロゴも、デカールですので、位置決めがしやすく、手間もかかりません。

押しつけて付けるタイプのものは、裏から貼りつけるので、

カットする手間や位置決めが難しいですからね。

あとデカールは、くれぐれもタイヤにホイールパーツをはめ込んでから貼ることです。

昔、デカール貼ってからホイールパーツをはめ込んだので、

ゴムが伸びてロゴにひびが入りました。


ロゴはデカール。パーティングラインもきれいなのですんなり仕上がりました。
s_P1030922.JPG


さて、タイヤを取りつけます。

クルマ。モデルカーになる瞬間です。


タイヤを取り付けることで、”クルマ”に生まれ変わります
s_P1030929.JPG


s_P1030930.JPG


s_P1030931.JPG





2017年04月11日

1/20 BEEMAX マクラーレン MP4/2  13の巻き(モノコック取り付け)

モノコックの取りつけです。

時間をかけて作ってきた部分品を、本体に取り付けていく作業って、うれしい感じがします。


今回、少し自分で手を入れてみました。

モノコック上部パーツ(電器系統のパーツと思いますが・・・)へのパイピングです。


以前ご紹介した100均購入のコードを利用しました。

コードは白に塗装。パーツにピンバイスで穴をあけ、接着していきます。

実車写真でこのようなパイプを見ていたので、自分でもやってみたいと思い追加しました。

無いよりは、良い感じになったと思います。


上部パーツに白いコードを追加しました。
s_P1030907.JPG

s_P1030908.JPG


そしてモノコックをアンダートレイに取りつけます。

最初の段階で、アンダートレイのねじれを修正していたので、うまく取り付けられました。

エンジンとの距離感もよく、良い感じです。

ここまで来たか、との感慨もあり、しばらく眺めてしまいました。

ちょっと多めに写真をアップします。


モノコックをアンダートレイに取り付け。
s_P1030909.JPG

s_P1030910.JPG

s_P1030911.JPG

s_P1030912.JPG

s_P1030914.JPG

エンジンと合わせると、追加したパイプがマシーンらしさを引き立てます。
s_P1030915.JPG



2017年02月27日

1/20 BEEMAX マクラーレン MP4/2  12の巻き(エンジン取り付け)

こんにちは。

また久しぶりのアップになってしまいました。

今回は、トレイにエンジンを取り付けます。


トレイ上を通るパイプ類はリアルに再現されており、

エナメル塗料の金属系色を使用することで、雰囲気がよくなります。

s_P1030891.JPG


ターボ、コンプレッサー周りもリアルに再現されています。
s_P1030892.JPG


s_P1030893.JPG

インタークーラー、エッチング使用しています。
s_P1030894.JPG


こちらに、エンジンをマウントします。

インタークーラーからのパイプと、密着できませんでしたが、何とかいけるレベルです。

エンジン設置後は、細かなアーム類を取りつけておきます。

↓ターボチャンバーとインタークーラーとのパイプの繋ぎに若干の隙間があります。s_P1030903.JPG


s_P1030904.JPG


s_P1030905.JPG


次回は、モノコックを取りつけていきます。


2017年01月03日

1/20 BEEMAX マクラーレン MP4/2  11の巻き(コクピット)

