2016年04月06日

路面店の美容室は気を付けないとイケない。

今時、練習風景を歩行者に見せるなんて・・・


これは、路面店の話。



夜、8時ぐらいを歩いていると1軒の美容室から光が。



営業時間は終わっている様子。



でも、スタッフが



外から見える位置で、練習をしている。



まあ、アシスタントなのだろう。



そして、偉そうに椅子に座り、スマホをいじりながら指導?らしき事をしている先輩美容師が。



まだ、シャッターを下ろしたり、ブラインドを下ろしたりして、外から見えない様にやってくれたらいいのに。



なぜ、歩行者から見える様にやっているのか?



何アピール?



不思議だ。



頑張って練習しています。



お客さんの為に、いつも、こんなに一生懸命練習をしているんです!



アピールなのか?


練習は、隠れてしろ!


お客さんにしてみれば



練習をしている=ペーペーアシスタント



とイメージがある。



もし、施術して貰う場合、不安になるに決まっている。



シャンプーぐらいなら、まだ、良しとしよう。



やり直しも出来るのだから。



しかし、ヘアカットや、パーマの練習をしている場面を見たお客さんはどう思うだろうか?



お客さんは



「大丈夫かな〜?」



と、正直に思うと思う。



口に出すか、出さないかは、別として。


ちょっと昔の美容室チェーンに多いパターン

これは、中堅美容室チェーン店に多いようだ。



一昔、流行ったやり方で今でもやっているイメージ。



「コンテスト優勝しました!」



「トロフィー貰いましたー!」



「美容技術●●検定者、在籍!」



など、お客さんからしたどうでもよいアピールをしている。



大昔で言うところの



「カットチャンピオンのお店」



的な感じ。



これは、もう終わりの始まりだなー。




隠れて練習して下さい。

本当のプロは、隠れて必死に練習するものだ。



アシスタントだって同じ。



お客さんにしてみれば、誰がアシスタントで、誰がヘアカットの出来る美容師なのか、分からないのだから。



特に接客業、技術職なのだからお客さんを不安にさせるような事はしてはならない。



美容師さん、練習は、隠れてして下さい。

posted by 儲かる美容室仙人 at 15:15 | 美容室
日本政策金融公庫から500万円の借り入れに成功した話。
スクリーンショット 2019-02-21 12.37.53.png
※この記事はnote有料になります。
美容師の転職
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
image2.jpg
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。