2016年04月10日

面貸しサロン、フルコミッションサロン、のおかげで美容業界、美容師は、死んでいきます。

面貸しサロンのおかげで美容室業界、美容師は、死んでいく。


正直、もう難しいと思っています。



フルコミッション制の美容室経営って。

いわゆる、面貸しサロンですね。

形式状は、セット面を美容師に貸して



売上の45%程を美容師側に渡すという感じのヘアサロン経営ですね。



ここには、業務委託契約と言うちょっと黒い感じの契約が結ばれます。



あくまでも、美容師は雇われではなく、個人事業主で美容室側と業務委託契約を結んでいるという形になります。



とは言っても、



時間拘束されますし、お店の決まり事も細かく設定されています。



出勤日数は、はっきりと決まってはいませんが



22日以上出勤した人だけに、交通費を支払うという形式をとっているサロンが多いようですね。



10日ぐらいしか出勤していない人は、交通費は自腹です。



もし、その日に入客数が少なければ利益は微々たるものです。



客単価が良ければ、まだ救われるのですが、面貸しサロンは低単価サロンです。



客数を多くこなしてこそ稼ぐ事ができるのです。


5年前がピーク


この面貸しサロンが爆発的に流行したのが8年〜5年程前です。



その頃は、そこで働きたいと考える美容師も多かったですね。



また、縮毛矯正やデジパーが格安で出来ると言う事から、お客さんも大量に流れ込みました。



この頃から美容室業界は、崩壊に向かっている様に感じます。


今は、そもそも美容師が減ってきている

世間的に美容師は、稼げないという風潮が広がりました。



昔は、まだ、自分で美容室を開業すればそれなりに儲かるという感じはあったのですが。



今は、自分で美容室を出しても儲かりません。



なぜか?



簡単な事です。



美容室が多すぎるからです。



それだけライバル店だらけと言う事です。



ある程度の競合は必要だとは思いますが、今の状態は異常です。



客の奪い合いが始まり、手っ取り早く集客できる、安売り経営が大流行中。



お店は、一時期は忙しくなるのですがそれもほんの短い期間。



もっと値段の安いお店が近所にできてしまう。



値段で選んでいたお客さんは、もっと安いお店に移っていきます。



美容師は拘束時間が長いのに、稼げなくなるのでお店を辞めていきます。


美容師の転職が止まらない!

美容業に嫌気がさした、30歳以上の美容師の離職が増えています。



違う職業に転職してしまうのです。



転職したからと言って、元美容師が高給をとれる職業なんてないのですが・・・



それにしても、重労働、長時間労働、精神的にキツイ、低賃金、の美容師をやっているよりは、他の職業に就いたほうがまだましかもしれませんね。


今から面貸しサロンを始めるなら

本当の面貸しにするべきでしょう。



美容室の一角を完全に美容師に月額家賃を払ってもらって貸し出す。



美容技術のやり方、出勤時間、お金の事、などは一切ノータッチです。



美容室側は、家賃だけ貰うというやり方です。



光熱費は、管理費として月額家賃分に上乗せする感じですかね〜。



材料に関しては、美容師自ら持ち込む。



美容師側は、顧客を多く抱えている人しか出来ませんよね。



でも、それでいいのではないでしょうか?



今、しょうもない美容師が増えすぎたので淘汰されればいいのでは?



美容室側は、一気に儲ける事は出来ませんが安定して利益を得る事が出来るようになります。



(美容室側は、新規客を集客するのではなく、顧客を多く抱えている美容師を集める必要が出てきますが。)



美容師側も、無駄にお金を遣って自分の美容室を作る必要がなくなるので、リスクも減ります。



自分のサロンが欲しい美容師は、そこで資金を作って、自分のヘアサロンを新たに始めてもよいでしょうが。



美容室側も、顧客を持っていかれた!という争いも無くなるでしょう。



なぜなら、元々お店が集客したお客さんではないので。



美容師に付いている顧客を、美容室に引き留め必要もありませんもんね。


このやり方なら、みんな幸せになれそうです。



古い言い方ですが、WinWinの関係です。












IMG_6348.PNG

・名前 ola(オラ〜)
・年齢 30代
・職業 美容師〜etc
・趣味 アウトドア 読書 ネットサーフィン

>>自己紹介ページへ




>>私のツイッターです。
wk_120607twitter01.jpg
たま〜に呟いています。


日本政策金融公庫から500万円の借り入れに成功した話。
スクリーンショット 2019-02-21 12.37.53.png
※この記事はnote有料になります。
美容師の転職
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
image2.jpg
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
・美容師を楽しめる生活