明けましておめでとうございます。

2017年初のアップです。

今回はコクピットです。


まずシートから。

シートのパーツに、カーボンデカールを貼ります。

しかし、曲面が多いパーツに対して、デカールは4枚。

およそ上手く貼れる筈がありません。

マークセッターを多様して、綿棒使いながら何とかしたのが写真の出来・・・。

これでも隙間を他の部分でデカールカットして、修正したのですが。

色が明るすぎたので、スモークを塗装しています。

デカール貼らずにそのままでも良いかもしれません。

シートに4枚のカーボンデカール。曲面が多いのできれいにいきません。
s_P1030871.JPG


何とか修正してこの出来。スモークを塗装しています。
s_P1030873.JPG


シートベルトは、エッチングと、エッチングに付属していたカット布を使用。

説明書では簡単に載っていますが、布に張りがあり、曲げるのが大変。

エッチングパーツに通してから、布を曲げてエポキシ接着剤で仕上げるのに結構時間を要しました。

シートベルトはエッチングとカット布で作成。時間を要しました。
s_P1030878.JPG

遅ればせながら、今回タミヤの精密ピンセットを購入しました。

本当、今更ですが。

けどこのツール、ベルト作成には重宝しました。

小さなパーツもしっかりつかめ、固定できるので、細い穴にも張りのある布をすんなり通せ、

もっと早く購入しておけば良かったと思いました。

エッチングの細かいパーツを扱う時、重宝します。

これ、シフトレバーのエッチングパーツです。
s_P1030879.JPG

細くて繊細なパーツも精密ピンセットで容易に扱えます。
s_P1030880.JPG

細かいパーツの扱いやすさは格段上。もっと早く使用していれば良かったです。
s_P1030881.JPG


では、コクピット周りの写真をアップします。

s_P1030896.JPG


s_P1030897.JPG


メータ類はキット付属のデカールがあります。この部分いい感じです
s_P1030900.JPG


s_P1030901.JPG



もっと早く手元に置いて置きたっかたツールです

クラフトツール 精密ピンセット(ツル首タイプ) 74047

新品価格
¥890から
(2017/1/3 17:39時点)


2016年12月24日

1/20 BEEMAX マクラーレン MP4/2  10の巻き(モノコック)

月日が経つのは早く、もう年の瀬です。

久しぶりのアップです。

今回は、モノコックを。

モノコックは、ほぼ全体をカーボンデカールで覆います。

平面が多いので、貼り付けやすいです。

マルボローデカールも付けています。


さて、モノコックの先の部分。最初のねじれ解消時に熱で溶かしてしまいました。

この部分を、思い切ってカットし、サイズが合わないのを承知でエッチングパーツを活用します。

マルボローロゴぎりぎりにパーツを取り付けます。

モノコックはカーボンデカールで覆っていきます。
s_P1030780.JPG

平面が多く貼りやすいです。マルボローロゴは必要ですね。s_P1030781.JPG

パーツのねじれ解消時、誤って溶かしてしまいました。
s_P1030462.JPG

サイズが合わないがエッチングパーツを使用
s_P1030774.JPG

取り付け箇所をカット。
s_P1030776.JPG

エッチングのサイズが大きいため、マルボローロゴぎりぎりで取り付けます。s_P1030875.JPG

コックピット付近は、平面ですが細い箇所が多く、デカールを密着させるのに工夫が要ります。

そのままでは、デカールのパーツが分かれていないので、密着してくれません(隙間ができます)。

平面ごとに乾いてから、次の平面を貼り付けていきました。

少しナイフで切り込みをいれ、綿棒とマークセッターで時間をかけて貼っていきます。



コックピット付近は平面が細くなるので工夫が必要。
s_P1030874.JPG

背面はキット付属のアルミシートをカットして貼ります。
s_P1030876.JPG


コックピット周りは、シートベルトをエッチングを利用して作成しています。

なかなか細かい作業で時間がかかりますが、またアップしていきたいと考えています。




マルボローデカールはやはり欲しいですよね

【TABU DESIGN】1/20 McLaren MP4/2 1984 Option

新品価格
¥1,512から
(2016/12/24 11:40時点)





2016年09月25日

1/20 BEEMAX マクラーレン MP4/2  9の巻き(フロントアーム/ブレーキディスク)

今回はフロントアーム/ブレーキディスク部分のアップです。

ブレーキディスク部分には、エッチングが用意されています。

エッチングパーツは精度が良く、ピッタリはまります。

ブレーキディスク部分のエッチングです
s_P1030766.JPG

ピタリとはまります
s_P1030767.JPG

ダクト部分にはカーボンデカールがあり、小さいパーツですが、こだわりを感じさせられます。

小さなパーツで、曲面もありますが、表面のデカールは1枚です。(裏面1枚)

