プロフィール

Sayaka
みなさまが本当の自分を思いだせるようお手伝いしています。 一人でも多くの方が本当の自分を思い出し、真に望む人生をらくらくとリラックスして実現していけますように。

無料メールレッスン&メルマガ

このメールを読むとガイドブックなしでオラクルカードから天使のメッセージを正確に受け取ることができるコツがつかめます♪レッスン後は毎週、エンジェルからのメッセージ、天使のコーチングをお届けします。

無料メールレッスン&メルマガ
  お申し込みフォーム

メールアドレス
お名前(性)
お名前(名)
性別
女性 男性
リンク集
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
月別アーカイブ
2016年05月25日
ネガティブな感情を感じてはいけないのですか?



purple-1201814_640.jpg





最近、こんな質問を受けました。


「いろんな本にいろんなことが書いてあるから分からないのですが・・・」




精神世界の本にもいろいろな事が書いてありますし
いろんな説がありますから混乱するのでしょう。




ちなみに、法律の世界でも
例えば、憲法の〜条はこう解釈する、いや違う。みたいに
説が分かれていたりして
必ずしも考えが一致しているわけではありません。





歌も、たった一つの発声法があるわけではなく
いろんな先生が、いろんなやり方で持論を展開しています。
発声法の本もたくさんでていますし
真っ向から対立するような考え方もあります。

例えば、前に声をだすか、後ろに当てていくか、みたいな感じです。




鋭い方はお気づきだと思いますし
勉強をたくさんしてきた方はお気づきだと思いますが




世の中にはいろんな答えが存在しています。




ですから、何が「正しいか」ということを他人と争ったり
捜し求めるのは時間の無駄かもしれません。




それよりも

この考え方を取り入れることで
自分の目的が出来る限り楽に、幸せに、
周りの人と調和を持って達せられるか?



を判断基準にしたらいいのではないかと思います。





話はもとにもどりますが

「引き寄せの法則が働いてしまうので
ネガティブな感情を感じてはいけないのですか?

でも、感情を抑圧してはいけないのですよね?」という
質問も同時にありました。
(レッスン生の方、素敵な質問ありがとうございます!)




こんなふうに悩んでいる方もいらっしゃると思うので
今日はこの内容を題材にしました。




まず、ネガティブな感情をずっと持ち続けることはおすすめできません。


なぜなら、ネガティブな気持ちでいると
自分が嫌な気持ちをしているからです。


そして、その気持ちのまま、その表情のまま
周りの人と接してもあまりいい結果は産まないからです。




でも、ここでよくある引き寄せ本には

「ネガティブな気持ちをポジティブに切り替えましょう!!」

みたいに書いてありますが
なかなかそうもいかず



なんで私って、ネガティブなんだろう・・・
なんで私って、気持ちの切り替えがへたなんだろう・・・


と余計にウツ的な方向に行ってしまうと
かえって良くないので
新しめの引き寄せ本には

感情の解放の方法が書いてあったり
そのままの感情を受け入れてあげましょう。




と書いてあるんですね。





ネガティブな感情が湧いてきたら

その感情のためにちゃんと時間をとること。

その上で、感情と向き合います。



・何が原因でこの感情を引き起こしているのか?
・感情の原因に対して自分は何ができるのか?
・感情を手放すために自分ができることはあるのか?
・この感情を手放すために助けは必要か?






効果的な質問をいくつか繰り返していくと
放っておいたり、抑圧するよりも楽になっていきます。

自分自身としっかり向き合いましょう。
感情は自分の問題として。





赤ちゃんが泣いているのに放っておいたり
なんでもない、なんでもない、という親がいたらとんでもないように


理由があって自分の感情が叫びを上げているのに
無視するのもとんでもないことです。




蛇足ですが・・・
親がこういう傾向にあると、子供には「否認」癖がついてしまい
起こっている事をありのままに見ることができなくなります。

なぐられているけど、これって愛情表現だよね? みたいに・・・。





本題に戻ります。

なかなか難しいかもしれませんが
ネガティブな感情になった時は立ち止まってみると
ポジティブに切り替えやすくなります。




ちなみに、「ニュートラル思考」というものがありますが
ネガティブに傾いているものに対して、例えば −10 という思考に対して、
ニュートラル思考にしようとするのではなく、
普通に、ポジティブに傾くような +10という思考を持ち出せば
ニュートラル地点の「0」にいきます。




ネガティブに傾いている時は、
ニュートラルにしようと難しく考えるのではなくて
ポジティブに考えるようにすれば中間地点にいきますのでご安心を。

Posted by Sayaka at 10:39 | この記事のURL
2016年05月23日
初めの一歩が大切




mikado-1013877_640.jpg





こんばんは。



今日、電車に乗って出かける時
ホームについて、お財布を忘れたことに気がつきビックリ!




到着した先ではお金はいらないのですが
スイカに入金済みの電車賃が足りるかドキドキしながら
とりあえず、自動販売機にスイカを当ててみたら往復分セーフでした 笑





全然違うことを考えていたらこんなことに!

最近、あまりに他のことに集中しすぎて
食事のことをすっかり忘れていたなんてことも・・・。
意識がどこかに行ってしまってるんですかね。。。。
気をつけないと。





さて、初めの一歩についてです。





大きな変化のために必要なのはほんの少しのことです。





大きな違いを生み出すのに必要なのは
これまでとは異なる小さなことを続けることで十分なのです。





こんなお話があります。

まず、5センチのドミノを作成し、
それぞれを前のものより1.5倍大きくしていきます。



このドミノがずっと続いていくと、
10番目のドミノは2メートル近くなり、
23番目のドミノはエッフェル塔よりも高くなり、
31番目のドミノはエベレストよりもさらに高く、
そして57番目のドミノは月にまで届くそうです。




最初の1つを倒せれば、その後は自然に大きなものをも倒すことができるのです。




しかし、こうしたことを知らないと
突然、23番目のドミノに挑戦して挫折したりしてしまうわけです。

いきなりエッフェル塔は無理ですよね ^^;




でも結構、みんなそんなふうに基礎の段階をスキップして
労力もかかり、あまり結果がでないことにチャレンジしてしまうんです。

その結果、「無理だ」という早まった判断をしてしまう。


これではもったいなすぎますよね。




急がば回れというけれど
やっぱり小さく見えるようなものを継続できる力というのは計り知れません。




この小さな一歩をしっかりと踏み出せるかが何よりも重要です。




さて、こうした考えがベースに存在しているのが

あなたの夢を現実の世界にもたらすコース

です。





もしも、着実に前進し、大きなことを成し遂げたいのなら
私と天使がチームになってあなたを応援しまするんるん




本気で変わりたい、夢を叶えたいという方ぜひいらっしゃってください!

Posted by Sayaka at 22:45 | この記事のURL
2016年05月22日
真面目すぎる人




summer-anemone-224501_640.jpg




こんばんは。

今日は久しぶりにサザエさんをみました。

特にすごく面白いというわけではないのですが 笑
サザエさん、癒されます・・・。





サザエさんを見ていると
昔大好きだったみつはしちかこさんの「小さな恋の物語」という漫画を思い出します。





特に凝っているわけでも目新しいわけでもないのですが
読んでいるとホッとするんですね。




小さな恋の物語の主人公のチッチは
恋に真面目すぎる女の子です。




真面目すぎる。




「君は、真面目すぎるんだよ。」

よくそういう駄目出し聞きますよね。




真面目すぎるってなんだろうって考えてみました。




真面目すぎるっていうのは
技巧に走っていないという意味なきがするんですね。




テクニックに頼ったり
思考を巡らしてあれこれコントロールするんじゃなくて
ある意味、自分に正直に、ストレートに生きている。





つまり、真面目すぎる人って
自分に自信あるんじゃないかと思うんです。





人は、自分に自信がないから
あれこれテクニックを使ったり
正攻法で行かないわけですよね?





