プロフィール

Sayaka
みなさまが本当の自分を思いだせるようお手伝いしています。 一人でも多くの方が本当の自分を思い出し、真に望む人生をらくらくとリラックスして実現していけますように。

無料メールレッスン&メルマガ

このメールを読むとガイドブックなしでオラクルカードから天使のメッセージを正確に受け取ることができるコツがつかめます♪レッスン後は毎週、エンジェルからのメッセージ、天使のコーチングをお届けします。

無料メールレッスン&メルマガ
  お申し込みフォーム

メールアドレス
お名前(性)
お名前(名)
性別
女性 男性
リンク集
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
月別アーカイブ
2016年09月23日
誰も悪くない



544931630e5d352d556073c7a7cff75a_s.jpg






先日、面白い心理テストがあったので
母親にやってもらいました。


この心理テストは、自分が好きな人、仲良くやっていけると思う人
苦手な人、ライバル的存在、など
わりと細かいところまで自分がその人を本音ではどう思っているのか
そうしたことがわかるもの。





私がやってみたところ、ほぼ8割くらいはマッチしていたように思ったので
母にもすすめてみたのです。




おー私の名前も登場してるなあ・・・と思ったら

「苦手な人物・理解できない人」のところに記入しているじゃないですか 





母親に苦手だと思われている娘っていったい・・・・。笑




20年くらい前だったら、自分は母親に愛されない、好かれない人間なんだ、
と本気で落ち込んでたかもしれません。





しかし、なんか、今回は妙に納得というか、そうだよね。と思ったのです。





この心理テストがあっていないかもしれないとか
そういうことではなくて


いくら親子でも、ウマが合うか合わないかあります。
考え方違いますし。
大人になればなるほどそれが顕著に現れます。





例えば、お姉ちゃんは自分より親に好かれていた!とか
子供の頃、思春期の頃とかって
そういうのが大きな傷になったり
劣等感につながっていくかもしれません。



親は平等に子を「愛すべき」かもしれませんが
親も人間ですから
なんか、いろいろ考え方が合うとか、そういうので
行動する時間や話す時間が他の子より多くなるとか
そういう違いは出てくると思うんです。





合う、合わないってある。
これは仕方ないことです。




自分はチョコレートケーキが好きだけれど
あの人は、ショートケーキの方が好み。とか。




私は天使が好きだけれど
あの人は、ドクロの方が好きみたい。とか。笑





人には好みがあるから
いくら自分が好きになっても、尽くしても
相手はその気持ちに応えてくれない可能性もあるのと同じです。





相手の好みってありますからね。
自分にも好みがあるように。

誰だって、なんか合わない人、一緒にいて疲れる人、
そういうのあると思います。





自己価値が高い人や比較的自分に自信がある人は
この辺のことがよく理解できているようで
例えば、自分が好きになった人につきあってもらえなくても
それは、相手が悪いわけでも、自分が悪いわけでもないと
ただわかるようです。





自分に自信がないと、断られたことを
相手に否定されていると考えてしまったり
自分がいけないから、自分が至らないからと
よくない方に考えが向いていってしまうみたいです。
これがひどくなると、相手に恨みを持ったり
自分を責めたりとそういうことが起きてきます。
そして、ずっと立ち止まったままになってしまうんのですね。
これらは全部執着です。





人間ですから、好きな相手とうまくいかなければ
やっぱり落ち込んだり、
寂しかったり、
考えることもあると思いますが
「誰も悪くない」そう思えれば、早く立ち直ることができますし
本当に自分に相応しい人と出会える日を早めることができますね。




蛇足ですが。



例えば、相手の方から疎遠になっていったとします。
その時は、相手だけが自分とは合わないかもって思っていると考えがちですが
これはありえません。

自分の心に正直になれば、自分も相手をなんだか自分とは合わないと思っているのです。
どこかで相手の何かを拒絶したはずです。



そして、自分が相手とは合わないと思っている時
相手も同じように、思っています。





ですから、どちらが先に正直になるかの問題といえます。
一方的な拒絶っていうのはないわけです。

そんなわけで人間関係の終わりには被害者も、加害者も存在しません。
自分や相手を被害者だと思うのも、加害者だと思うのも、
どちらも幸せな人間関係を築かせないようにするエゴの罠です。

