2017年06月13日

これからは、短時間営業の美容室が流行る!

美容室も働き方改革を始めたほうが良いのでは?


いつまで、美容室は過酷な労働を美容師に求めるのか?





美容師は結局、オーナーの為に働いている訳で。







まあ、その美容師も他で働けないから、その美容室で働いている訳なんだけどね。







でもね、そろそろ美容室経営者は新しいやり方を考えたほうが良いよ。


これからは、短時間労働が主流になるんだからさ〜。








私は、こんな美容室があったら経営が上手くいくと確信しています。



  • 完全予約制
  • 営業時間は、7時間。朝の9時〜夕方の17時まで。完全休憩時間が1時間ある。
  • 午前中の受付は、カットで11時まで。時間が掛かるメニューは10時まで。
  • 12時からは完全にお昼休憩。お客さんは入れない。美容師はしっかりと休む。
  • 午後は13時からスタート。
  • 17時には絶対に終わる様に予約を入れる。
  • 飛び込み客は一切やらない。
  • 新規の客は、紹介のみ。
  • お客の掛け持ちは、絶対にやらない。放置時間の時、美容師は休憩。
  • アシスタントはいない。全て美容師自ら行う。
  • 17時には、美容師、スタッフ、全員が帰宅できるようにする。
  • 練習会は一切無し。残業も一切無し。
  • もちろん、料金は高い。それでも良いっていう客だけやる。




一般的な美容室は、美容師にも、お客さんにも、負担が掛かるやり方です。


美容師は休憩を取れずに、何人ものお客さんを掛け持ちし、へとへとになるまで働き、夜遅くまで無駄な残業を強いられる。



それでいて、給料が安い。



そして、辞めていく。



忙しく大変な仕事なのに、給料が安いというのは本当に最悪です。








お客さんも、カットだけで来店したのに、美容師が掛け持ちでやっているものだから2時間、3時間も掛かってしまい疲れてしまう。



店内も慌ただしい為、仕方ない・・・と諦めている人が多い。



それで、そのお店が嫌になる。





更に予約してきたのに、美容室後の予定が狂ってしまう。



それで、料金が高かったら最悪。








普通の事ですよ。


美容師、お客さん、両方にとって良いやり方をすれば美容室経営は上手くいくのにね。





なぜ、美容室経営者はそれをやらないのか?




儲けたいのは分かります。経営者ですからね。





でも、美容師も、お客さんも、幸せになれないような美容室は、



遅かれ、早かれ、潰れますよ。







そもそも、今、求人を出しても美容師が来ませんよね?



美容師がいなければ経営どころの話ではありませんよね?









美容室経営は、やり方次第です。







少し長い目で見たほうが良いですよ〜。




⇒ホットペッパーに頼らない集客術

image16.png
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