2020年04月07日

【コロナ淘汰】〜今月から美容室のほうが大量に倒産していく


キャッシングのフタバは即日融資対応

30日間無利息キャンペーン中





飲食店よりも美容室のほうが潰れやすい理由



いや〜厳しいですね。

大変ですね。

美容室経営も。



今月からコロナウイルスの影響で飲食店よりも美容室のほうがどんどん倒産していきます。


理由は、


従業員と家賃。



飲食店って基本的にアルバイトで回っています。

なので、アルバイトをクビにすれば固定費をグッと減らせます。

アルバイトをしている人には悪いですが、

アルバイトとはそういう立場です。

法的には問題があるのでしょうが、こういう時ってバサっといかれてしまうんですよねー。



しかし、美容室は?

ほとんど社員。

一応、アシスタントも社員という形になっています。

(まあこういう時だけ社員扱いにしない経営者もいそうですけどね・・・。)



社員は簡単にクビに出来ないし、ある程度の給料保証をしなければいけません。

売上がないのに、給料を支払わなければいけないんです。


雇われている側の美容師にしてみれば、当たり前だと思う事でしょう。

それに、

「オーナーはお金を沢山持っているから大丈夫でしょう。」と思う人もいるはずです。



ですが!



売上が立たなければオーナーの持っている資金なんて一瞬で無くなりますよ。

オーナーのお金が無くなれば給料を支払いたくても支払えませんからね。

更に美容室が賃貸ならその家賃も支払わなければいけません。



従業員を雇って家賃を支払っていると、

100万円単位のお金が経費として1ヶ月で無くなるんです。



今までは売上の中から支払えていたものが、

その売上が無くなるわけですからね、そりゃ〜大変な事ですよ。



2ヶ月もこんな状況が続けば美容室は倒産します。



美容室の倒産とは、

雇っている美容師に給料を支払えなくなった時、

お店の家賃を支払えなくなった時、

銀行から借りているお金の返済が出来なくなった時。




例えば、

美容師を3人、アシスタント1人を雇って、

家賃30万円の物件で美容室を営業しています。

美容師の平均給料は22万円です。

アシスタントは18万円。

この場合、1ヶ月に必要な経費は114万円。



114万円は絶対に出ていくお金です。


さらに光熱費なども掛かってきます。

まあほとんど営業しなければそれほど高くはならないでしょうが、最低でも1万円ぐらいは掛かるでしょう。
(基本料金が掛かる為)

借入の返済がある場合は更にお金が必要になります。


最低でも114万円


114万円の経費バツ1️2ヶ月分=228万円


普通、228万円の運転資金なんてオーナーは持っていませんからね。


どんなに儲かっているように見えても結局、税金で取られてしまう為、美容室のオーナーはお金持ちでは無いんです。


(まあ、利益を残しすぎてしまうと、税金がどんどん上がってしまうですけどね・・・。)


ほとんどの美容室オーナー、経営者が毎月の売上の中で上手くやっていたんです。コロナショック前までは。




一言でまとめます



今、小規模の美容室経営者、オーナーはお金(現金)が無いんです。

今月分の給料、家賃、返済金、を支払ったらすっからかん状態になるでしょう。

なので、今月からどんどん美容室が潰れていくんです。


・追記

テナントを借りて美容室を営業していた場合、お店の営業をやめる時は半年前に通知しなければいけません。

ほとんどのテナント物件がそういう契約で貸し出されています。

という事は?

美容室オーナーは、今月美容室を閉店させても6ヶ月分(もしくは5ヶ月分)の家賃は支払わないといけないんです。

支払えない場合は、テナント物件を借りる際に預けておいた保証金が6ヶ月分の家賃に充てられて精算されます。

テナント物件を借りる際に、多額の保証金が必要なのはそういう理由があるんですね〜。


そして、美容室オーナー、経営者はすっからかんになります。

銀行や国金からの借入があれば、毎月返し続けなければいけないので更に大変ですよー。


オーナー、社長、経営者って従業員から見たら良い暮らしをして羨ましいな〜と思えるかもしれませんが色々なリスクをとっているんですね〜。






キャッシングのフタバは即日融資対応

30日間無利息キャンペーン中











タグ:美容室 倒産
IMG_6348.PNG

・名前 ola(オラ〜)
・年齢 30代
・職業 美容師〜etc
・趣味 アウトドア 読書 ネットサーフィン

>>自己紹介ページへ




>>私のツイッターです。
wk_120607twitter01.jpg
たま〜に呟いています。


日本政策金融公庫から500万円の借り入れに成功した話。
スクリーンショット 2019-02-21 12.37.53.png
※この記事はnote有料になります。
美容師の転職
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
image2.jpg
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
・美容師を楽しめる生活