自分を被害者だと思っていたり、加害者だと思っている限り
その波動の人間関係を繰り返していくだけです。





「誰も悪くない」心からそう思えた時
本当に幸せな人間関係を築く準備ができているのだと思います。

Posted by Sayaka at 18:00 | この記事のURL
2016年09月22日
パサパサだよベーゴー



7b78851b1d3a32e4f77cc995cb56555f_s.jpg




こんばんは。



今日は、いつもいくデパートに大学の頃によく食べていた
ベーグル屋さんが期間限定で出店していたので
その時好きだった、ベーグルを大量に買ってきました。




帰ってきて久しぶりに食べると



ぱっさぱっさ〜 笑



ベーグルのせいじゃあないんですよ。




大学の頃、ダイエット頑張ってたな・・・
と思い出したんです。




大学生の時は、心の美しさのことよりも
身体的な美しさを保つことの方がより大切に思っていました。

内面を磨き、他者に貢献して実績を残していくということよりも
手取り早く、承認を得られたり、注目を得られると思っていたからです。




今思うと、現代メディアの影響が大きかったかなと思いますが・・・
内面も外面も美しければ最強ですね。
すべての女性にはそのチャンスがあると思います。




さて、大学の頃の私といえば・・・

朝は、おかゆ、ランチはサラダと、このパサパサベーグル 笑
夜は、お豆腐サラダ、野菜スープとゆでささみ
のようなな恐ろしく不健康な生活をしていました。




だから、このパサパサのベーグルが唯一の楽しみ。
食べ応えのある炭水化物だったのです。
甘くて、しっかりとしたベーグルがとっても美味しかったこと。




しかし、久しぶりに食べると、ずいぶんたんばくな味だな〜とふらふら




話は変わりますが。




私は、人が美味しそうに食べている姿が大好きです。
まったく関係のないおじさんが牛丼屋さんで食べている姿ですら愛おしく感じます 笑




愛が足りないと思っている人は
甘いものに中毒になってしまうほど
食べ物って一時的に飢えを(この場合は心も含む)癒してくれるんですね。




だから、食べている時ってみんないい波動でてると思います。
一時的だったとしても、、、

「満たされる〜」っていう波動です。




今、思うこと、本当の栄養は「愛」だということ。
それも、自分の内側から生じる愛がもっとも強力で確実です。




愛こそが、私たちが必要としている全てですね。





あと一週間くらいはベーグルデイが続きそうです・・・
ハニーに手伝ってもらおっと黒ハート



Posted by Sayaka at 20:20 | この記事のURL
2016年09月21日
私の大好きな曲



今日は、私の好きな歌を幾つかご紹介します




みなさんの好みがいろいろあると思います。

私はわりといろんなジャンルの曲が好きなの
今回は4つほどご紹介したいと思います。





まずは・・・


心が浄化されることをご希望でしたら、こちらを。

とお〜っても季節外れだけれど、、、笑
ずっと1年中12月であって欲しいと願わずにはいられない2つ。
何度でも、歌のために生まれ変わって来たいと思うほどの名曲。名歌手。


私は夏でもヘビーリピートです






同じ曲ですがポピュラーとクラシックだとこんなにも違うんですよ。


「O Holy Night」


セリーヌ・ディオン








レオンタイン・プライス










元気を出したいのならこちらのキャッチーなメロディーと
やっぱり日本語の歌詞に励まされるジャパニーズポップス2曲を!




フルスイング/NEWS



歌詞


立ち止まっていたとしたって
ここで終わりじゃなくて
そう何度だって 賽を振れ
願いを込めた
フルスイングで

消えない虹を見つけたと
はしゃいでいたね
あの日の僕には何が見えたんだろう?

二度と戻ることのない
日々を憂うより
少しでも少しでも
明日を願おう

苦しくて苦しくて涙流れたなら
悲しみは悲しみで終わりじゃないんだ
想像も出来ないくらい
感情を握りしめて

立ち止まっていたとしたって
ここで終わりじゃなくて
ためらいの果て 前を向いて
自分に挑みたい
くずれかけた夢だって
叶えたいとだけ信じて
そう何度だって 賽を振れ
願いを込めた
フルスイングで

見えない明日だとしても
走り出していく
滴る汗さえ気にもしないで

そうさ誰にもゆずれない
夢の鳴る方へ
一歩でも、一歩でも
踏み出してみよう

悔しくて悔しくて溢れ出す想いが
この夢もその夢も強くしていく
もう一度空を見上げ
情熱を握り直す

立ち止まっていたとしたって
ここで終わりじゃなくて
ためらいの果て 前を向いて
自分に挑みたい
くずれかけた夢だって
叶えたいとだけ信じて
そう何度だって 賽を振れ
願いを込めた
フルスイングで

立ち止まっていたとしたって
夢は終わりじゃなくて
さすらいの果て 何を問う?
自分だけの旅
追い込まれたって前へ
キミだけにある明日へ
もう最期まで 賽を振れ
願いを込めた
フルスイングで
フルスイングで








夢のゴール/KOKUA (スガシカオ)


歌詞




学校のグラウンドに沈む 夕陽に染まって
シューズが破れるくらい練習した 遠い夏のにおい
ぼくの夢はずっとまっすぐだった
いつか世界の舞台に駆け上がるって

ぼくにとってスタジアムは今 会社の大会議室
君にとってホームランはきっと 家族へのプレゼント
あの日なりたかったスター選手と
同じハッピーと感動を約束するよ
 
ずっと握りしめてきた夢はまだ終わっていない
あきらめた日が ゴールじゃないから
ずっと追いかけてきた夢が生まれた場所
そこに戻れば 夢はまた始まる

君がなりたかった夢って何?パイロット スポーツ選手?
アイドル 医者 パティシエ 声優 教師? アーティスト?デザイナー??
それは職業のただの名前で 
君が歩いていく道の名前じゃない

誰かにとって キミはアーティスト 夢与えてる
誰かにとってぼくは高校教師 言葉を残す
夢って言葉に憧れてた頃
本当の輝きに気付けなくて

きっとぼくらが生きる 最高のカタチは
誰かのための 自分になること
何もない毎日でも 君がいてくれることで
誰かにまたひとつ 笑顔が生まれるよ

ずっと握りしめてきた夢はまだ終わっていない
あきらめた日が ゴールじゃないから
世界中が熱狂する スーパープレイのかわりに  
誰かを笑顔にする ファインプレイをするよ





Posted by Sayaka at 21:25 | この記事のURL
2016年09月20日
人間の記憶の曖昧さ




d653e3fba729442ae2f9120a75a54644_s.jpg





こんばんは。



最近、知識では知っていましたが
自分の深い部分から「あ〜そうか」と思ったことがありました。





それは、私たちの記憶の曖昧さです。

そして、もっとタチが悪いのは。。。
ネガティブに変換してして記憶されていることです。




脳の働きを研究しているお医者さまもいっていましたが
人間の脳の特徴として、次回からの嫌な体験を避けるために
ネガティブな体験をより強く誇張して記憶し
ポジティブな経験は忘れやすいとのこと。




それにしても、私の脳はひどいなあ・・・笑
と思ったのが、まさに最近のこと。




歌のレッスンを受けるときは必ず「録音」するようにしています。




それで、レッスン中に先生が気になることをおっしゃると
レッスン後、しばらくしてからそれはどういう意味なんだろうか???と
しばらくネガティブな方向に考えてしまうのです。
しばらくといっても、1時間くらいですが・・・。




そして、復習のためにあらためて録音を聞きなおすと
なんのことはありません。
誰もネガティブなことなんていっていなくて
私が考え込むことなんてないにもないことに気がつくのです。





脳って、本当になんでしょうかね・・・・。
単純記憶というのは多分エゴが優位の左脳の働きなんでしょうか。
ネガティブな解釈寄りにすり替わっているんですね。




録音がなかったら勘違いしたままですよね。
恐ろしや〜 





おそらく子供の頃の記憶なんてもっと曖昧だと思いますし
嫌なことの方がよりクローズアップされていると思います。


ちなみにインナーチャイルドの記憶というのはほぼ合成です。
というのも、過去に実際に起きたかどうかということよりも
もともと持っている感情が先でそれにイメージをつける感じですから。





以前、私の友人が、自分が子供の頃に父親が母親に暴力を振るっていたと
ずっと思い込んでいて
大人になってから親と話す機会があり、そのことを聞いたら
” まったくそんな出来事は起きていなかった ” と知り
あまりの記憶の曖昧さに驚いていました。

記憶は真実ではなく都合の良いように合成されている。
そう語っていました。

彼曰く「すべてはイリュージョン」 笑





毎回、日常生活で録音するわけにはいきませんから、
後になって、ネガティブに思い出しそうになったら
「ああ、また自分は勝手に話を作ってるのかも」そう思ってみるのも
自分の気持ちをポジティブに向ける方法の一つかもしれません。




