広告

posted by fanblog

Bluetoothの種類と比較Part2 オーバーヘッドフォンタイプはapt x対応モデルが音質面で有利

BluetoothヘッドセットPart2です。
今回はBluetoothのヘッドセット
のもう一つのタイプオーバーヘッドの
モデルの紹介です。

Bluetoothが昔から音質の面や、タイムラグ
遅延があるということで動画の視聴など
(テレビなども含めて)には向いていませんでしたが、
現在はBluetoothにも高音質、低遅延の
規格が出回りました。
apt xという規格がそうなのですが、
送信する機種、受信する機種それぞれに
apt xが入ってないと効果はありません。
現在はBluetoothヘッドセットにおいて
apt xが入っている物はオーバーヘッドタイプ
がほとんどで後はBluetoothスピーカーになります。
一方スマートフォン自体は、
apt xに対応しているモデルが続々と
出ているとのことなので、
今後も期待できそうです。
apt x搭載ヘッドセットは

Creative WP-350 [HS-WP350]


感想(1件)


Creative WP-300 [HP-WP300]


感想(4件)



クリエイティブのヘッドフォンですが
下の方がマイク無しのモデルとなってます
ヘッドフォンの音質は同じなので
スマートフォンで通話しない方は下のモデルで
充分でしょう。

TVをワイヤレスで見るのなら

Logitec apt-X対応 Bluetooth テレビ用ヘッドホン オーバーヘッド ACアダプタ付き 送信機付き ブラック LBT-TVOH02ABK

新品価格
¥8,270から
(2012/11/1 00:37時点)



こちらのロジテックの製品は、
送信機もついており、ヘッドセットと共に
apt xに対応しているので音切れも少なく
高音質で遅延が感じられません
送信機はコンセントから電源を取り
TVやオーディオのイヤホンの端子に繋げるだけで
10メートルまで離れてもつかえます。
ヘッドフォン部分はマイクも搭載して
いますので外出先でのスマートフォンの
使用や、PCにBluetoothの
機能が使えればSkypeなどのボイスチャットでも
使えますよ!

というわけで、ワイヤレスで音質にこだわるなら
apt xです!
因みにiPhoneにはまだ搭載しておらず
iPhoneでapt xを使うにはゼンハイザー
のBTD300iを使う必要があります。

iPhone5とiPoタッチ第5世代、nano第7世代はコネクターがライトニング
に変わっていますので4Sまでの方なら
使用可能です。
apt xモデルのヘッドセットお持ちの方是非
お試しいかがでしょうか?

ポータブルオーディオ関連情報トップに戻る


人気ブログランキングへ
↑↑ブログランキング参加してますので
応援クリックよろしくお願いします。




このエントリーをはてなブックマークに追加

ポータブルオーディオ関連情報トップに戻る

この記事へのコメント

   
リンク集
プロフィール

シュン
高校卒業後に製菓学校に入り パティシエ目指し、身体を壊した為に挫折 現在は元気に会社員しております。

クロック

supercell

lisa

Back to the future

KINGDOM HEARTS

Macross

キャラクターデザイン 貞本義行

BUMP OF CHICKEN

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。