2020年02月19日

今後、美容室に就職する予定の新卒へのアドバイス


私は、これまで数多くの美容室、カット専門店で働いてきました。


正確には把握していませんが、確実に30店舗以上です。


若い頃から美容室を転々としており、1年以上働いたお店は数えるほど。


そんな30店舗以上で働いた事がある私から今後、美容室に就職予定の新卒者さんにアドバイスがあります。





韓国最大級ファッション通販《STYLENANDA》





勝手にアドバイス




・理不尽な事をいう先輩、上司、経営者がいたらすぐにお店を辞める事

我慢して働いていても無意味。

そんな所で働いていても結局、遅かれ早かれ辞める事になります。

また今時、そんな先輩、上司、経営者だとしたら完全に遅れています。

と言う事は、美容に関する事も遅れていると言う事になります。




・労働時間は法律で決められています。無理に長時間働かせる様なお店では働いてはダメ。すぐに辞めるべし!

基本は、8時間の労働と1時間の休憩です。

美容師は、長時間労働で無休憩が当たり前だと教えられるかもしれませんがそれは法律違反。

ダメなんです。

働く時間は決められているんです。





・スタイリストデビューまで3年以上ぜったいに掛かりそうならヤメたほうが良い。

美容師ってスタイリストデビューするまで無駄に時間が掛かりすぎます。

今まではそれが当たり前だと言われてきました。

しかし!

1日中、受付をして、パーマのヘルプをして、床を掃いて・・・。

でもそれって美容師の本当の仕事なのでしょうかね?

美容師の仕事って、お客さんのヘアスタイルをカッコよく決める事。

またはケアする事ですよね。


もちろん、受付、ヘルプ、床掃きは大切です。


ですが、それを3年間もやって立派な美容師になれると思いますか?

それって経営者目線で言うと、「安くコキ使えるスタッフ」ってだけの事。



ちゃんとプログラムを組んで計画通りにトレーニングを行えば、1年以内でカットまで出来ます。

絶対に出来ます。

もちろん、カットモデルをして人頭に慣れる必要はありますがね。



そして、お店の先輩に技術を教わる必要はありません。

今はyoutubeに沢山の動画がアップされています。

カットのやり方、カラーリング、パーマ、ブロー、ヘアアイロン 、ヘアセット。

下手な先輩美容師に教わるよりも、

youtube動画をみて勉強したほうが確実に上手くなります。


下手な先輩のアドバイスなんてスルーすれば良いんです。





まとめ



奴隷の様なアシスタントになってはダメ!って事です。

自分で考えて自分で動けばすぐにスタイリストになれます。

スタイリストかどうかは自分で決めれば良いんです。

美容室の先輩や経営者が決める事ではありません。


スタイリストになってから本当の美容師人生が始まるんですからね〜。



韓国最大級ファッション通販《STYLENANDA》











【このカテゴリーの最新記事】
IMG_6348.PNG

・名前 ola(オラ〜)
・年齢 30代
・職業 美容師〜etc
・趣味 アウトドア 読書 ネットサーフィン

>>自己紹介ページへ




>>私のツイッターです。
wk_120607twitter01.jpg
たま〜に呟いています。


日本政策金融公庫から500万円の借り入れに成功した話。
スクリーンショット 2019-02-21 12.37.53.png
※この記事はnote有料になります。
美容師の転職
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
image2.jpg
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
・美容師を楽しめる生活