私のセッション、ご希望でしたらぜひ録音してください


Posted by Sayaka at 22:31 | この記事のURL
2016年09月19日
批判は聞かなくていい



aecb48ce7e6eb3beb175c0869560df38_s.jpg






こんばんは。




セッションをしていると
自分がやりたいことがあっても、
誰かからの批判が怖くて
なかなかチャレンジできないという相談を多く受けたりします。





意識が高くなっていくと
批判や否定するような人が例え現れたとしても
たいして気にならなくなっていくと思います。




なぜなら、否定や批判の大半が
突き詰めていけば単なる嫉妬にすぎないか
自分で自分を好きになれない人が
他人の足も引っ張りたいと願って行うことにすぎないと
わかるからです。

どんな文章をつかっていても
一見論理的に見えるようなものだったとしても

批判の中に真実はありません。
なぜならエゴから生まれたものだからです。





ほとんどの心無い批判は
「同じことをやっていて、自分はうまくできなかった」
という人からのものだと思います。



昔、知り合いに歌を学んでいましたが
ほとんど舞台に立たない女性がいました。

彼女は日本でトップレベルの歌手のことを
「あの人は整形してるの知ってた?、声も全然小さくて聞こえないし。」
とわざわざ私に言ってきたことがありました。


売れている人はみんな、身体売っています、とか 笑




とにかく、何でもいいから相手を貶めたいのです。
相手を認めたくないのです。




しかし、そのレベルです。笑
嫉妬です。
うらやましいんです。

むしろ批判している側の品格が疑われます。





ごくたまに、建設的な意見もあるかもしれません。
いわゆる親身な人からアドバイスです。


聞くべきアドバイスというのは
その人物が自分のことをよく知ってくれており
その上で、当該人物が発言に責任を持って、
双方向のコミュニュケーションを図り
相手の成功を祈って、協力的に行われるものです。




ですから、解決策を与えずに単に指摘する行為も
イライラのはけ口のような、無駄な批判でしょう。


批判は、自分のことを好きになれない人が
他人にそれを投影して責める行為です。




また、匿名の批判なども言わずもがなそれに値しません。

匿名で行われる自体、おかしいですよね?

その人物が根拠のないことを言っていることが自分でわかっており
単なる攻撃にすぎず
反撃を恐れるからこそ名前を隠匿するわけです。





他者への批判や否定のほとんどは、
その人の劣等感から生まれたものだと思いますし
自分のことが認められずイライラしていたり
自分の罪悪感を投影したいのでしょう。





もしかしたらそれは
「自分も幸せになりたい」そういう叫びなのかもしれません。





世に出れば出るほど
つまり、光輝けば光り輝くほど、闇は強くなるかもしれません。
しかし、闇は恐れるに値しません。
より強い光で照らせば跡形もなく消えていくでしょう。





本当に意識が高い人、幸せな人であれば
他人を批判したり、否定しようなど思わないものです。

そういう人は、自分の道を歩んでおり、自分の人生の目的に没頭していて
そんな暇がないからです。





つまり、わざわざ批判している人
噂話をしている人、は意識が高くないのです。
低いレベルの意見は聞いても意味がないので
ほとんどすべての批判は無視していいということになります。




そう考えると、聞くべき批判というのは限りなく0に近いわけです。





ちなみに、すでに、批判をされたり嫌な思いをした経験があるのなら
こんな風に考えてみてください。
あなたを批判している人は、あなたが羨ましいだけなのです。
そして、あなたのように幸せになりたいと思っているのです。




それでも、気が済まないのなら
「蒔いた種は本人が刈り取ることになる」そう考えてください。
あなたの足を引っ張るために批判した人物も
いつかは自分が行ったことの結果を引き受ける日がやってくることでしょう。
怒りは手放して下さい。