でも、真面目すぎるって言われる人は
あれこれ策を練らずに、そのままストレートにいっちゃうわけです。




「真面目すぎる」って嫌みのように使う人もいるかもしれませんが
本当は、ありのまま生きていて羨ましいよ〜っていう叫び声なのかもしれません。




私は変な駆け引きしたり、テクニックに頼る男性より
ストレートで正直にしていてくれる男性がいいな〜と思いまするんるん



Posted by Sayaka at 19:31 | この記事のURL
2016年05月22日
恐れがベースの世界



natural-1398349_640.jpg





私たちは肉体を持っていますから
放っておけば、恐れがベースの思考になってしまいます。



まず、肉体を維持するために
「お金が必要」



そして、その「お金には限りがある」という思考になってしまうのです。
そして、そのためには働かなければいけない。
そうだ、時間も有限だったと・・・・。




どんなものにでも、制限があるという考えこそが
恐れがベースの世界を作り上げています。



生命にも限りがある。
いつか自分や大切なひとはいなくなってしまう。




そういう制限に満ちた考えが恐れになっていくんです。




でも、本当は制限は自分やこの世界の住人たちが作り上げている
単なる一つの考えに過ぎないとしたらどうでしょう。




そうでなくても良いとしたらどうでしょう?




人は、信じたものを見ます。




本当は制限がないのだ。
お金というのはエネルギーであって無限に供給され続ける。




私は、なりたい仕事に就くことができる。
私のための仕事は必ずあるはず。
お客さんも無限に存在する。




そんなふうにこれまで人から教えられて無条件に取り込んでしまっていた
制限を少しずつ自分で修正していくのはどうでしょうか。

Posted by Sayaka at 11:09 | この記事のURL
2016年05月18日
拒絶に負けない




spring-flowers-110671_640.jpg





こんばんは。


今日は久しぶりの更新になります。





さて、今日は「拒絶」についてです。





生きていると、拒絶まではいかなくても
自分の思いのままに行かないことって多々あると思います。




例えば、受験なんかもそうですね。
行きたいと思っていた学校に不合格になってしまう。

行きたい会社に採用されなかった。

付き合いたい人にふられてしまった。





数え上げたらキリがありませんがそうした拒絶や拒否というものは
誰もが体験することだと思います。




あの(笑)福山雅治だって女性にふられたことがあるんですから。




人生で何度も拒絶の体験をすると
いい加減諦めたくなってしまうかもれません。




自分自身を否定されたかのように思ってしまうかもしれません。

普通の人は、拒絶されたように感じて傷つくかもしれません。





けれど、拒絶や拒否というのは単なるメッセージにすぎないということです。




それは、もっとよりよい道があるというサインだったり
もっと後になってベストなタイミングで叶うという意味だったり
どこかを改善する必要があるというメッセージだということです。





あまり、ピンとこないかもしれませんが
歴史に残るような大歌手、マリア・カラスやパバロッティでさえ
「才能がない」と拒否された経験が何度もあるのです。





EXILEのATUSHIさんだって、何度もデモテープを拒絶され
傷ついた経験をして、今に至るのです。





何度も拒否され拒絶されたとしても

自分だけは、最後まで自分を信じることで
必ず道は開けてきます。





拒絶されて潰れてしまうのか
拒絶をメッセージだと受け止め、適切な自己改善を図るか
不当なものは気にしないで流す強さを持つか。





拒絶に必要以上にとらわれずに
何が起こったとしても自分を信じて
自分の味方でいてあげたいですね。




もっと、強くなれば
相手が自分の価値がわからないだけだと言えるようになるかもしれません。




ちなみに、この宇宙は完全にバランスがとれていますから
もしも、あなたが誰かに拒絶されたとしたら、その瞬間に
あなたなり、あなたの作品なりを受け入れてくれている他の誰かが
どこかに存在しているはずです。

Posted by Sayaka at 20:43 | この記事のURL
2016年05月16日
あなたの夢を現実にする




motivational-1177436_640.jpg




こんにちは。



寒くもなく、暑すぎもせず
とても過ごしやすい日が続いていますね。


春というのは、これから夏という盛りの時期に近づいていくような
エネルギーがあって、陽も長くなってきますし
やはり秋よりはずっと気持ちも明るくなります。






さて、先日メルマガではご紹介しましたが


大天使ガブリエルアチューンメント


に引き続き新しいコースが誕生しました。






新コースは

「あなたの夢を現実の世界にもたらすコース」 です。






こちらのコースは、叶えたい夢があるにもかかわらず
なかなか行動に移すことができずに先延ばししがちな方を
サポートするために生まれました。




勉強しないといけないのに、
そろそろ開業しないといけないのに、
やらなければいけないことがわかっているのに


面倒だな〜という気持ちがあって動けない方、結構いらっしゃると思います。





しかし、「面倒」という気持ちは
単なる怠惰というよりも
多くの場合は、潜在意識にある恐れの影響でおこっている
前進したくない、環境を変えたくない、そういう気持ちの表れだったりします。





