2019年05月11日

美容室開業の為、日本政策金融公庫(国金)から500万円の融資を受けた話


美容師が美容室を開業する為にお金を集める方法


美容室を開業しようと思ったら、

やはりお金は必要になります。


どんなに小さな美容室でもです。



ちなみに私のお店は、全部こみこみで200万円以下で作り上げました。



セット面は2席。

シャンプー台は1台。


広さは50平米。


そこで一人営業の美容室をやっています。




で、その美容室の開業資金ですが、

自己資金250万円と日本政策金融公庫から借りた500万円で始めました。





美容室の開業にかかったお金以外は、

自分の銀行口座に入ったままです。


と言うのも、

やっぱり運転資金が無いと困りますからね。




それと自己資金ですが、

これがないと日本政策金融公庫はお金を貸してくれないんです。


その為の自己資金ですね。



日本政策金融公庫としては、

「自分でこれだけのお金を貯めたんですね。わかりました。では足りない分をお貸しします。」

って感じみたいです。



自己資金が全く無い人には、

「お金を全く貯められない人にお金を貸すわけにはいきません。返ってこないかもしれないので。」

って感じみたいです。



とにかく、自己資金は大切って話です。



あとは融資面談の際に提出する創業計画書ですね。


創業計画書については、

こちらのnoteに詳しく書いてあります。




【このカテゴリーの最新記事】
日本政策金融公庫から500万円の借り入れに成功した話。
スクリーンショット 2019-02-21 12.37.53.png
※この記事はnote有料になります。
美容師の転職
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
image2.jpg
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。