2019年03月09日

美容師の転職先って、知れています。


美容師がもし、転職するなら・・・




私の場合、

転職というか、

美容師以外の仕事を始めたって感じです。



普通に考えて、

美容師から、

住宅の営業マンなんて絶対に無理だし、

やりたくありませんからね〜。




なぜ転職したいのか?



そもそも転職を考えているということは、

金銭的な問題があるからだと思います。




じゃあ、

美容師もやりつつ、

他の仕事をやって、

総収入を上げてみるっていうのはどうでしょうか?




私はそんな感じで総収入を上げています。


美容師以外に、

ブロガー

FXトレーダー

ネットショップオーナー

をやっています。


美容師以外は、すべてネット関係の仕事です。







私の1日の流れ



9時頃〜美容室兼事務所に行きます。

コーヒーを淹れて飲みます。

掃除をします。

ブログ記事を書きます。

ネットショップを運営しているので、売れたら商品を梱包して発送します。

平日はFXをしています。たまに相場チェックをしています。

美容室予約のLINEが来れば、対応します。

お客さんが来れば接客します。看板は出していないので飛込み客は来ません。ほぼ紹介客だけです。

16時ぐらいに帰ります。


家に帰って〜

色々して、22時頃からまたブログ記事を書きます。

26時ぐらいに寝ます。





大体、こんな感じです。





美容室は趣味です




美容師の仕事は、そこそこにしても総合して十分な収入を得ることができます。


美容師のほうが副業に近い感じです。


まあ、趣味みたいなもんですね。



美容師って毎日忙しくやり続けると楽しくないですが、

たま〜にやると結構楽しんですよ。




そんな感じで、転職を考える前に、

副業をやってみてはどうでしょうか?


っていう話でした。





美容師という保険を残しつつ、

副業を頑張る!



ぶっちゃけ、

美容師の転職先なんて知れていますからね・・・。







キャプチャ.PNG
日本政策金融公庫から500万円の借り入れに成功した話。
スクリーンショット 2019-02-21 12.37.53.png
※この記事はnote有料になります。
美容師の転職
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
image2.jpg
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。