2019年02月08日

美容師志望の高校2年生の女性からお悩みメッセージが届きました。




こんなメールを貰いました。




「私は、今 高校3年生です。

将来、なんとなく美容師になりたいと思っています。


しかし、美容師さんの将来性や給料面で不安があります。


また、本当に自分が美容師をやりたいのか?と聞かれれば微妙です。

本当に、何となく美容師に憧れている程度です。



髪の毛を染めたり、色々なヘアスタイルに出来たり、自分の好きな服装で仕事が出来るという部分が魅力だという事は自分でも分かっています。




親からは大学に行きなさいと言われています。


しかし、大学に行っても学びたい事はありません。



そして、親からはどうせ辞めるんだから美容学校は無理。

お金が掛かるから。


と言われています。




私も正直言ってどうしていいのか分かりません。


何かアドバイスを頂けたら嬉しいです。」





こんな感じのメールが来た訳です。


※一部 変更しています。






まあ〜、私が親でも美容師になる事はおすすめしませんね。



今の美容業界の現状から言って、

勧められる業界、職業では無いからです。



やっぱり、

低賃金、

不安定、

社会保障無し、

有給無し、

育休無し、

ボーナス無し、

退職金無し、

独立しても成功は難しい、

手荒れする、

人間関係が面倒くさい、

変なお客さんも相手にしないといけない、

残業代出ない、


等々、色々と考えてしまいます・・・。




自分の髪の毛を自由にいじれて楽しいのって、

結局20代前半だけで、

30代になれば興味なんて失います。


よっぽど意識が高い美容師でもない限り。

(いくら美容師でも30歳を過ぎて派手派手だとちょっとね・・・。)





まあでも、

夢を持っている学生にそんな事も言えませんからね・・・。



難しい所ですが。



※この記事を読んでくれると、言いたい事が雰囲気で伝わると思います。

タグ:転職 美容師
日本政策金融公庫から500万円の借り入れに成功した話。
スクリーンショット 2019-02-21 12.37.53.png
※この記事はnote有料になります。
美容師の転職
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
image2.jpg
日別アーカイブ
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。