2019年04月04日

美容室経営1本じゃ厳しい


独立してもやっていけいない美容師の特徴


私は、一応一人で美容室を経営しています。


まあ、一人でやっているので経営とは言えませんけどね。



はっきり言って、美容室は趣味ですからね〜。



それでも私が美容室経営をやっている理由は、





収入源が複数あるからです。


ざっと並べると、


・ネットからの広告収入

・ネットショップ運営での売上(参考ブログ

・FXでの利益(参考ブログ



主にこんな感じです。




美容室の売上が悪くても、

他から収入があるので、

特に大変って事は有りません。




先月なんて、売上は数万円程度でしたからね〜。




もし、今から独立して美容室を開業したいなら美容室の売上以外から収入があれば、

失敗する確率は低くなりますよ。



これからの時代、

美容室経営1本だけでは厳しいですからね〜。





あ!


ちょっとタイトルと内容が違う感じになってしまいましたので・・・。



はい。


美容室経営で失敗する人の特徴は、


収入源が1つしか無い人です。





日本政策金融公庫から500万円の借り入れに成功した話。
スクリーンショット 2019-02-21 12.37.53.png
※この記事はnote有料になります。
美容師の転職
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
image2.jpg
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。