初めて霊体に遭遇した時のお話

夏になると、なぜか怪談が流行り(?)始めますね。

私はあまりその手の話は好きじゃないんですが・・・
(怖いというより、霊体も元は人だったので、おどろおどろしいイメージで語るのは失礼だと思うのです)
ただ、今日は 私が体験したそんなお話を書こうと思ったので、
先に「面白半分に騒ぎ立てているのではないですよ」という事をお断りしておきたかったのです。


あれは、もうかなり昔の事です。

ある晩、寝苦しくてなかなか寝付けず、ようやくうとうとしかけた頃。
ふと気付くと、ベッドで眠る私の横に老人がいるのです。


寝ている私の横に沿うように、その老人は「横たわっている」という感じでした。
なぜ老人だと分かったのかも、定かではありません。
ハッキリ見えたというより、気配を感じたというイメージでしょうか。

「えっ!?」
気付いた瞬間、”キーン!!”というものすごい耳鳴りと、同時にザッと全身に寒気が襲いました。
総毛立つというのはこういう事を言うのでしょう。
毛穴のひとつひとつまで、全身の毛が逆立つ感覚でした。

目の前に一瞬にして、白いレースのカーテンのようなもやがかかり、
吐き気がこみ上げて来ました。私は動けません。
「うわ、ヤバイ・・・金縛りだ」
私は、金縛りなんて今まで体験した事はなく、まして霊体との遭遇も一度もなかったので、
かなりびっくりしました。

そのまま祈りの言葉を念じていると、金縛りはすぐに解けました。
そして、気付かぬままぐったりと眠りに就いてしまったようでした。


翌日、私の住むアパートの裏のお宅に、慌ただしく白黒の幕が張られ始めました。
私が寝ていたベッドのある部屋の、すぐ道を挟んで真向かいに 玄関と大きなサッシ窓のあるお宅です。
「誰か、亡くなったんだ・・・」
確かめる間もなく、訃報は伝わって来ました。
亡くなったのは、そのお宅のおばあさんでした。

私は当時、まだ引っ越して日も浅く、そのお宅には引っ越しのご挨拶には伺ったもののいつもお留守で、
年配の男性が一人で住んでいるような印象がありました。
だから、おばあさんがいた事すら知らず、面識もなかったのです。
でも、前夜、亡くなった時にきっと そのおばあさんが私の元に来たのだろうと思います。

たまたま、身体を抜けた時に すぐ側にいた私が感付いただけなのかも知れません。
おそらくは 私に、特別に何か用事があった訳ではないのでしょう。


以前、私の父も 亡くなる間際、自分の身体を抜けて私の中に入って来た事があります。
その時、父には みんなに伝えたい事があったのです。
私の場合、過敏なせいで吐き気がひどいので、こういう時はとても大変です。
でも 霊体は自分の身体を抜けて、他のまだ生きている人と接触する事もあるんだと、
私はこれをきっかけにして強く信じるようになりました。

その後ずっと この地上に留まってしまう霊(いわゆる幽霊)についてはよく分かりませんが、
亡くなったばかりで身体を抜けた霊体は、まだ人としての存在の重さをまとっている感じがします。
「何かを伝えたい」と、心残りを果たしたくて 生きている人との接触を試みるのはこの頃なのでしょうね。

願わくば、その瞬間を迎えた時に「悔いのない自分」でありたい…
そのためには、今日 今この瞬間の一つ一つを大切に、しっかりと生きて行きたいと思っています。

生活はあまり順調とは言えないけど、それでもこうして普通に元気に暮らしてる。
そんな「今」を、幸せだなあ と思うのです(*´ω`)

もし、誰かとの不仲に悩んでいたなら、”永遠のお別れ”をチラッと考えてみてはいかがでしょうか。
「今日、ケンカ別れした人と 明日にはもう永遠に会えないとしたら」
「ずっと謝れないまま、もう二度とその機会は失くなってしまった」
――そうした、悔やんでも悔やみきれない結果を招かないように・・・

明日が、必ず来るという保証はありません。それよりも、今日一日を精一杯生きる事の方がずっと大切です。
未来って、「今日」という日の積み重ねですもん(*>∀<*)
今日をおろそかにして、素敵な未来なんてやっては来ませんよね?

まあ、そんな 自戒を込めつつ、私の体験を書いてみました・・・(笑)

写したはずもないのに映ってるよ?

