2016年01月30日

美容師の転職

美容師の転職は

早いほうが良いですね。

本当に

潰しがきかなくなります。




あなたが美容師なら

分かると思います。

35歳を過ぎた美容師さんの

状況を・・・


独立して上手くいっていれば良いのですが

ほとんどの場合

かなり厳しい現状です。


1人で営業していこうと

思うなら

美容室を開業しても良いと思います。

なんとかやっていけます。

経費が掛からないので。


しかし

1人でも雇ってしまったら

いきなり苦しくなります。

アシスタント1人でもです。

最低でも

給料として15万円程は

払う事になるでしょう。


個人店で

月の売り上げを

15万円あげるのは

かなり大変です。

いきなり

ギリギリの収支になってしまいます。



もちろん

大きく儲ける事も出来ません。

また

自分の体がダメになってしまう事もあるかもしれません。

お店は簡単には休めません。


難しいです。

年をとっても出来る職種ではありませんよね。


材木加工の職人さんや

大工さん

塗装工

伝統工芸職人

なら年をとってもやっていけます。


美容師は無理です。

現実的ではありません。


特にまだ20代の美容師さんに言いたいです。

早めに転職したほうが良いですよ。

よ〜く

考えてみて下さい。

10年後

自分がどうなっているか?

その時の自分の給料は?

保障は?

立場は?



タグ:転職 美容師

2016年01月23日

面貸しサロンに美容師は集まらない



面貸しサロンには

美容師は集まらない。


一時期の

面貸しサロンブームは

完全に終わった。


まあ、

みんな分かっていた事だと思う。

特に面貸しサロンを

開業したオーナーなら。


もって5年だな〜という事は。


面貸しサロンが

落ちていく理由は


・美容師を大切に扱わない

・オーナーだけ儲かる

・集客方法に限界が来た

・ライバル店が増えて


等ですね。


特に

美容師の扱いは酷いと思いますね。


あくまで個人事業主として

扱っておきながら

しっかりと

時間拘束をする。

完全にアウトなんですけどね。

美容師側は

自分の状況を

いまいち理解していない人が多いようですが・・・


面貸しサロンと

美容師側には

雇用関係は

発生していません。

これは

完全に経営者側が有利です。

固定給を払う必要がありません。

保険に加入する必要がありません。

交通費を払う義務はありません。

すぐに辞めて貰う事だって出来ます。

凄いやり方でした。

しかし

いままでは

それでも

それなりに美容師側も

給与(報酬)を得る事が出来ていました。



最近では

安売りの美容室が増え

以前の様に

集客が出来なくなっています。

元々

単価が低いサロンなので

客数をこなせなければ

儲けがでません。

時間給でもないので


美容師は

美容室に居るだけでは

全くお金が貰えないのです。

かと言って他の仕事が出来るかと言えば

出来ません。


売上の60%を

サロン側に持って行かれるので

まあ、大変ですよ。

3万円売り上げても

報酬は¥12000です。


ちなみに

面貸しサロンの

単価は6000円いかないぐらいです。

ですので

5人以上のお客さんを担当しなければいけません。

アシスタントがいれば

なんら問題の無い人数なのですが

全部1人で施術する

面貸しサロンでは

かなりハードワークです。

これも

お客さんが沢山来てくれた場合なのですがね。

今は

そんなに

お客さんは集まりません・・・


お店に拘束されて

それでいてお給料も出ない。

無理ですよね。

これから

ドンドン面貸しサロンは潰れていきます。


今度は

また違ったやり方でやっていくのかな?

短期間で儲かって

後はおさらばっていう

面貸しサロンオーナーさんは多いので。




美容師側が有利な状況になってきています。

好条件で雇ってもらえる場合があります。

面貸しサロンで働くよりも

しっかりと雇用をして貰ったほうが今は良い時代です。

独立したい気持ちも分かります。


しかし冷静に今の状況を判断すれば

かなり難しいという事は

すぐに分かると思います。


お店を変わる際

とりあえず派遣美容師をしてみて

気に入ったらそこに就職するとか?

大体このような場合、

美容室オーナーさん側から

「うちで働かない?」

と言われる事が多いのですがね。


その時は

はっきりと条件を提示しましょう。

最低30万円です。

20万円スタートなんてありえませんから。

もちろん

オーナーさんは渋ると思います。


しかし

ちゃんとしたオーナーさんなら

分かると思います。

人件費が数万円上がったからと言って

お店がいきなり苦しくなる事なんてありえませんから。

特に美容室は、飲食店と違いますので。

スタッフがいなくて

手が回らず

失客するほうが

お店側としてはかなり痛いのです。




美容室業界は

完全な人手不足です。

ちゃんと出来る美容師は

引く手あまたですよ〜。





2016年01月21日

1人でやるなら美容室はやっていける

独立を考えている美容師は多い。

まずはしっかりと

利益を出す事が大切だ。

その為にも

まずは一人で営業しよう。


最初から人を雇うなんて

無理があり過ぎる。

今は昔とは違う。


アシスタント1人を雇うにしても

それだけの売り上げを立てるのは

かなり大変だ。

今後は

社会保険にも加入しなければ

いけなくなる。


だとすると

アシスタント1人を雇うにしても

+20万円の売り上げが必要になってくる。

20万円の売り上げ・・・

かなり大変だ。




大手のサロンや

流行っているサロンで

働いている

美容師さんには分からないと思うが・・・



しかし

1人で営業する分には

ほぼ大丈夫。

美容師1人が

全部やる!


本当に手が回らなくなった時点で

人を雇い入れるべきだ。


と言っても

個人店に人が来ないという現実もあるのだが・・・


タグ:美容室 1人

美容室を出店する際の注意点

美容師をやっていると

自分のお店を出店したくなりますよね。

自分でやったほうが

正直、儲かります。


しかし、雇われていた時以上に

大変です。


美容室オーナーは、

見た目以上に大変なんですよ。

一見遊んでいる様に思われていますがね。


なにも、美容室内でお客さんを接客するだけが仕事ではないので。


美容室オーナーは

■スタッフ管理

■税金

■給与計算

■広告

等々、色々とやる事があるのです。


美容室を出す際、

注意すべき点はまさにこれらです。


お客さんを接客するだけでOKと考えている人って意外と多いんですね〜。

まあ、これは自分で美容室を出店してから

ちゃんと気付く事が多いようですからね〜。


これからの美容室の集客方法は、口コミと紹介がキーワードになります。一見さんお断りです!

ホットペッパーに頼ってはダメ!

骨の髄まで吸い尽くされます。

今までホットペッパーに頼ってやってきた人にしてみれば大変な事かもしれません。


他の方法で堅実に集客していきしょう。

もし、それが出来ないなら

美容室なんてやめたほうが良いですよ。

正直、儲かりませんから。


ホットペッパーの掲載料って凄く高いですからね〜。

一生、広告費を払い続けるなんて、嫌ですよね。


皆さん、知っていると思いますが

ホットペッパーのお客さんって

リピート率が低いですよね。

顧客になりにくい層を相手にするよりも

顧客になってくれる層を相手にするほうが

上手くいくと思いませんか?


これからは

お客さんの質も選んでいったほうが上手くいきます。

うるさい客=お金にならない客

昔は、うるさいお客さんといえば面倒でしたが、お金を多く落としていってくれましたね〜。

しかし、今のうるさいおきゃくさんはタダの貧乏わがまま人。

施術に時間が掛かるのに、お金にならない。

そして、嫌な気持ちになる。

やらないほうがマシです。

嫌な客を1人やるぐらいなら

気の合うお客さんを2人やったほうがいいですよね〜。



安売り店なら別ですがね。

正直、安売り店なんて誰もやりたくないですよね。

薄利多売の時代は終了です。

これからは

質の時代です。


質の良いお客さんを集める為には

口コミと紹介以外ありえません。


時間は掛かりますが、

紹介客以外受け付けない!

というぐらいの気持ちでやってみると良いですよ。


タグ:集客 美容室

2016年01月18日

美容室開業の設備なら中古品がおすすめです。

美容室を開業します。

という事は?

設備を整える必要がありますね。


自分のお店なのでこだわりたい気持ちはわかります。

しかし、こだわり過ぎて設備費用がかさんでしまってはダメです。

お客さんは設備目的で美容室を選びません。

それぐらいは分かりますよね。


美容室にとって最も大切なモノ。

それは、人です。

設備ではありません。


正直、美容室の椅子や鏡、スツール、などの設備は中古品で十分です。

特に今、倒産品が多いのでかなり安く購入できます。

特に美容室設備専門のビューティガレージは、凄いですよ。

ここは、一番美容室の事を思っている企業だと思います。

値段も良心的で、配送、対応、完璧です。

どんなに細かいアイテムも揃っています。

美容室を開業する際には、是非、利用するべきです。


他の美容ディーラーは、自分のとこの商品を売る事だけしか考えていませんからね〜。

新色、新商品、新トリートメント・・・・・・・・

????????????

