ファン
検索
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール

2017年01月22日

公園での出来事…。


先日、ケントと次男を連れて公園に遊びに行きました。



大型の遊具があって、ケントに運動させるのにもってこいの公園で、最近お気に入りなのですが。

大型の遊具ゆえ、小学生たちが大はしゃぎしてたり、遊具の上で鬼ごっこしてたりで、まだ小さい次男がちょっと危ないのがネック。



ケントはあっちこっち走り回ったり、よじ登って行ったり、

『あれ…?どこ行ったかな?』

と思ったら後ろから、

「ママー!ながいすべりだいできたー!」

とやってきたりと1人で遊べるので、次男は私がピッタリついて見張っとけば大丈夫かな…と遊んでいたんです。



そしたら。



ケントが、

「ママー!みててー!」

と最近できるようになったうんていを披露していた時。

「わぁー!ケントすごいねぇ!」

ケントに気を取られていて少し目を離したら、次男がいない…。



慌ててキョロキョロして次男の姿をさがしたら…。



いました…!!



大きな滑り台の下にいて、下から登っていこうとしている…。



大きな子たちがひっきりなしに上からすごいスピードで滑ってくるので、

『危ない!』

と、急いで次男のもとに向かいましたが…。



ちょっと間に合わず…。



上から滑り降りてきた男の子の膝が、ちょうど次男の顔面に激突。

たぶん、鬼ごっこをしていたみたいで、鬼を目で追いながら滑っていて、下にいた次男に気が付かなかったようでした。



男の子「はっ!!……ゴメン!ゴメンね?ゴメンね?大丈夫?ホントにごめんね?」



男の子もびっくりしたようでしたが、すぐ次男に謝ってくれて…。

でも、火がついたようにギャンギャン泣く次男。

慌てて抱き上げて次男の顔を見ると唇が切れて、血がダラダラ出てきて…。



男の子「わぁ…血が!ゴメンね…ゴメンね…。誰かティッシュない!?」

私「おばちゃんが持ってるよ。ありがとう。大丈夫だよ。」

次男「ギャァァァァァー!」

私「大丈夫大丈夫。唇が切れただけだから、すぐ治るよ。びっくりさせてゴメンね。下にいたのが悪かったんだから、気にしないでいいよ。」



小1〜2くらいかな…。

さっきまですごく元気に遊んでいたのに、すごく心配そうにしていたり、しょげてしまった様子に、ちゃんと次男を見ていたなかった自分が悪いのに…と、かわいそうになってしまいました。



私が何度も、

「もう大丈夫だから、遊んでおいで。」

と言うのですが、次男が泣き止むまでずっと側にいました。



次男が泣き止んで、私が、

「ほら、もう大丈夫だよ。すぐ治るから、気にしないでね。びっくりさせてゴメンね。遊んでおいで。」

と言ったら、やっとお友達のところに戻っていきました。



その騒ぎの間、ケントは何をしていたのかというと…。

側をウロウロしてみたり、どんぐりを拾ったりしていました…。



あの男の子、ケントより2〜3個歳上かな?

ケントもあと2〜3年したら、あの男の子みたいに、すぐ謝って相手を気遣ったり、「ティッシュない!?」と周りに聞いたりできるようになるんだろうかと…。

心配になった出来事でした。



家に帰って旦那にこの話をして、

「ケントがあの男の子だったらどうしただろうね?」

と聞いてみたら。

「うーん…。困った顔でその場に固まってるケントが想像できるなぁ…。」

と。



私もです…。

はぁ…。



こういうことって、できる子とできない子の差って何なんでしょうね…。

できるようになって欲しいな…。



にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
にほんブログ村
posted by お母さん at 15:03| 母の愚痴や弱音

《療育センター変更の話10》辛かったですね…。


ケントが療育に通うことになった時、保健師さんに相談したり、紹介していただいたので…。

まずは、保健師さんに療育センターを他の所に変更できるか…を、聞いてみたら。



保健師さんは、まず、

「……何かありましたか??」

と。



なんとなくですけど、多分、私の他にも同じような相談とか、療育センター対する苦情とか…受けたことがあるのかな…?というような雰囲気でした。



あるけど…。

どこまで話していいんだろうか…。



私がここで話したことが、療育センターやA先生に伝わってしまったら…。



それが気になって、ちょっと、

私「えーっと……。」

と、迷っていると。



保健師さん「大丈夫ですよ。療育センターの方には何も言わないので、何でもお話ししてください。」

と言ってくださって。



でも。



挨拶をしたり、健診などでちょっと話したことはありましたが、きちんと話をするのがほぼ初めてのこの方に、どこまで話していいのか…とか思ってしまって。

何て言ったかちょっと覚えていないのですが、当たり障りない理由を言いました。



そうしたら。



保健師さん「何か嫌な気持ちになるようなことを言われたり…とかはなかったですか?大丈夫でしたか?」

と。



そしたらもう聞いてもらいたくなって…。

うまく話せたかどうかわかりませんが、あまり悪口みたいにならないように気をつけながら、少しずつ話しました。



できないことばかり言われて、それをどうすればいいのかアドバイスがあるわけでもなく、ただ子供の悪いところばかりが気になってしまって、自分がもう辛くなってしまったこと。

特に今必要に思わないのに、診断を受けることをやたら勧められて、困ってしまうこと。

先生方の対応に、疑問に思うことがあること。



保健師さんがすごく親身になって聞いてくださって、

「お母さん、今まで我慢してたんですね…。」

と。



…今まで誰にも言えなくて。

…わかってもらえなくて。



そういう風に共感してもらえたことがなかったので、初めて、

「辛かったですね…。」

と言っていただけて、涙ぐんでしまいました。



もしかしたら、そういう悩みを持ったお母さんたちの話を聞く時の決まり文句なのかもしれないですけど…。

でも、旦那にもそんなこと言われたことなかったので、心にしみました。



にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
にほんブログ村

2017年01月21日

《療育センター変更の話9》辞められるかな…?


何人か療育センターを辞めていった方がいましたが、逆に、

「辞めたい…って言ったのに、辞めさせてもらえなかった…。」

というお母さん方も何名かいました。



面談の時にそう言っても、先生とか、センター長とかになんだかんだ言われて、辞められなくて…と。


ケントも辞められないんだろうか…。



次、療育に通えるところがあるのか…の不安や、辞めるなんて言ったらA先生に何を言われるかな…と怖くて。



言い出せず…。



でも、ケントを療育に行かせたくなくて…。

結局、体調が悪くて…とか、園の行事が続いていて…とかなんとか理由をつけて、療育は休むことに。



その頃、同じクラスの他の療育センターに通う子のお母さんと話をしたり、幼稚園の先生ともお話ししたり…。

色々な方とケントの療育のことを話すことができました。



ずっと、盲信的にあの療育センターに行っていましたが、色々客観的に考えたり、周りの意見を聞いたり。



そうすると。

『やっぱり、あそこにはもう行かせたくない。』

と、思いました。



来年は年長さんになって、就学のことも考えないといけなくなります。

就学前検診が秋にあるみたいなので、残っている期間はもう1年くらい…。



あと1年。



ケントが成長できる場所。

ケントが楽しく過ごせる場所。



ケントにとってプラスになる場所で療育を受けて、今よりもっと成長したケントを見て、就学のことを考えたい。



じゃあ、早く動かなきゃ!



私は、決断まではウジウジしますが、そう思ったらもう行動を起こさないと落ち着かなくなる性格で…。(衝動性…??)



まずは保健師さんに相談に行きました。



にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
にほんブログ村

2017年01月20日

《療育センター変更の話8》どうしよう…。迷い。


ずっと悩んでいたけど、辞めようと決めたらスッキリ…。



するかと思いきや…。

また、悩み発生…。



今の療育センターを辞めたら…。

ケントはどうなるんだろう…。



やっぱりまだ、集団の中にポンッと入れられて、みんなと同じように…って。

ケントには難しいことも、あるのかもしれない…。



臨機応変に行動できない…

助けを求められない…



それを実感したら、『療育』自体を辞めることはとても不安に感じました。



A先生の前に担当だった、心理士の先生に、幼稚園に入園させようかな〜と思ったりするんですが…と相談したことがあったんです。

言葉の遅れは、子供の集団の中に入れば、よく伸びると聞いたので、年少さんの下のクラス(年少少さん?)に入園させてみようかと思って。



そしたら。

「今のケント君を集団の中に入れたら、ケント自身がしんどいかもしれないから、まだ様子を見た方がいいかな…と思うのですが…。」

と。



その時はそう言われたので、深く考えずに、

『先生がまだやめた方が…っていうなら、まだいっか。』

と思ったのですが。



しんどい

って、こういうことか…と、この時になって納得しました。



周りのみんなが、色々こなしていく中…。

どうすればいいのかわからない…。

誰にも聞けない…。

そんな状況で集団の中にいないといけない…のは、確かにしんどそうです。



かと言って…。



今の療育センターを辞めて、違う療育センターに…って、できるんだろうか…。



たまに、

「療育の空きがなくて順番待ち…。」

みたいな話も聞きます。



うちの自治体ではその辺はどうなのかわからなかったのですが、今、すでに療育に通えているのに、別の療育先を紹介してもらえるのか…。



それに…。



A先生に、

「辞めます。」

って話したら…。


何て言われるんだろうか…。



にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
にほんブログ村

《療育センター変更の話7》辞めよう!


ケントに荷物を持たせて、靴を履かせて、A先生に挨拶してから療育センターを後にしましたが…。 



悲しいやら、悔しいやら…。



何のために今まで療育に行かせてたんだろう…。

今までの時間は、何だったんだろう…。



車の中で、なるべく明るく、怒り口調にならないように、

「ケント〜。A先生が『帰る準備して〜!』っていつも言ってたでしょ?覚えてる?」

と聞いてみました。



ケント「うん。まずね〜、トイレにいって、ぼうしかぶって、カバンもつ!そして、くつ!」

私「あ、ちゃんと覚えてるんだね〜。すごいねぇ!」



………???

ケントは、指示はちゃんと聞いて覚えてる…。

じゃあ、何でしないんだろう…。



私「ケントさぁ、いつもトイレに行った後、帰る準備するの忘れちゃう?難しい?」

と聞いてみると。



ケント「ケントね、ぼうしない…。」

私「………へっ??」

ケント「せんせい、ぼうしかぶってっていうんだけど、ケントはないの…。」

私「………!!!」



…帽子!

ケントはいつも幼稚園に帽子を置いていっているみたいで、帽子がない…。



A先生が、

「帽子をかぶって、リュックを背負って、靴を履いて!」

と出した指示を、ちゃんと聞いていて…。



でも、自分は帽子がない…。



それで、どうしたらいいのかわからなくなって、いつもトイレから戻ってきたら固まってしまっていた…のかな…。



帽子がなかったら、なかったでいいのに…。



発達障害の子は、

応用が効かない…

助けを求めるのが苦手…

ってよく聞きますが、こういうことなんでしょうか…。



言われた指示を忠実にこなそうとして、でも、それができないときに、

「じゃあ、こうしよう。」

と自分で考える力がまだなくて、困っているけどそれを周りに伝えられない…。



それが、今のケントなのかな…。



そんな時に、先生が、

「どうしたの?帰る準備しないの?」

って聞いてくれていたら…。



ケントも、自分は帽子がないからどうすればいいのかわからない…と言えただろうに…。



「帽子がなかったら、いいんだよ。リュックを持って、靴履いてね。」

と一言教えて貰えれば、それがケントの経験になって、次からできるようになるかもしれないのに…。



そうやって、丁寧に関わってもらって、集団で生活できるように…という場じゃないんだろうか…。



ケントの困ったような…泣き出しそうな…とても不安そうな、あの顔が頭から離れなくて…。



私は、決めました。

もう、行かせたくない!



辞めよう!!



にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
にほんブログ村

《療育センター変更の話6》ショック…。


他の子たちは、帰り支度をして部屋を出ていったのに、1人ポツンと部屋にいるケント…。

泣き出しそうな顔で、立っていて…。



私を見つけても、笑ってくれるでもなく、ただ困ったような顔…。



部屋にまだA先生もいましたが、ケントに背を向けて、何か書類に色々書いたりしていて…。



『何これ…?何してんの…?何の時間?ケントだけ…何で?何かあったのかな…?』



頭の中がプチパニック…。



恐る恐る、

「こんにちは〜…。」

と声を掛けると、びっくりして振り返るA先生。



A先生も、

「えっ!お母さん?何で??」

と。



療育センターの方には、私が迎えに行くことを連絡してなかったので、びっくりされたようでした。



私「お迎えにきました…。今日はちょっと用事があるので、幼稚園は早退するんです。」

A先生「あ〜そうなんですか!あ、もう活動は終わったんですけどね、ケント君いつもこんなですよ。」



私「…こんな??」



A先生「帰る準備してって私が言って、みんな準備するけど、ケント君はしないでウロウロしてて。で、みんながいなくなってから、『どうしよう…。』って感じですよ。」

私「あぁ…そうなんですか…。」



A先生「一斉指示が聞けないっていつも言ってるでしょ?こういうことですよ。こんなんじゃ、小学校行ってから苦労しますよ〜。」

私「幼稚園でのお話はちゃんと聞いてるみたいなんですが…。」



A先生「私は、みんながわかりやすいように、すっごく丁寧に指示出してるんですよ!?それなのにわからないって、先行き不安ですよ!」

私「はぁ…そうですか…。」



A先生「まず、トイレに行ってから、帽子を被って、リュックを背負って、靴を履いて…って、全部言ってるのに。」

私「はぁ…。」



A先生「トイレはみんなについて行くんですが、トイレから帰ってきたらもう、ボーッてしたり、1人でウロウロしたりしてますよ。」



……じゃあ、その時にまた指示してあげたらいいのに。



どうしたらいいのかわからなくて困っているケントを無視して、

『ほら〜、一斉指示が聞けない〜!』

って思ってるなんて、何でこんな人が療育センターで働いているんだろう…。



そういう時に、幼稚園みたいな集団だと見過ごされて、そのままにされてしまうから、丁寧に教えてもらえるように、少人数で先生がたくさんいる『療育』が必要なのに…。

今、『療育』で、ケントも色々学んでいっている時なのに…。



ただ、わからないケントを無視して、あんな顔でずっと立たせてるなんて…。

毎回ずっとこうだったのかと思うと、ケントがかわいそうで…。



そんな場所にいつも行かせていたのか…と、ショックでした。



にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
にほんブログ村

2017年01月19日

《療育センター変更の話5》ある日の出来事。


そんなわけで、幼稚園に入園してからも並行して療育にも通い続けてました。



幼稚園に入園してからは、療育がある日は療育センターの先生に送迎をお願いしていたので、

幼稚園バスで登園
  ↓
幼稚園に療育センターの先生がお迎え
  ↓
療育センターで活動
  ↓
給食の時間に幼稚園に戻る
  ↓
幼稚園バスで帰宅

という流れで、私は療育について行かなくなったので、ケントがどういう様子なのか全然わかりませんでした。



ただ、面談ではA先生が一方的に喋り続けるだけで、普段の療育中の様子もなかなか聞けず…。

ケントも、療育に行くことを嫌がらないので、楽しんでいるのかなぁ…と思っていました。



それが。

いつだったかな…。



年中さんになってからの個人面談で、A先生に、

「ケント君、集団行動が全然できません。一斉指示も聞けません。」

と言われたんです。



なんか、正直、

『今さら!?』

と思ってしまいました。



もう年中さんになって何ヶ月か過ぎていて、だいぶケントも落ち着いてきていて。



参観日や行事の時に、特に先生に別に指示を出されるでもなく、普通にみんなと同じように参加しているケントを見ていたので、

『………???』

でした。



だって、幼稚園では1クラスが25名くらい。

全体での行動ともなれば、200名はこえる人数。

それで、みんなと同じように、先生の指示を聞いて動けるのに。



何で、療育の少ない人数(1グループ4〜5名)での活動では、指示が聞けないの…?



