2017年04月06日

売れる美容師の条件







一番嫌われる美容師


やっぱりいますよ。



勘違い美容師って。







特に男性美容師に多いですね。





なぜ、あそこまで勘違いすることが出来るのでしょうか?


所詮、髪切り屋でしかないのに・・・







髪の毛を切るだけですよ。


(ヘアカラーやパーマもしますけどね。)





自分が、お客さんに物凄い影響力を持っているとでも思っているのでしょうか?




その勘違いっぷりが、本当に怖い。







そんな美容師がいるから、ダメなんですよね〜。






そういう美容師に限って、口だけ番長なんです。





特に売上が良い訳でもなく、技術力があるわけでもない。





なんなんでしょう〜ね〜。





あの意味不明な自信は・・・















お客さんが望んでいる美容師


美容師って、客商売です。




正直に言いますと、技術力よりも接客力のほうが売上に直結します。


技術は普通でも、接客力が抜群に高いと売れっ子美容師になれます。





逆に技術は一流、接客力はイマイチの美容師は売れっ子にはなれません。





これは誰しもが感じていることだと思います。





お店に昔からいる、おばちゃん美容師って大して上手くもないのに売上は常にNo1ですよね。





あれは完全に接客力なんです。







お客さんを安心させる雰囲気があるんです。





美容室に来るお客さんって、やっぱり不安なんです。




その不安を取り除く事が出来る美容師が売れる美容師になれるんです。









美容師は、技術力じゃないですよ〜。






接客力ですからね〜。






いつまでも無駄に夜練している場合じゃないですよ。








もっと他にやる事ありますよ。

















⇒ホットペッパーに頼らない集客術

image16.png
最新記事
image5.png
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
日別アーカイブ