広告

posted by fanblog

2016年05月26日

【王座奪還】 1998 Jリーグ チャンピオンシップ第2戦 鹿島 × 磐田

1998 Jリーグ・チャンピオンシップ 第2戦
鹿島アントラーズ × ジュビロ磐田

スコア:2-1
1998年11月28日 県立カシマサッカースタジアム 観客数:16,991

鹿島、年間王者に返り咲きです。
jcs122-jpp00500029.jpg
【jiji.comより】

kashima.gif 鹿島アントラーズのスタメン(4-4-2)
ボーダー青.gif
GK: 高桑大二朗
4: 名良橋晃 秋田豊 室井市衛 相馬直樹
4: ビスマルク ジョルジーニョ 本田泰人 内藤就行
2: マジーニョ 柳沢敦
-----
SUB: 佐藤洋平(GK)
阿部敏之 本山雅志 長谷川祥之 真中靖夫
-----
監督: ゼ・マリオ


iwata.gif ジュビロ磐田のスタメン(4-4-2)
ボーダー青.gif
GK: 大神友明
4: 鈴木秀人 古賀琢磨 田中誠 服部年宏
4: 藤田俊哉 名波浩 ドゥンガ 福西崇史
2: 中山雅史 奥大介
-----
SUB: 尾崎勇史(GK)
喜多靖 山西尊裕 川口信男 高原直泰
-----
監督: バウミール・ロールス


第1戦は延長戦の末に鹿島が勝利

1週間前に行われた第1戦は、延長の末2-1で鹿島が勝利。この第2戦は引き分け以上で優勝が決まります。対する磐田は勝利以外に優勝の可能性はありません。

この日の主審はレスリー・モットラム氏。Jリーグの創成期を的確なジャッジで支えてくださった審判員で、日本人審判員の育成にも貢献。Jリーグの恩人の1人だと思っています。

このカードといえば見どころは、ジョルジーニョ vs ドゥンガの闘将対決と、秋田 vs 中山のゴール前の攻防です。とくに後者は毎回熱いバトルが繰り広げられました。
なおジョルジーニョ、ドゥンガともにこの試合を最後に退団が決まっています。互いのチームメートは是が非でも優勝して送り出したいところ。

そしてカシマサッカースタジアムもこの試合が終わったら、2002日韓ワールドカップへ向けての改修工事が始まります。よってこのキャパシティのスタジアムの見納めです。
個人的には旧カシマスタジアムのほうが、スタジアム全体からエネルギーが感じられて好きです。




チェックマーク青.gif 前半
ボーダー青.gif
磐田のキックオフで開始。
立ち上がりは磐田がボールを支配します。しかし最初の決定機は鹿島。左サイドからの内藤のクロスに柳沢が飛び込みましたが、GK大神と接触。

5分、右サイドを突破した柳沢が中央のマジーニョへクロス。しかし、これはわずかに合いません。
17分、磐田に決定機。名波が左足アウトサイドでゴール前の中山へ絶妙なスルーパス。中山はダイレクトでシュートもジャストミートせず。

18分、早くも鹿島の選手交代。DF鈴木との接触プレーで負傷した柳沢がOUT、長谷川祥之IN。

磐田は17分の決定機後からリズムを掴み始め、中盤でテンポよくパスをつなげるように。対する鹿島は集中した守備で対応。両者シュート数は少ないものの、中盤の攻防はなかなかにスリリングです。

磐田の攻勢を凌ぐと、25分過ぎあたりからは鹿島がペースを取り戻し、ボールをキープする時間が増えました。

35分、磐田のチャンス。服部から中山への長いパスが通ります。中山はDF室井の守備にバランスを崩しながらも胸で落とし、走ってきた藤田がシュート。しかしこれはクロスバーを越えてしまいます。

39分、鹿島が先制。右サイドで名良橋がファウルを受けFKを獲得。ビスマルクの精度の高いボールを秋田がヘッドで叩き込みました。1点を追う磐田にとってはダメージが大きい失点です。

さらに直後の41分、鹿島が追加点です。25m弱のFKをビスマルクが直接決めて2-0。磐田はさらに苦しい状況に追い込まれます。しかしベンチのゼ・マリオ監督、そしてテクニカル・アドバイザーのジーコに笑顔はなし。磐田の破壊力を考えれば油断はできません。

43分、名波が左約45度の角度から強烈なシュートを放ちますが、GK高桑が左手一本でセーブ。

追加タイム。中央の名波から左サイドの服部へボールが渡り、ゴール前へ折り返し。中山と奥が飛び込むがシュートは打てません。

前半は2-0で終了です。

...half アイコンブランク.gif time...

