2019年03月18日

カット専門店で働いてはダメな理由


私は、

若い頃に色々なカット専門店で働いた経験があります。



当時は若かったので、

お店を移る事なんて何とも思っていませんでしたからね〜。





いままで働いた事があるカット専門店



・QBハウス

・カットファクトリー

・サンキューカット

・it's(イッツ)


おまけで、

イレブンカットでも働いた事があります。




その時思いました。




カット専門店で働いている時、

常に思っていました。



「なぜ、ここにくるお客さんって皆 嫌な奴ばかりなんだ!」

って。




でも、本当は違うんですよね。



嫌な奴になっていたのは自分だったんです。



カット専門店で働いていると確実に性格が悪くなります。



お客さんが嫌いになります。



「入ってくるなー、入ってくるなー。」


って常に思っていました。




そんな感じが自分から出ていて、

お客さんに伝わっていたのでしょう。





こっちが嫌な態度を示せば、

お客さんだって嫌な態度を出しますよね。


そりゃ〜そうだ。




でも、カット専門店で働くとはそういう事なんです。



カット専門店で働いている周りのスタッフも、

裏でお客さんの悪口ばかり言っていましたからねー。




お客さんと喧嘩を始める人だっていましたから!

気持ちは分かりますが。




それぐらい、

カット専門店というのは、

美容師の性格を悪くする職場なんです。




カット専門店がこの世からなくなれば良いのに



カット専門店がなくなれば困るお客さんはいるかもしれませんが、

美容師側からしたら困りません。


むしろ嬉しいくらいです。


カット専門店がなくなれば、

普通の美容室で働く事になるはずです。



そうなれば、

普通の美容師に戻れますからね〜。



もちろん、美容室での仕事が嫌いな人もいるでしょうけどね。

(カラーや、パーマ、縮毛矯正が嫌いな美容師っていますからね〜。)




結局、

美容師も、お客さんも、オーナーも、皆がハッピーじゃなきゃダメって事です。



私は、

そういうビジネスが本物だと思っています。




ちなみに、

いま私は、

1人で小さな美容室を運営していますが、

まさに皆ハッピーですよ。




お客さんも、

美容師(私)、

オーナーも(私)。











日本政策金融公庫から500万円の借り入れに成功した話。
スクリーンショット 2019-02-21 12.37.53.png
※この記事はnote有料になります。
美容師の転職
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
image2.jpg
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。