すでに成功している人を批判したり、羨んだりすることなく、
批判や嫉妬を恐れず自分のやりたいこと頑張ってください



Posted by Sayaka at 22:55 | この記事のURL
2016年09月18日
ハートが開く場所



ab9c53139fa19a6d85f244d2d9fb2243_s.jpg





こんばんは。


今日は、声楽のコンクールでした。




約2週間ぶりほどの本番だったので
幸い、あまり緊張せずにすみましたが・・・
それでも、やっぱり口の中が乾燥するな、と通常との変化を感じました。




身体は本当に正直ですよね。
頭では、リラックスと思っていても
身体の方はいつもとは違うことを察知しています。

自分の身体なのに、なかなかコントロールは大変ですね。





さて、それはそうと、やっぱり舞台で歌えるのって最高!
最近、舞台に立てる機会が増えて嬉しいです





今日は、聴いてくださる方に必要な癒しが起こるよう
聞いてくださる方がちょっとでもいい気持ちになるようお祈りしてから歌いました。





舞台に立った時も、立ったあとも、ハートがばーん!!って開くのを感じます。
うん、うん、魂がYESって言っているなあって感じです。




みなさんのハートが開く場所はどこですか?

「それをいっぱいしてください。
もっともっとしてください。」

きっとそれが魂からのメッセージだと思います




どんな夢も、願いも実現します。
人間には無限の可能性があります。

そうみなさんに伝えているからこそ、
私もみなさんと一緒に頑張りたいと思います。




ご一緒に最高の人生を歩んでまいりましょう。

Posted by Sayaka at 20:41 | この記事のURL
2016年09月16日
三田寛子さんの会見、セラピスト的見解



f5051314c93d7f06fd48666525a03fce_s.jpg





こんばんは。




テレビでは、浮気疑惑の持ち上がった夫についての会見をした
三田寛子さんの振る舞いが大絶賛されているようです。




とりあえずの表向きと割り切ったご対応かもしれませんが・・・
引き寄せ女子も見習うところがありそうです 笑




三田さんは、夫の浮気疑惑について
終始笑顔で、時にはマスコミを逆に気遣いながら質問に答えていました。




パートナーに「浮気の疑惑」が持ち上がれば多くの人は

怒り、不審感、不安、混乱 etc. などでいっぱいになってしまうでしょう。




「浮気の疑惑」という目の前の出来事に対して
どのように反応するかで未来もパートナーとの関係も変わってくるはずです。




例えば、許せない!なんでよっ!という思考を選択すれば
二人の仲は険悪になっていくでしょう。
問題視して、問題を拡大させることになるのです。





しかし、これは大した問題ではない、
私にとっては家族で幸せに暮らすことこそが大切なのだという思考を選択すれば
逆に、この出来事をきっかけに関係を深めていくこともできるはずです。





今回、三田さんは悲劇のヒロインになったり、大騒ぎするのではなく
大した問題としてとらえないことによって
問題を長引かせないようにしたように感じました。




まるで何事もなかったように 笑 

そう、何事もなかったようにすれば
何事もないんです。(←旦那には言ってない 笑)





加えて、三田さんは「私にも至らないところがあった」と発言していました。

何があったかは実際わたしたちにはわかりませんが
すべての出来事は自分が創り出したのだ。という
スピリチュアリティの基本でもある自己責任の法則にものっとっているように思います。





「私は完璧な妻なのに、私には何の非もないのに、なぜよ!!」みたいに
なることも可能だったと思うのですが
自分にも至らない部分があったのだ。と発言するところが
さすがというか、たおやかで優美だなあと思ってしまいますね。





これが例えば女優さんならではの演技だったとしても・・・
目の前の出来事をどのように解釈し、行動するかの良いお手本だったと思います。





物事に意味はない。すべては中立。あるのは自分が与える意味だけ。
それを思い出すよい機会でした。





それにしても、最近、不倫が公の話題になることが多いですね。
ずいぶん昔は、「不倫は文化だ!」と言っている俳優や
遊びは「芸の肥やしになる」等の発言する人が多数いましたが・・・




社会の認識も少しずつ変わってきているのでしょうか。

Posted by Sayaka at 20:04 | この記事のURL
2016年09月16日
時間も無限だったね




56b634f76481f2ba1c243e7fe00dc268_s.jpg






先日、ある約束があった時のこと。

とりあえず、いつも寄るホテルの化粧室に寄って行こうと思ったら
いつもは混んでいない化粧室が、少し混んでいました。




まずい・・・
間に合うかなあ・・・

とちょっと不安になっているとおばあさんが後からやってきました。




しばらく待っていても、まったく個室が空く気配がなく
おばあさんも、他の人も、「おかしい、おかしい」と言い出し
時間は迫るばかり・・・。




おいおい、本当に間に合わないよ!どうしよう・・・

そんな風に考えていたら




なんと、前の女性が私のずっと後ろのおばあさんを列の前に入れてしまったのです。




これでは、絶対に遅れてしまう。

そう思って、諦めて他の場所の化粧室に行くことにしました。





焦れば、焦るほど状況が悪化するとはこのことかと大反省あせあせ(飛び散る汗)


結局、少しくらい遅れた方が相手ものんびり準備できるかな。
と開き直って考えて先方へ向かったら ←気がつくの遅すぎ
私の前に来ていた方がまだ残っていてお待たせせずにすみました。 セーフっ!





そして、なんと、本日も!




今日は、銀行に用事で出かけたのですが
家で待っている人から「早く帰ってきて」と念押しがあったため急ぎ気味でした。




すると、銀行自体はすいていたのですが
入り口で案内してくださった方が
「あれ〜?? すみません、入ったばかりな者で・・・」と何度も間違えては
タブレット入力をやり直しているではないですか 苦笑




ようやく完了したと思い窓口に持っていくと、しばらくお待ち下さいとのこと。




10分くらい待って、名前を呼ばれたかと思ったら
なぜか、受付のお姉さんまで呼ばれて
「これ、やり直さないとダメですね。登録されていない通帳があります。」


おーい!またかいっ!!
っていうか、お姉さんしっかり!と思いながら
とりあえず、やり直しに付き合うこと15分。




手続きを無事に終えて急いで、今度は郵便局に向かった帰り道、
傘を銀行に忘れてきたことに気がつき
再び、銀行へ・・・・。トホホ・・・。




「なんて日だ!」





最後は、待っている人には連絡を入れ、
ダイエットのためにと開き直り
スーパーに行ったり、もう一つの銀行に行ったりと
あちこち歩き回ってきました 笑

家に帰ると相手はすでに食事を終え、お昼寝までして
リラックスして過ごしてくれていたので私も助かりました。




間に合わないかも、急がないとと考えていたから
間に合わなくなる、急がなければいけない出来事が創造されてしまったのでしょう。





けれど、間に合う、大丈夫、と思うと
なぜだか大丈夫で間に合うという結果が現れるんですね。

本当に宇宙は、あまのじゃくというか、パラドックスといえばいいのか。
というか、自分の思考と心が世界を造っているんですもんね。





それから、たまに、本当にイライラさせられるくらい
赤信号につまずいたり、目の前で電車が発車してしまったり
いろんな理由で待たされることがあると思います。





でも、私自身は、相当ご機嫌が斜めでない時、以外 笑

「何かから守られているんだろうな」と考えています。

乗らないほうがよかった、このタイミングで進んだほうがよかったのだと。





あまりに落ち込んでいるときにそんなことが起きれば
誰でも、ああ、自分って運がないんだなとか。不吉だ。と
考えてしまうと思います。

ですが、目の前で起きたことにどう意味づけしていくかで
その次に起こってくることが異なって来ますよね。





目の前で起きていることに対してどう意味をつけるか
それは本当に自分次第ですよね。
そして、そこを分岐点にして
望みに近づいていけるか、遠ざかっていくのかが分かれていくのだと思います。





そして、焦らなければ、無限に時間を使える。ということを
忘れずにいたいと思います。





とにかくもう、急ぐの、本当にやめよう。っと。。。。ダッシュ(走り出すさま)

私の失敗の体験が少しでも皆様の役に立てば、失敗もオッケーってことですねるんるん


Posted by Sayaka at 16:05 | この記事のURL
2016年09月16日
エゴは光を嫌がる




ac02e99b34f6c4c4261464051036b5c7_s.jpg







セミナーやワークショップ、セッションなどに行くと元気が出るのに
帰ってくると、またはしばらく時間が経つと元に戻ってしまう・・・


そんな経験をする人も少なくないようで
よく、私の友人も「その時はいいんだけど・・・」とこぼしていました。




なんで、今日はそんなことを思い出したかというと、、、
久しぶりに、ものすごく意識が高まる映像を見たのですが
その30分後に今度はものすごい勢いで
エゴのネガティブな考えに襲われたのです。




それで、ああ、エゴってすごいな〜笑 と
友人の話を思い出したんですね。





自分が光であったこと、
自分が愛であったこと、
自分には制限などなかったこと、

そういう真実にふれると、魂が喜び、自分の気持ちが高揚します。
喜びを感じ、希望を感じます。




しかし、すごい今度はスピードでエゴが邪魔しにきます。


違うって!お前なんて大した人間じゃないんだよ!
希望なんて持ったって無理。
そんなの嘘だって。



みたいに。

人によっては、なぜか気持ちが落ち込むかもしれません。
風邪をひいたり、ぎっくり腰になったりするかもしれません。
なぜだか、家族や友人と喧嘩したくなるかもしれません。





やっと、内側に光が取り戻されてきて
光に戻っていこうとすると
エゴは怖れを使って今までの場所にとどまらせようとするのです。





これまで、自分が誰だか忘れて昏睡状態であったところから
一瞬目が覚めて、自分が誰だかを思い出したのに
再び眠らせようとするのですね。





セミナーやセッションというのは
自分が本当は誰であったか、どれほど素晴らしい存在であったか
そういうことを思い出させてくれる場所です。




しかし、一度思い出したからといって
二度と忘れないわけではありません。

むしろ、日常に戻って、これまで関わっていた人々や場所と関わっていれば
本人がよほど注意しない限り元に戻った感じがするでしょう。




けれど、目覚めと、眠りを繰り返していくうちに
目覚めている時間の方が長くなっていきます。


ですから、全てが元に戻ってしまったわけではなく
自分がまたエゴに戻っているな〜と思った時でも
その場所は、1年前や半年前の自分がいた場所よりも
より目覚めに近づいているのです。




このことに気がついているかいないかでは
生きやすさがまったく違うと思います。




エゴにとらわれる時があったとしても
単にぐるぐる同じ場所を回っているのではなく
ちゃんと前進できているというわけです。




大切なことは、自分の波動が上がってきた時
自分は光だったのだ、どんな可能性でもあるんだ・・・

そんな風に思ったあとに
嫌な気分になったり、それを打ち消すような思いが出てきても




ちゃんと、自分で気がつき、
ああ、エゴがまた邪魔しにきた。

そういう風に客観的に捉えられるようになることです。





エゴは人間という身体を持っている限り存在し続けるでしょう。
しかし、それがエゴだと気がつけば
エゴに力を奪われることはなくなります。





セミナーやセッションで、本来の自分を思い出したら
その状態を今度は自分自身で維持できるようにしていくことが
最終的な目標になっていくと思います。

Posted by Sayaka at 05:59 | この記事のURL
2016年09月13日
人の目が気にならなくなる方法




6f54de45e0c5828b5c2fc3b6684b5867_s.jpg






こんばんは。

ここ数日、夜は涼しくなってきましたね。




人の目が気にならなくなれば
どれだけ自由に生きれるのだろう・・・

そんな風におもいませんか。




ずいぶん昔のことになりますが
ある知り合いと海に出かけた時です。





その人は、海について間もなくすると
隣の席にいるグループに目を向けました。

そして、そのグループの人たちについて
あの態度はおかしい、あの人は、こんなことを考えているなど・・
ず〜っと、私に向かっておしゃべりしていました 笑





そして、何よりもその人自身が
そんなこと、みんな気にしてないよ!というくらい
周りの目を気にしてるんですね。





人の目を気にするきっかけというのはいろいろな理由があると思いますが
多くの場合は小さな時に
「そんなことをしたらみっともないでしょ」とか
「周りの人が〜と言っているよ」とか
「近所の人に知られたら恥ずかしいでしょ」とか



そんな風に他人の考えを基準にして
生きることを教え込まれてしまったのでしょう。




勘の鋭い方はお気づきかもしれませんが
もしも、人の目が気になるのなら
まずは、自分が他の人に対して判断することをやめてみることです。





いつも関係ある人から、関係ない人についてまで
うわさ話をしている人は
自分もいつも誰かに見られていて、批判されていて、判断されている。
そんな風に考えるのも無理ありません。





以前、ある女性が「みんな、どうせ自分を批判している」と言っていましたが
結局その人が、常に周りのみんなを批判していました。

おいっ!!とツッコミを入れたほうがよかったかもしれません・・・ 笑





一番良いのは、他の人を愛の目で見て、受け入れることですが、
難しければ、他の人について考えるのをストップするだけでも良いのかもしれません。




他の人を自由にしてあげれば、自分のことも自由にしてあげられます。





人目が気になるのは、ほとんどの場合
自分自身が、他人を判断して批判しているからという理由に気がつけば
その先に進めるはずですね。

Posted by Sayaka at 20:29 | この記事のURL
  次へ >>