新しいコースでは、こうした怖れに働きかけられるようなアプローチをします。




また、どんな人にでもある、変化することへの抵抗感というものに
負けてしまわないよう、前進し続けるスキルを学んでいくことができます。





内容は、エンジェルセラピー(R)、ライフコーチング、認知行動療法を
組み合わせたもので、前進するための行動を続けられるようサポートします。





もしもあなたに以下のような傾向があるのなら
こちらのコースはとてもおすすめです。





・実現したい夢があるのに先延ばししてしまう

・やる気を出して取り掛かっても3日や1週間しかもたない

・大切なことに取り掛かっても突然、こんなことに意味があるのか?と思い始めてしまう

・叶えたい夢があるのに、実際的な行動は何もはじめられない、そもそも何をしていいかわからない

・何かの勉強をはじめてもいつも挫折する

・通信講座をとっても結局やらずに終わってしまう

・モチベーションが続かない

・やりたいことより、ネットサーフィンや食べ過ぎ、買い物、占い、アルコールなどに逃避しがち




先延ばし人生にピリオドを打ち
本当に夢見た人生を自分の力で創り上げていきませんか?




詳細は以下のページよりどうぞ


「あなたの夢を現実の世界にもたらすコース」

Posted by Sayaka at 16:29 | この記事のURL
2016年05月03日
所有する権利があるのは誰?





rose-111312_640.jpg






今日は久しぶりにゆっくりピアノタイムを過ごしましたるんるん





今日は所有する権利について。




誰にでも望みの仕事や、パートナー、環境など
自分が欲しいと思う状況や人があったり、いたりすると思います。




人を所有、というとちょっと変な言い方になるので
誰かと親密になり、自分の側に引き寄せたいという願いと
置き換えていただいてかまいません。




では、そうしたものを引き寄せる一番強いパワーはなんでしょうか?




お金? 笑




お金で強く引きつけられてくる異性がいたら
急いで追い払ってやりましょう!! 





さて、気を取り直して・・・
なんだと思いますか?




それは。

望むものへの愛によって、そのものとの結びつきによってです。





何かを所有するのは、お金によってでも、
契約によってでも、力によってでもなく
愛によってです。





心においても、魂においても
真に愛するものと繋がることで対象と一体になれば
それはあなたのものとなり誰も邪魔することはできません。




これは普遍的な法則です。
永遠に変わらない神の法です。




あなたが望み、あなたにふさわしいものは
すべて愛の力によってあなたのもとへ引き寄せられ
あなたのものになるでしょう。


ーアラン・コーエンー







対象への愛と揺らがない意図があれば、
人生がその目標を叶えてくれます。

実現するための具体的なプロセスは人生そのものが
うまく取り計らってくれるでしょう。

Posted by Sayaka at 19:49 | この記事のURL
2016年05月03日
らくちん問題解決のしかた




f712037ab0fc35eb7bd5caf56d0294ef_s.jpg

(私は可愛すぎることがちょっと問題かな 笑)





こんにちは。



さて、生きているといろいろな

「問題」に遭遇しますね。




〜のせいで(問題)、〜できない (やりたいこと)。




しかし、スピリチュアル的な見方をすると




〜したくないから(やりたいこと)、〜を創り出した(問題)。




うそでしょ!!と思いたくなりますが




なんだか笑ってしまいませんか?

問題ってその程度のものかって。




問題に見えることは
霧みたいなものですね。
だって、この世で一番パワーを持っているのは
神の表れでもあるあなたなのですから。





欲しいものや願っているものを素直に受け取れないから
問題を創り出して、「なんでよ!」って
一人芝居をしていまあーす。 ←言い方腹立つ? 笑




そう考えると、問題を解決しようと頑張ったり
問題をなくそうと一生懸命戦うよりも




大切なことに取り組んでしまえば良いわけです。





人生の目的の道を歩むということはそれこそ、その人史上
ものすごくキラっキラっぴかぴか(新しい)に輝いてしまうわけですから
エゴとしてはなんとしても阻止したい!
それで、エゴは問題を創り出して
一生懸命、人生の目的の道を歩むことを阻もうとするわけです。