不思議に思って、

「幼稚園ではできてるみたいなんですが…。」

と言えば、

「それは、本当にできているとは言わない!」

とか言われて…。



『幼稚園でのケントを見ていないのに、何でそんなに決めつけるようなことを言うんだろう…。』

『そんな少ない人数なのに、指示を聞かせられないなんて、どんなやり方してんだろう…。』

と、もともと苦手だったA先生が、嫌になっていきました…。



そして、ある日。



たまたま幼稚園を早退して実家に行かなければいけなくなった日に。

ケントを療育センターに迎えに行きました。

幼稚園にケントの荷物を取りに行ってから、療育センターに向かうと。



ちょうど、ケントのグループの活動が終わる頃で、部屋から何人か子供たちが出てきたので、その中にケントを探すと…。

いない…。



『あれ…??あのグループじゃなかったっけ?』

と思い、教室の中を覗いて見たら。



ケントがいました…。



にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
にほんブログ村

《療育センター変更の話4》できないできないできない。


そんな感じで、私が療育センターに不満を持ち始めた頃、他のお母さん方もそういうことを思っている方がチラホラいると知りました…。



「なんかいつも同じような遊びさせられるだけで、来ても意味あるのかわかんないよね〜。」

「もう幼稚園に入園できる年齢だし、幼稚園に入れたら療育は行かなくてもいいかな〜。」

「毎日行ける幼稚園の方がいいしね〜。」



そんな感じで、何人かは辞めていきましたが…。

まぁ、そういう子たちは幼稚園でも、なんとかみんなに混ざってやっていけるような子たちです。



自閉度が高い子のお母さん、知的障害・情緒障害がある子…たちのお母さん方は、療育センターへの不満を口にしつつも、通い続けていました。

やっぱり、我が子のことは心配だし、簡単には辞められないですよね…。



私も、ケントが幼稚園に入園してやっていけるのか…?と考えたら…。

不安で…。

年少さんから幼稚園に入園させる予定でしたが、幼稚園と並行して療育を続けるかどうかは悩みました。



その辺はもう、私1人で考えても答えが出なそうだったので、個人面談でA先生に相談しようとしたら…。

やっぱり、一方的に喋り続けるA先生…。

ケントへのダメ出しばかり…。



あれができない、これもできない…。

できないできないできない…

できないことばかりを、一方的に捲し立てて、私はただ相槌を打つだけ…。



そういうことばかり言われていると、なんだか私も自信がなくなり、療育を辞めようと考えていることなんて相談できずじまい…。

そんなことが、個人面談のたびに繰り返されました。



担当の先生を変えて欲しいなんて言えないし、他に相談できる人もいない…。



ただただ、ケントのできないことばかりを言われるだけで、

「それは、こうしてあげたらケント君にもわかりやすいかも。」

とか、

「そういう時は、こうしてみたら?」

とかアドバイスがあるわけでもなく。



ただ、落ち込んでしまうだけの面談…。



そして、

『なんで、できないの…?』

という悲しい気持ちやイライラを、ケントにぶつけてしまったり…。



本当に、あの頃はしんどかったです。



A先生から言われる、

あれもこれもできないケント君

というフィルターを通してケントを見てしまっていて、本当のケントを見てあげれていなかったような気がします。



できるようになったこと、成長した部分、得意なこと…たくさんあったのに、それは見ないで、ケントができない部分だけ見てしまっていました。



にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
にほんブログ村

2017年01月18日

《療育センター変更の話3》芽生え始めた不信感。


心理士の先生が退職されてから、何人かの先生が続けて退職されました。



それからはもう先生方の入れ替わりが激しくて、誰が誰やら…。

行くたびに新しい先生がいて、

「誰だろう…?」

という感じでした。


そして、誰なのかわからないまま、その先生もいつの間にかいなくなってたり…。

