2016年06月27日

個人経営の美容室には、美容師は応募して来ない!


美容師・美容室に特化した業界専門求人サイト【ココネクト】




求人誌に頼らないで美容師を集める方法


美容師専用の求人誌といえば



リクエストQJ。





一応、全国誌。



とは言っても



関東圏、関西圏、東海地方、がメインではあるが。







で、個人経営の美容室が



美容師を集める場合でも



リクエストQJに



求人情報を掲載するだろう。





昔に比べて



だいぶ



情報量は減ってきたが。





ネットメインに以降しているのだろうか。





ネットメインには



まだ早い気がするが。



なぜなら



美容師は



正直



ネット系にはうとい人が多いからである。



スマホを使っているだけでは



ネットに強いとは言えない訳で。





まだ、誌面のほうがいいと思うのだが。



見やすいしね〜。


リクエストQJに掲載しても美容師は来ない


う〜ん。



これね。



今の時代



個人店の美容室には



人は集まらないね。





なぜなら?



大手チェーン店に比べて



明らかに



給料が安く



勤務時間が長く



休みも取りにくく



無駄な仕事をさせられるからね〜。





また



個人経営の美容室って



オーナーの独裁状態で



結構、面倒くさいんですよねー。



変なルールがあったり・・・





責任だけは押し付けるくせに



給料は安い。





それに



気付いてしまった



美容師が多いんだよねー。



個人店はブラックだって事に。





そんな個人店に



誰が行くか?って感じでしょ。





個人経営の美容室は



普通に



求人広告を出しても



美容師は来ないよ。





本当に。





来たとしても



何もできない



アシスタントだねー。



それも完全に



甘々のアシスタント。





「個人店だとちゃんと教えて貰えると思って。」



「個人店だと競争しなくていいので、自分のペースでレベルアップできると思って。」



なんて感じの。



そして



何年もアシスタントをして



20代後半になって



「お客さんの髪の毛を切る事が怖い」



とか言い出して



「また、一から他の美容室で基本を習いたいので辞めます。」



って言って退職。



このパターンね。




じゃあどうやって集めればいいの?

う〜ん。



難しいですよねー。



個人店の美容室って。





確実なのが



美容師による



紹介ですねー。





これが確実。



美容師って横のつながりが



結構あるので。





美容師に美容師を紹介して貰う為には



やはり



労働条件の改善が必要になりますねー。





他の美容室よりも



魅力的じゃなければ



個人経営の美容室に



行く意味ってないですからねー。







美容師・美容室に特化した業界専門求人サイト【ココネクト】





日本政策金融公庫から500万円の借り入れに成功した話。
スクリーンショット 2019-02-21 12.37.53.png
※この記事はnote有料になります。
美容師の転職
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
image2.jpg
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。