でも、自分のハートに従って自分の道を歩めば
問題は自然に解決していきます。





問題を感じた時は問題に気をそらすのではなく
先延ばししていたり、諦めていたことに
熱意を持って取り組んでみるといいかもしれません。





人生の目的を知るセッションもよろぴくぴくぅ〜るんるん←ギガちゃん風に  笑

Posted by Sayaka at 14:53 | この記事のURL
2016年05月01日
みんな







sweet-1104370_640.jpg






ゴールデンウイーク、いかがお過ごしですか?
5月にもなると、ずっと心地よい陽気になりますね。





さて、今日はなんとなく思っていたこと。





小さい頃、

みんな持ってるから自分も欲しい!とか
みんな行ってるから、私も行きたい!
とかいうと


自分は自分、人は人。



と親はもっともらしい説教をしてきたくせに・・・




いざこちらが大人になってくると





みんな結婚してるんだからそろそろ考えないの。とか
みんな会社に行って安定した仕事してるのに。とか

親とか伯母さんとか(笑)って言いがちだなと。



別に、言われたわけではないのですが・・・




よく使う
みんな」って言葉・・・

なんなんだろうとふと思いました。
都合よく使える便利な言葉ですよね。





みんな

って言葉、ほとんどの人が無意識に使っていますが
結構、支配的なパワーをもっていますよね 笑




みんな」が言っている
みんな」もそう思ってる

そう言われると、一瞬自分の方が間違っているのかな?
ってついつい思ってしまうような。




あまり好きではないけど、「みんな」が持っているから
持っていれば安心。とか。




みんな!って影響力ありますよね。。。





しかし、みんなが言えば正しい、多くの人が言うことの方が正しい
そのような思想はむしろ危険だと思います。

みんなと一緒でいることで
安心できるのかもしれないですけど・・・




っていうか、みんなって誰だろう。 笑




私のメンターは

みんな」と一緒だから安心みたいな生き方をする人を

機械から出てくる、もみじ饅頭みたいな人 笑

と表現していました。
名言です。


たぶん、外国から来て、もみじ饅頭工場の見学したてで
面白かったからだと思いますが・・・。





ある一部の会社や政府は、
もみじ饅頭みたいな人の方が扱いやすいんでしょう。

そんなわけで出る杭は打つみたいな
まだ少しそういう古いやり方が世の中にはあるんでしょうね。




エゴは、新しいやり方に変えるの
すごく嫌がりますから、ポジティブな影響ですら受けないように
新しい風を吹かせるような人を除外しようとするんです。





でも、自分の内側にもそういうエゴが存在していたりしますから
周りの意見とか、大多数の人がやっていることに反することを
するのは怖かったりします。




けれど、本当は「みんな」なんてないんですね。
周囲も幻想です。




周囲の人たちが反対したり、邪魔するようにみえるのは
自分自身がそのことに自信がないから。
その投影なんですね。




自分を自分で責めなかったら
自分を責めてくる人なんていなくなるんです。




みんななんていない。
いるのは自分だけ。




みんなの意見なんてない。
あるのは自分の意見だけ。


Posted by Sayaka at 16:16 | この記事のURL
2016年05月01日
もっと現実的になれ!




06f3af8da8674eb108b51bb89e4b6487_s.jpg





今日はメンターのアラン・コーエンの言葉から。




When most people say, "be realistic," they are arguing for smallness,

True realism embraces infinite possibility.






なんかすごくアランっぽいです。
久しぶりに会いたい〜
こういう文章を読むと、
やっぱりアランから学んできてよかったとつくづく思います。




さて、私なりに解釈した日本語の表現で書いてみたいと思います。




多くの人が、もっと「現実的」になれという。

そんな時、彼らは制限に満ちた小さな自分に同意しているのだ。


しかし、本当の現実には、無限の可能性が含まれている。





infinite possibility (無限の可能性)

私の大好きな言葉です。




ニュースやテレビを見ていたり、人と話していたりすると
「現実的」の意味がどんどん小さい可能性になってしまうけれど



現実的=無限の可能性がある、どんなことでも起きうる



そういうこと忘れないでいたいですね。


Be realistic !

Posted by Sayaka at 12:06 | この記事のURL
  次へ >>