1回では貼りにくいので、平面部分が、ある程度乾いてから曲面部分を貼り付けました。


ブレーキダクトにもカーボンデカールが用意されています
s_P1030762.JPG

1枚のデカールのため、平面部分がある程度乾いてから、曲面部分を貼り付けs_P1030763.JPG

s_P1030765.JPG


フロントアームの組み立ては、ストレスなく行えます。

ブレーキパーツを取り付けると、らしくなってきました。

s_P1030768.JPG

s_P1030770.JPG

s_P1030771.JPG

s_P1030772.JPG




ご紹介しているディテールアップパーツです

アオシマ AOSHIMA1/20 BEEMAXディテールアップP3 マクラーレンMP4/2用

価格:2,722円
(2016/9/18 22:26時点)
感想(0件)


2016年09月18日

1/20 BEEMAX マクラーレン MP4/2  8の巻き(アンダートレイ)

今回はアンダートレイをアップします。

(モノコックは、また後で)


最初の段階で、歪みをとっておいたアンダートレイ。

この部分は、カーボンデカールと、エッチングパーツの取り付けがメインです。


カーボンデカールの質は高く、凹凸があり、質感を表現しています。

サイズもあっているので、ストレスなしでさくさく貼っていけます。

ただ、面積が広いので、空気の入り込みには注意です。

あと、私はしなかったのですが、押し出しピンの処理(パテ埋め)はしておいたほうがお勧めです。

デカールを貼ったときは気になりませんでしたが、乾燥後、結構はっきり分かります。

アンダートレイにカーボンデカール貼っていきます。
s_P1030735.JPG

↓場所によって色も異なります。
s_P1030736.JPG

↓デカール面積広いので、空気の混入に注意です。(右下に入り込んでしまいました)s_P1030737.JPG

デカール凹凸感があり、質は高いです
s_P1030740.JPG


↓エッチングのクオリティも高いですよ。(こちらで2パーツ使用)s_P1030743.JPG

↓エキゾースト排気口も2パーツ使用します。
s_P1030744.JPG

サイズも合ってます。
s_P1030745.JPG

s_P1030746.JPG


エッチングのパーツはすでに切り離されています。

それをシート2枚で挟んでいます。

すでに切り離されているので、パーツをケガキ棒などの先のとがったもので、

てこの原理でとろうとしますが、このやり方、大きなパーツには要注意です。

金属自体柔らかいので、シートから剥がすとき、パーツが曲がってしまいます。

一度曲がると、正確には元に戻らないので、面倒ですが、ナイフでシートから切り離して使用することをお勧めします。


↓大きなパーツは、シートごと切り離すのがお勧めです。
s_P1030747.JPG


エンジン下の耐熱シートには、専用のステッカーがあります。(ディテールアップセットに)

型紙に沿って、パーツを切り取るのですが、上手くいかず、私は挫折してしまいました。

代わりに、フラットアルミを筆塗りです。


ステッカーシートに型紙をあて、パーツを切り取るのですが・・・s_P1030752.JPG


耐熱シート部分、結局フラットアルミを筆塗り
s_P1030749.JPG


デカール、エッチングの質が高かったので、またプラモ作りが楽しくなってきました。

さて次回は、アンダートレイつながりで、フロントアーム、ブレーキを作成予定です。


デカールの質感、エッチングクオリティ、良いですよ!

