2017年11月16日

これからは、短時間営業の美容室が流行る!

美容室も働き方改革を始めたほうが良いのでは?


いつまで、美容室は過酷な労働を美容師に求めるのか?





美容師は結局、オーナーの為に働いている訳で。







まあ、その美容師も他で働けないから、その美容室で働いている訳なんだけどね。


続きを読む...

2017年07月23日

50代で現役美容師って悲惨

今、美容室経営が危ない!


どんどん市場規模が縮小していくことは決まっている。



美容師の数も減っていく。



これでも美容室を開業する気なのだろうか。



1店舗目を出店して、

そこそこうまくいっても、

2店舗を出す事が出来ない。



なぜなら、美容師を集める事が出来ないからだ。



こうなると、

オーナー美容師は1店舗だけ頑張っていかなければならない。


美容室1店舗の売り上げなんてたかが知れている。



あああ、50歳を過ぎても現役の美容師って大変だなー。


腰、膝、肘、関節痛が〜





世界一シビアな「社長力」養成講座
brm.jpg








2017年06月07日

あなたの経営する美容室が地域1番店になる方法


MRF

スピーディーなご融資を徹底♪

事業資金融資といえば【MRF】へ






美容室を開業したいですか?


大丈夫ですよ。


開業すること自体は簡単です。


誰にでもできます。


お金さえあれば・・・






でも、美容室を長い間 経営し続けるのはかなり大変ですよ。



もちろん、オーナー 一人営業の美容室なら長く続けていくことができるかもしれませんけどね。



大して儲からないけど。





それにしても、美容室って世の中にたくさんありますよね。


その中で勝ち続けなきゃいけないんです。



じゃなきゃすぐに潰れてしまいますからね〜。



要は、お客さんの取り合いですよね。



いや〜大変です。



お客さんの数なんて決まっていますからね。



MRF

スピーディーなご融資を徹底♪

事業資金融資といえば【MRF】へ






じゃあ、どうしましょう?




私の提案です。



これは絶対に勝てる美容室経営です。





深夜営業の美容室です。



絶対に一人勝ちですよ。




世の中には、


昼間働いている人と、


深夜に働いている人がいるんです。




一般的な美容室は、昼間に働いている人を対象に営業していますよね。


でも、これじゃ〜美容室側は大変です。



客の奪い合いですからね。





でも、深夜営業なら?



はい。



他に深夜営業をしているような美容室は、ありませんよね?


じゃあ、ライバル不在です。



1人勝ちできますよー。





まあ、深夜営業なんてやりたくはないでしょうけど。





どちらを選ぶか?です。



通常の昼間営業の美容室か?


深夜営業の美容室か?






どちらのほうが、経営は楽でしょうか?

どちらのほうが、儲かるでしょうか?




MRF

スピーディーなご融資を徹底♪

事業資金融資といえば【MRF】へ




2016年09月26日

今から美容室経営を始めるなら1人営業のお店!




image2.png



それでも美容室を開業したいなら・・・


いいでしょうー。





美容室、始めましょう。





こうなったら、やるしかないですよー。





確かに、今、雇用されて働いていてもただの ヨボヨボ美容師にしかなれませんからー。





年と取った美容師ほど、使い物にならないですから。



雇われていたら・・・







続きを読む...

2016年09月08日

お金持ちになりたければ美容室経営は不向き



30歳を過ぎて、美容師として独立を考えているあなた!


ストレートに聞きます。


自分で美容室を開業した 後の目標って何ですか?


もしかして、美容室を開業する事自体が目標だったとか!?


もしそうなら、大変ですよー。
続きを読む...

2016年06月18日

1人で営業するか?人を雇って店舗拡大していくか?美容室経営は難しいからね〜。

62be5808f288400b1ae86c2ed9e4264a_s.jpg


どちらの営業形態でやっていく?


大して儲からないけど、食べていくぶんには困らない1人営業の美容室経営。



成功すれば儲かる店舗拡大型の美容室経営。


さ〜、どちらが良いでしょうか??



難しいですね。



まあ、自分の考え方次第な部分もあると思います。



1人でのんびりやってければ良いというなら1人営業の美容室も良いでしょう。


いや!



お金を稼ぎたい!



と思うなら店舗を拡大していくしかないですよね。



成功すれば大きな利益を得る事が出来ますが



その分、リスクは大きいです。


結局、上手くいっているのは中堅サロン?


大き過ぎず、小さ過ぎず。



中堅の美容室チェーン店が一番安定しているのかな。



1人営業の美容室は、所詮、一人営業です。



売上も大したことありません。



それに、一人なので何かあれば



それで終わりです。



経営を続けていく事は不可能になる割合は高いですね。


かと言って、大きくなり過ぎた美容室チェーン店もキツイ部分はあります。



自分一人の考えだけではどうにもできない状況になります。



特に今、美容師自体の数が減ってきているので



スタッフを集めにくいという状況も。




中堅の美容室チェーン店は、まあ、それなりに上手くやっています。



3店舗〜10店舗ぐらいの美容室ですね。



地域密着系が多いようです。



この様なお店の特徴としては、



長く勤めている美容師スタッフが多いという点です。



これは、凄くありがたいんですよね。



言い方は悪いですが、



ある意味 洗脳されている様な感じですけどね。



まあ、だからスタッフが辞めないのでしょう。


美容室の経営は、何だかんだ言って



美容師の質で上手くいくか、失敗するか、決まります。



この辺が、飲食チェーン店と違うんですよね。



全部の店舗で同じ様な接客、技術を提供する事が出来ないんです。



美容室の場合は。






1人の優れた美容師がいれば上手くいくんです。



まあ、どこのサロンも怠け者美容師、悪玉菌美容師、はいます。



これは、仕方がない事です。



その1人の美容師をどれだけ大切に出来るかがキモになります。



やっぱり稼ぎ頭の人は、1店舗に1人はいますからね。









だから「人材」なんですよねー。



その「人材」を確保しやすい形態が



3店舗〜10店舗ほどの中堅美容室チェーン店なんですね。


危ない美容室経営

まあ、ほぼ5年以内に潰れているサロンと言えば



雇っているスタッフは3人程で、



オーナー美容師が偉そうにしている美容室ですね。



「先生」と呼ばれたいのでしょうか〜??



未だに、



昔の時代の考えを持っている30代美容師オーナーは危険なんですけどね。



10年前とは、美容室業界は全く違ってきているのですが



当の美容師自体がその変化についてきていないという矛盾・・・






image5.pngbandicam 2016-06-18 15-06-00-380.jpg





image2.jpg
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。