毎月、新しい何かがでるんですね〜って感じです。

トリートメントに関しては、利益率が高いので売りたいのは分かりますが、違いが分かりませんよ〜って感じで。






リクエストQJもそろそろ終わりですね。

美容師求人の最大手リクエストQJ。

以前に比べて情報量は少なくなりましたね。

冊子のほうが、極薄です。

求人掲載している美容室は大手だけ。

個人店は、載っていませんね。


まあ、リクエストQJのネット版を見れば良いのですが。


そもそも、美容師免許は持っているけど、

「もう、美容師なんかやってられん!」

と言って転職していく人が急増中です。


いま、どこのサロンも人手不足の様です。

そりゃ〜、そうですよね。

30代の美容師が、25万円前後の給料で永延と働かされている訳ですか。

時給に換算すると、コンビニアルバイトのほうが稼げますしね。


サロン側も、以前の様な売り上げは見込めないので給料アップなんて無理。

折り合いなんかつきませんよね〜。


今後5年でどんどん美容室は減っていくでしょう。

そして、10年後、予想は出来ませんが・・・

まあ、美容室は必要な業種なのでなくなる事は無いと思いますがね。


美容師は、雇われているにしても厳しい状況でしょうね。

サロン経営者も、労働問題、社会保険、集客経費、色々大変だと思います。

何よりも大変なわりに利益が少ないというのが、今の美容室です。


昔とは大違いですね。


今、美容室オーナーをされている方で、リクエストQJに求人を出そうと思っている方!!

止めたほうが良いですよ。

お金をドブに捨てる様なモノです。

QJの営業の人は、上手い事言うと思いますがね〜。

今は、自分でSNSやブログ、ホームページを使って人を探したほうが良いですよ。


面貸し美容室はもう無理

過去5年

面貸しサロンが大ブームでしたね。

黎明期は、本当に衝撃的でした。

しかし今は・・・


どこの面貸しサロンも厳しくなってきています。

まず第一に美容師が集まらない。

リクエストQJに求人広告を出しても

面貸しサロンには美容師の応募はほとんどありません。

理由は、分かると思いますが・・・


面貸し系のサロンは、とにかく安い値段で沢山のお客さんを集客する事によって成り立ちます。

しかし、どんなにお客さんが沢山来ても

美容師がいなければ売り上げに繋がりません。

売上が無ければ、ホットペッパービューティーに広告を出稿できなくなります。

(このホットペッパービューティーのおかげで、美容室業界はめちゃめちゃです。)

面貸しサロンの場合、美容師に固定給を払う必要がないのですが、その分美容師との関係も希薄です。

基本的に、美容師を拘束する事は出来ません。


ここ数年の間に、美容師側も気付いたのです。

安い単価で、馬車馬の様に働かされて

売上の60%をお店に取られるなんて馬鹿らしいと。


面貸しサロンは、基本的に低単価です。

美容師側は大変です。

客数をさばかなければ稼げないのです。

例えば、客単価6000円で、1日の売り上げが30000円だとします。

基本的に施術は1人で行います。

かなり大変です。

掛け持ちなんて、無理ですからね〜。

したとしても、クレームに繋がりかねません。

で、売り上げの60%はお店に取られます。

残りが手取りになります。

12000円です。

かなりハードですよ。

面貸しサロンに来るお客さんは、面倒な客が多いのも事実。

ちょっとした事で、訴訟問題に発展する事も多々あります。

しかし、責任はサロン側にありません。

サロン側は、美容師に場所を提供しているだけ、という事になっているので。

完全に馬車馬です。


酷いシステムです。

最初に始めた人は頭が良いというのか、なんというか・・・

まあ、それに気づかない美容師側もまずいのですがね。



まあ、そんな面貸しサロンの経営方法も長くは続きませんでしたね。

これから、どんどん減っていきますよ。

面貸しサロンは。

ちなみに、美容師も減っていきますがね。

というか、転職しちゃう人が多いですね。


美容師という職業は、しばらくの間、なくなる事は無いでしょう。

まだ、ロボット化は無理です。

しかし、確実に美容師の収入は減っていきます。

今でも充分少ないのですが。




正直、今から美容師の独立は厳しいかな〜

う〜ん。

難しいと思います。

今の時代だと。

10年前は大丈夫だったと思いますが。

今は時期的にサロンが多すぎます。

今後、10年で徐々に減っていくでしょう。

そして、10年後には高価格帯の美容室が残っているはず。

そこで再び安売り店が増えていく。

このサイクルでしばらくいくと予想します。


今は、残念ながら難しいです。

もちろん1人で経営していくんなら問題ないと思います。

細々と。

決して、儲かりませんがね。

どう計算しても、月収50万円が限度かな〜と。

まあ、そんなに貰えれば良いと思いますが。


最近、自分の美容室をオープンさせた美容師さんの中には、

予想以上に集客出来ずにかなり悩んでいる方が多いようです。

技術、接客、に自信があっても今は簡単に新規客を集客出来ません。

そう思って開業した美容師さんだらけですからね〜。



タグ:独立 美容師
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