アオシマ AOSHIMA1/20 BEEMAXディテールアップP3 マクラーレンMP4/2用

価格:2,722円
(2016/9/18 22:26時点)
感想(0件)


2016年08月21日

1/20 BEEMAX マクラーレン MP4/2  7の巻き(エンジン)

約2ヶ月ぶりのアップになります。

今回はエンジンのご紹介です。


100円ショップで購入したものを工夫して、少し手を加えています。

出来栄えは、写真のような感じ。

にしても、このキット。パチッときれいにはまる感覚はありません。

怒るレベルではありませんが、もやっとする事が多いです。

隙間をいちいちパテで修正するにも手間がかかるので、

サンドペーパーでヤスッテいます。

100円ショップで購入。下はパイプ用。
s_P1030606.JPG

s_P1030607.JPG

パーツごとの隙間ができるため、サンドペーパーでヤスリます。s_P1030596.JPG

s_P1030602.JPG

s_P1030608.JPG

青色の部分が100円ショップで購入した針金リボンです。
s_P1030609.JPG

s_P1030610.JPG

s_P1030611.JPG

オイルタンクからのパイプを追加
s_P1030711.JPG

s_P1030712.JPG

s_P1030714.JPG

s_P1030718.JPG

s_P1030719.JPG


仕事がきつく間隔があきましたが、

マイペースで作成しつつ、アップしていきます。

次回はモノコックをアップする予定です。



2016年06月22日

1/20 BEEMAX マクラーレン MP4/2  6の巻き(デカール)

今回は、スポンサーロゴ等のデカール貼りをアップします。

F1プラモでは、このロゴデカール貼りでテンションがあがります。

今までただのパーツだったものが、

F1マシーンに変わる転換点のように感じるからです。


マルボロー・ロゴは、タブデザインを使用。

その他はキット付属デカールです。

付属デカールは薄いので、貼る時に注意が必要です。

マークセッター併用しているので、くしゃっとなりやすいからです。

その代り、貼り付け後は厚みがないので、きれいな仕上がりになります。

(マルボローレッドのデカールは、ちゃんと張りがありましたよ。)


出来上がりをみると、きれいなコントラストで、

今まで制作したMPシリーズと、違った雰囲気を醸し出しています。



F1マシーンの雰囲気がでてきました
s_P1030585.JPG

ナンバーデカールは、タブデザインを使用。付属デカールはサイズがひと回り小さいですs_P1030586.JPG

メインのマルボローロゴはサイドに。これまでのMPシリーズと異なります。
s_P1030587.JPG

s_P1030588.JPGs_P1030589.JPG

s_P1030592.JPG

リアウイングもいい感じです
s_P1030590.JPG

s_P1030591.JPG



やっぱりこれがないと、締まらない。

TABU DESIGN 1/20スケール MP4/2 1984 オプション

新品価格
¥1,512から
(2016/6/22 12:49時点)


よろしければクリックお願いします↓
模型・プラモデル ブログランキングへ
ファン
検索
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
↓ブログ内 製作中のキットです!

アオシマ 1/20 BEEMAX No.3 マクラーレン MP4/2 ’84 イギリスグランプリ仕様 プラモデル(F4899)

価格:3,540円
(2016/2/3 12:48時点)
感想(0件)

↓ブログ内 製作済みのキット

1/24 スポーツカーシリーズ No.333 ラ フェラーリ 24333

新品価格
¥3,527から
(2015/4/17 12:14時点)

↓ ブログ内 製作済みのキット

スケール限定シリーズ 1/20 マクラーレン Honda MP4/4 89719

新品価格
¥3,024から
(2014/12/16 09:19時点)

↓ ブログ内 製作済みキット

1/24 スーパーカーシリーズ No.07 ランボルギーニ アヴェンタドール

新品価格
¥2,955から
(2014/12/16 09:22時点)

プロフィール
masaさんの画像
masa
岐阜市近郊に在住、40代サラリーマンです。子供の頃ガンプラ作りまくっていましたが、本格的に始めたのは5年前から。家の中でエアブラシも使えず、お金もないので工夫しながら作っています。F1や夢のスーパーカー、部屋に飾った方が地球に優しいと思っている一児の父です。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。