チェックマーク青.gif 後半
ボーダー青.gif
磐田は後半頭から選手交代。福西OUT、川口信男IN。攻撃的なカードを切ってきました。

47分、磐田の決定機。古賀がゴール前に送ったパスに中山が反応。ここはGK高桑の飛び出しにシュートを打てませんが、こぼれ球を藤田がシュート。しかし枠を外れます。
51分、川口が右サイドから藤田へ鋭いクロス。しかしシュートはジョルジーニョに阻まれます。磐田は川口に再三ボールを集め、サイドからのチャンスを作ります。

磐田が攻勢のこの時間帯、鹿島は長めのボールで中盤を飛ばすシーンが増えますが、状況によっては本田が鋭い出足でインターセプトし、ビスマルクを軸にショートパスをつないでゴール前に迫る場面も。
鹿島は全体的に引き気味になっていますが、この時点では押し込まれているというより、敢えて磐田にボールを持たせているように見えます。

75分、鹿島にピンチが訪れます。ビスマルクがこの日2枚目のイエローで退場。
鹿島ベンチがすぐに動きます。77分、マジーニョOUT、阿部敏之IN。鹿島はFW不在のメンバー構成に。
78分には磐田の選手交代。ドゥンガOUT、高原直泰IN。磐田の、そしてJリーグでのドゥンガの最後の姿でした。

ビスマルク退場は猛攻への狼煙。残り時間も少なくなり磐田が攻め続ける展開に。ゴール前でのチャンスの連続ですが、鹿島が体を張った守備で凌ぎます。

84分、ついに磐田が1点返します。名波が前線へ浮き球のパス。これを中山が頭で落とし、藤田がループ気味のシュート。反応した高桑の手をかすめてゴールに吸い込まれました。

残り時間6分。さらに磐田の攻勢が続き、ほぼハーフコートマッチ状態。名波、藤田を中心に全員攻撃。
43分、磐田のCKからゴール前の混戦に。同点のビッグチャンスでしたが誰もボールを押し込めず。鹿島DFが執念の守備を見せます。

45分経過。追加タイムは4分。磐田は前線に長いボールを放り込みますが、鹿島が必死に跳ね返します。ジョルジーニョは足を痛めていて、ほとんど走れません。

磐田がロングボールを跳ね返されたところで試合終了。立ち上がりからテンションが高くて熱い試合の行方は鹿島が2-1で逃げ切り、1シーズン制だった96年以来、2年ぶりの年間王者に返り咲きました。

鹿島と磐田の対戦は当時の黄金カードで、まさにナショナルダービーでした。そんな18年前の試合をあらためて見直しましたが、いま見てもじゅうぶん堪能できる好ゲームです。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------------------------------------


チェックマーク青.gif 得点
ボーダー青.gif
39分 秋田豊(鹿島)
41分 ビスマルク(鹿島)
84分 藤田俊哉(磐田)


チェックマーク青.gif その後・・・
ボーダー青.gif
この試合では開始18分で負傷交代となった柳沢ですが、1998シーズンは目覚ましい活躍。当時は入団3年目の21歳でしたが、リーグ戦では22得点で得点ランキング3位でした。
敗れた磐田の中山はシーズン36得点でリーグ得点王を獲得。このシーズンは4試合連続ハットトリックという大記録(珍記録?)を達成します。

1998年のJリーグ・ベストイレブンには、鹿島からは秋田、相馬、柳沢。磐田からはドゥンガ、名波、藤田、田中、奥、中山と、両チームから9人選出。ちなみに残りの2人は、GK楢崎正剛とMF小野伸二でした。



タグ:1998
posted by FBACV at 17:45 | Comment(0) | Jリーグ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

RSS Feed Widget


Amazonインスタントストアで作ってみました。
なぜか別窓表示ができませんので、当ブログへはブラウザの【戻る】で戻ってきてください。うーん不便。。。


カテゴリーアーカイブ
フットボール アーカイブ内 検索
プロフィール
FBACVさんの画像
FBACV
気づけば大量ストックとなっていた録画試合が何かの役に立たないかと、ほとんど思いつきで始めました。
誰もが知るメガクラブから「誰得?」なマイナークラブまで、気が向くままにアップします。
仕事の合間を縫っての更新なので、ゆる〜くお付き合いください。
にほんブログ村 サッカーブログへ
タグクラウド


PAGE TOP

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。