2020年11月28日

フリーイングの『戦闘兎 X10』バニー特化とバニー特化が手を組んだら、琴線に触れまくりの究極バニーフィギュアが誕生した。

タヌキの唸り声が想像以上に怖かった……。



ご機嫌よう。管理人の時雨です。


あれもこれもそれもどれもに手を出さずに、ひとつの事をやり遂げてみなさい。
そんなありがたい様な大きなお世話の様な言葉を表した、
二兎追うものは一兎も得ず
二羽の兎両方を追い掛けたら、どちらも逃がしてしまうよって事ですね。

しかし、一羽を集中的に狙っても、どちらも逃がしてしまう事も多々あります。
もしかしたら、一羽追い掛けてる時に後ろから、もう一羽に蹴り入れられて、嘲笑われたりするかも……。


逆に、二羽共にゲット出来る可能性のあるのは、二兎追った人だけ。
一羽ゲット後に、うさ質にして誘き出したり。


文武両道
なんて言葉もある通り、努力と効率で人は二兎追う事も可能です。

でも世の中には、『あちらを立てればこちらが立たず』的なものが多い。
傍から見たら、両方ムリなの?なんで?やってよ。って簡単に思ってしまう。

例えば、
・造形
・塗り
・価格
・発売日
・アフターケア


これ全てを満たして欲しいと、フィギュアファンは思ってしまうもの。
作ってる側からしたら正直、

『あ?っざけんなッ!』
って思うでしょうね。
『造形』と『塗り』は両立出来るかもですが、そこに『価格』まで求めては無茶ってモノです。

ましてや『発売日』なんて、メーカーさんも延期したくて延期してるんじゃ無いよって話ですしね。

『こっちのフィギュアは造形良いんだけど高いんだよねぇ、そっちのは安いんだけど塗りがなぁ……』
全て満たして欲しいってワガママを貫いていたら、どれも購入出来ずに、それこそ『一兎とも得ず』になりかねないですね。


我々の求めるハードルが高すぎて、価格も高くなりがちなんでしょう。
ほとんどを満たせても全てはムリ、犠牲にするのは得てして『価格』。

これ以上の高騰化は防がないと、さすがに業界の縮小待ったナシになってしまいますし。

でも、出来れば『造形』『安さ』両立目指しては欲しいですね。
造安両立』。
文武両道みたいな感じで、これをテーマに頑張れフィギュアメーカーさん。



今回は、フリーイングさんの『戦闘兎 X10』をご紹介します。
バニーフェチ集団のフリーイングさんと、バニー絵師『彩樹』先生が出会って混ざったら、とんでもなく素晴らしいバニーフィギュアが誕生した。
二兎中、一羽がこんなバニーさんなら絶対に逃さない、それほどにオタの琴線に触れるバニーさん。


フリーイング『戦闘兎X10』1/4




61thiuZzAhL._AC_SL1500_.jpg
51ZrD2whcuL._AC_SL1500_.jpg
51aaUL45waL._AC_SL1500_.jpg
513ql0e-tTL._AC_SL1500_.jpg
51CnI9Zz3ZL._AC_SL1500_.jpg

正直、最近のフリーイングさんは欠点の1つ、『髪の造形』を克服されましたね。
美しい髪、素晴らしい。


背後の画像みて思う。
腰の位置高ぇー!!


透明パーツを使ったブレード、ファーが付いたウサミミキャップ、チュウニごころをくすぐる眼帯、かかと辛くない?って思えるブーツ。

どれもこれも良いですね!
中でも注目は、
絵師、彩樹先生らしさ全開の『アバラ』。
きちんと再現されてますね、良き。

販売は特定店舗のみです。
確認しているのは、『あみあみ』さんと『Amazon』さん。

あみあみさんへは




Amazonさんへは



―――――――――――――――――――――――――――――
いかがでしたでしょうか?
今回は、フリーイングさんの戦闘兎をご紹介しました。
鬼欲しい……けど高ぇんすよね。
どーしようか、買わないと後悔しそうってか後悔するね。

以上、フリーイングの『戦闘兎 X10』バニー特化とバニー特化が手を組んだら、琴線に触れまくりの究極バニーフィギュアが誕生した。、でした。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10368040
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
SIGUREさんの画像
SIGURE
フィギュアのあれこれを綴っています。
プロフィール
ファン
カテゴリーアーカイブ
検索
最新コメント
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング