2016年04月01日

求人誌に広告を載せても美容師は集まりませんよ。

美容師は集まりませんよー。


もう、昔のように求人をかけても美容師は簡単には集まりませんよ〜。



そもそも、美容師が減ってきているので、それは仕方がない事なのかもしれませんね。



免許を持っている美容師自体が減っている訳ではなく、



美容師として働いている人が減ってきているのです。



特に30歳以上の美容師免許保持者の転職が最近目立っていますね。





まあ、美容室業界に見切りをつけたのでしょう。



そりゃ〜、そうですよね。





・無意味に長い拘束時間



・安い給料



・ボーナス無し



・有給休暇無し



・残業手当無し



・技術をアシスタントに教えても何の見返りも無い。自分の時間を削って、タダで教えている。



・確実に落ちていく未来





平均年収が300万円も行かない美容師という職業です。


そりゃ〜、みんな辞めて行きますよ。



美容学生だって確実に減ってきていますからね〜。


の割には、美容室は相変わらず乱立しています。


美容師を集めるには?


そりゃ〜、美容師の不安や不満を解消する事が出来れば集まるかもしれませんね。



・拘束される時間をしっかりと定めて、定時には帰れるようにする。



・給料を最低でも30万円/月にする。



・ボーナスを支給する。



・有給休暇は、年に13日以上。必ず取らせる事。



・残業をすることになったら、きちんと残業代を払う。



・アシスタントに技術指導などを行ってもらうときは、きちんと報酬を支払う。



・20年後の未来を思い描ける様な展望を話し、納得してもらう。



難しいですか?



難しいですよねー。



でも、これぐらい出来ないと、もう、美容師は面接にすら来てくれませんよ。



最近の美容師さんは、昔に比べて、多少、知識を得る事が出来ているんです。



自分の業界がいかにブラックなのかを。












タグ:美容師求人
日本政策金融公庫から500万円の借り入れに成功した話。
スクリーンショット 2019-02-21 12.37.53.png
※この記事はnote有料になります。
美容師の転職
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
image2.jpg
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。