もしも、写したはずもないものが写真に映っちゃってたら…?

すみません今日は完っ全にアヤシイ内容でお送りします!!!


基本的に私は不思議大好き人間です。
お化けもUFOもめっちゃ信じています(。・∀・)y─
(だから変人扱いされるんだけど・泣)
なので、よほどの事がない限りはあまり驚かないというか…

そんな私にも、未だに思い出すとちょっと信じられない写真があります。
(これは私自身の持っているものではないです、念のため)


まあ、時はかなり前の、私が高校生の頃だったんですけど、
友達の妹さんが中学校の修学旅行に行ったんですね。
で、その頃はまだデジカメなんかなくてフィルム式のカメラだったんだけど、
撮った写真のフィルムを写真屋さんに現像に出したんです。

そしたら、写真屋さんが、写真紙に焼くのを断って来たっていうんです。
理由は…
「これは写真にしない方がいい」というもの。

フィルムに丸々一本分、友達同士で楽しげなポーズをしている場面に重なるように
はっきりと別のものが映ってるというんですね。
「もしお寺などに持って行くんだったら」
という事で、5〜6枚くらい 焼いてくれたんだそうですが(私も見せてもらったんですが)
反射だの何かの映り込みだの、そういう可能性のレベルをはるかに超えていました。


女の子達の写真に、まるで二重写しのように 
別の人物が茂みの中の石碑のようなものの影から
じっとこちらを見ています。
風景写真にも、ピースしてるおふざけ写真にも、
同じ人物が、同じ状況で しかも別の位置から見たように重なって映っているのです。

他にも鮮やかな色の光のラインや、手のアップなどが重なって映っているものがありました。
見た時にはそれはものすごい衝撃でした。


よく、体の一部が消えているように映っている写真
本来そこにないはずのものが、写真の一部のように映っているものがありますよね。
私的に勝手に思うのには、それはその被写体になっている人(もの)に対する
何らかのメッセージなんじゃないかな
と思うのです。
例えばご先祖様とか?からの。

一方、前回の私のアップしたオーブの写真や
この友達の妹さんの写真のように、
同じフィルム(画像)に透けるように別のシーンが重なっているものは、
たまたまその場所や土地に何かがあって(例えば祖霊や地縛霊のような)
写真に重なるようにして映ってしまうんじゃないかな
…と思うんです。


本当の所はもちろん分からないんですけど、
それは怖がるような内容のものじゃない というのが私の気持ちなんです。

(まあ、もしも何か訴えたい気持ちを残してて、天界に行くに行けない霊体だったとしたら、
それは気の毒に思うけど でもどうしてあげる訳にもいかないし…
霊能者さんはそういう時、説得して天界に還る気持ちになるようにするらしいですよね。
生きていても亡くなってても、人の気持ちへの対処方法は同じなんだと思います)


一昔前のTV番組のように、霊体を何もかもおどろおどろしいイメージで扱うのは
とても失礼な事だと思います。
だって、元々は誰だって生きてた人間なんだし
自分だっていつかは天国に還って、身体はなくなり霊体になっちゃうんですもん。
ただ魂の姿に戻ったというだけで、いきなりバケモノ扱いじゃ悲しいですよ〜(´Д⊂


ここしばらく、私がオーラやオーブの写真をWeb上に上げてたのは
そんな意味もあったんですね。

目に見えない世界は、波動(色)で出来ているというか
(波動の細かさの違いによって色も変わるみたいです)
そうやって物理的に映り込んだり、写せたりするのはむしろ当たり前の事で、
見えないから存在しない、って訳じゃないんじゃないかな〜?って。



父が亡くなって一か月あまり、色々と面白い現象も身の周りにあったので
「身体ないけど、パパそこにいるよね?」的な事を信じたいってのもあるけどね(笑)


皆様、連続三回のアヤシイ話にお付き合い、誠にありがとうございました〜ハート






★おすすめ参考本!タイトルはオカルトチックだけど、なかなか内容がいいよ。


死後世界地図 日本編




霊の暮らしぶり、オーラとの関係、
「生まれ変わり」の本当の意味、
結婚と前世との関係、人生における霊的作用の意味


…などなど。タイトルにちょっと不安だったんだけど、
読んでみたら私自身の想いや体験と重なる部分が多くて
とても面白かったです!興味あったら読んでみてね。