そんな感じだったので、もともとゆる〜い感じの雰囲気だったのが、ますますなぁなぁな感じになっていってるように感じました。



新しく入ってきた若い先生たちは、ただ、

遊び相手になってるだけ

という感じ…。



おもちゃの取り合いで喧嘩が始まったりなどの子供同士のトラブルも、困ったように見てるだけ…。

他害がある子を止めることもできないし、止めようともしないし…。

遊びの輪に入れない子も、そのまんま放置…。



遊びの中での安全管理みたいな…?そういうのも、なぁなぁな感じで…。

『えっ…?それ危ないんじゃ…?』

と思うようなこともチラホラ…。



「ちょっと…それは…まだできないかも…。」

と、我が子にさせるのを躊躇してしまうお母さん方を、

「過保護だね〜。そんなんだと子供は成長しませんよ。」

と馬鹿にしたように笑ったり。



そんな先生方やA先生、療育センターそのものに、疑問や不満が段々と芽生えていきました。



…が。

他の療育センターを知っているわけでもないし…。



そして、何より。



療育センターの先生方に、何か嫌われるようなことを言ってしまったりしたら…。

療育センターに通えなくなったら…。



ケントの将来が閉ざされてしまうような…。

そんな感覚でした。



『そんな大げさな…。』

と思われるかもしれませんが、悩みに悩んでいた時期に、やっと見つけた自分とケントの居場所のように感じていたんです。


療育に行けなくなったら、また前みたいに毎日毎日悩みに暮らす日々に舞い戻ってしまう…。

療育に行けなくなったら、ケントが成長できない…とまで、感じていました。



だから、先生方には不満や疑問を伝えることができませんでした…。



にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
にほんブログ村

2017年01月17日

《療育センター変更の話2》療育行って意味あるの…?


A先生はケントのクラスの担当ではありましたが、個人面談などの時にお話する先生は別で、心理士の資格を持った若い女性の先生でした。

なので、色々相談事があればその先生とお話したりできたので、A先生に無視されていても、特に困るようなことはなく…。



まぁ、嫌な気持ちではありましたが…。



ですが、その心理士の先生が退職されてしまって…。

ケントの担当の先生がA先生になってしまったんです。

(この記事に書いてあります。→苦手なおばちゃん先生…。



それまでの先生は、

「こちらから、『診断を受けに行ってください。』と言うことはないので、ゆっくりケントの成長を見守っていきましょう!」

と言っていたのに、A先生は個人面談のたびに診断を受けるように言ってきました。



しかも。



もう、ケントが発達障害だという前提で

「こういうこと苦手でしょ?特性だからしょうがないですよ。」

なんて話をしたりするし…。



「小学校は支援級でしょ?」

とか勝手に言い出したり…。



同じグループの他の子の悪口のようなことを言ったり…。

…と言うことは、ケントの悪口も他の人に言ったりしてるのかな?と思ったり。



個人面談のたびに、かなり落ち込んでしまいました。



『ケントは発達障害なんかじゃない!普通級に行ける!』

とか、そういうのじゃなく…。



まだ診断も受けていない子にそんな決めつけるような話をしたり、何の資格もない人が勝手に人のこれからの人生に大きく関わるようなことを、簡単に話してしまうことにビックリして…。

そして、そういうことを何の躊躇いもなく親の私にペラペラ話してしまう配慮のなさに、そういう人に子供を預けていることが、すごく不安になりました。



療育に通うような子たちって、繊細な子たちが多いと思います。

特別な配慮が必要だったり、うまく自分を表現できない子の気持ちに寄り添ってあげたり…。



そんな感じが、A先生からは感じられませんでした。



そんな子たちを、こんなガサツな神経の人が相手してるんだ…と。



だから、

療育行って意味あるの…?

って、思うようになってしまったんだと思います。



にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
にほんブログ村