広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

2016年11月06日

Windows Server 2016 Hyper-V on PCI-E パススルー

Windows Server 2016の新機能の一つに、PCI-Eのパススルーというものがあります。

Windows Server 2012 R2までは「ほぼ」VMwareのvSphereと比べても機能的に遜色はない、いやパフォーマンスとかだとHyper-Vが上回ってる、と言われていました。PCI-Eパススルー機能を除いては。

仮装化やサーバ系の勉強会や研修などでお会いした 一部のMicrosoft信者 技術者の方が 「あれだけを除いて」Microsoftの技術は世界一ぃいい、と叫んでいたのがPCI-Eパススルーでした。

Windows Server 2012 R2まではストレージパススルーなんて言うものがあったので、コアな業務で比較検討などをされていなければ「あれ、今まで使えなかったんだ……」と思っている方もそれなりにはいたかと思われます。

これができることによって、例えばセキュリティチップを仮想マシンに乗せたり、グラフィックボードを仮想マシンに設置することができたり、とより仮想マシンの性能を高めることができるわけです。

が、反面ライブマイグレーションができない、といったデメリットも発生します。

……というか可溶性を高める、といった仮想化のメリットが消し飛んでしまいますが、やりようによっては3D CADを遠隔操作で使うことでデータを従業員が持ち出せない、といった環境作成やVHDXを取っておくことでスナップショットもどきによるシステム環境復旧の簡易化や、あるいは空調の利いたデータセンタに設置して音声解析や画像解析、ディープラーニングなどをGPUでぶん回すためのシステムを作ることが可能、ということになります。

まぁWindows Server 2016 Data Centerエディションで立てればアクティベートもめんどくさくなくて済みますし、vSphereで構築するよりは楽かな、という面があったりします。

nVidiaだとvSphereの時と同じでQuadroなどサーバ用のものでないと認識さえしてくれませんが、radeonであればそれなりに動いたりします。
続きを読む...
posted by 元SE at 00:00 | オンプレ

2016年10月10日

Windows Server 2016 DatacenterエディションによるWindows Server 2012 R2のAVMAについて

Windows Server 2012 R2よりAVMA(Automatic Virtual Machine Activation:仮想マシンの自動ライセンス認証)が実装され、アクティベートされたWindows Server 2012 R2 Datacenterの上で動くゲストOSがWindows Server 2012 R2の各エディションの仮想マシンについて自動でアクティベートされるようになりました。

※ゲストOSのプロダクトキーが対応するAVMAキーであること、など諸条件を満たす必要があります。

この機能のおかげでプライベートクラウドを構築した際、それぞれのネットワークセグメントでKMS ホストを構築する必要がなくなり、仮想マシンをライブマイグレーションするといった際に管理が非常に楽になりました。

(移行先CPUが違うなどでアクティベートが必要になっていたのにも関わらず、自動化のおかげで気が付かずにいてサーバの機能封鎖が発生し、業務停止によるパニックにより気が付いたとか、まれによく聞く話がありました)

ではWindows Server 2016にはAVMAの機能はないのでしょうか。

英語版のMSDNページではWindows Server 2016のAVMAキーが公開されているため、少なくともゲストOSがWindows Server 2016であればAVMA自体は動くと思われます。

じゃぁWindows Server 2012 R2はどうなるの?
新しいサーバを購入したらゲストOSを構築しなおせ(マイグレーションしろ)、ということなの?
続きを読む...
posted by 元SE at 13:00 | オンプレ

【訂正】Windows Server 2016評価版から正式版へ変更できました

先日「やっぱりWindows Server 2016の評価版では製品版に切り替えできない?」で「正式版への変更に失敗した」と書きました。

後になって資料調べをしていたところ、評価版から正式版へ変更するためにはプロダクトキーの投入ではできなくなっていたことが分かりました。

プロダクトキーも必要なのですが、コマンドによってエディションを変更してあげないといけないようです。
続きを読む...
posted by 元SE at 12:00 | オンプレ

2016年10月08日

Windows Server 2016 更新プログラム?

Windows Server 2016 の正式版がリリースされたのが先月(9月27日)。

先月と書くと結構時間がたっているかのように思いますが正味10日程度しか時間がたっていません。

一般人は評価版しか触ることができず、MSDNサブスクライバー利用者でもまだ正式版を入手できない状況です。

さらに言えばボリュームライセンス利用者でも今月中頃にならないとダウンロードできないといわれているはずなのに、すでに累積パッチがリリースされていたりします。
続きを読む...
posted by 元SE at 00:00 | オンプレ

2016年10月05日

この時期にMSDNメンテナンス

先ほどMSDNにアクセスしたところ、メンテナンスの予告がありました。

err_20161005_002.png

こんな感じです。

まぁ時期的に見ればWindows Server 2016の正式版に絡んでいるのかな、と勝手に期待しています。
表示の時間は太平洋標準時なので、日本との時差は16時間ほどあります。

(2016/10/05 20:45 追記)
結局、メンテナンス開けてもWindows Server 2016の公開はありませんでした。

終了予定は2016年10月4日15時とあるので日本時間の午前中には、お目にかかれるのかなと。
続きを読む...
posted by 元SE at 00:00 | (カテゴリなし)
検索
<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
タグクラウド
カテゴリアーカイブ