2019年01月09日

カット専門店をやるくらいなら、ヘッドスパ専門店を始めたほうが絶対に良い!


今からカット専門店を始めてもダメって話ですよ。


そりゃ〜20年前だったら良かったでしょう〜。


儲かったでしょうね。




今のQBハウスみたいになっていたかもしれませんからね。



でももう遅いです。



先行者優位ですからね。



完全にレッドオーシャンです。



カット専門店なんて珍しくありませんしね。




都会だったら、その辺にあります。



で、やっていることは同じ。



そりゃ〜、カットする美容師、理容師のレベルは違いますよ。



しかし、お客さんには分かりませんから〜。


分かったとしても、千円カットなのでどうしようもありません。




基本的には指名も出来ないし。(カットする順番を自分でずれながら調節することは出来ますけどね。)



それにカット専門店の規模を大きくすることも難しくなってきました。



普通の美容室でもスタッフが集まらない状況。



それなのに、何が嬉しくてカット専門店、千円カットに行きますか?って話です。



美容師側も知っていますからね。



カット専門店が辛いことを。



そして給料もそれほど高くないことも。





そんな状況では店舗拡大なんて無理。


人が集まらなきゃカット専門店は出来ませんからね。






「じゃあ一人でやればどう?」



って言われたことがあります。



う〜ん



完全に消耗戦。




体が持ちません。



頑張ればそれなりに売上をあげることができるかもしれませんが、

結局、こなせる客数も限りられていますしね。




そしてその出店場所が田舎なら更に厳しい。



なぜなら人口が少ないから。



カット専門店は数をこなしてなんぼの世界ですからね。





このように考えると、カット専門店の開業がいかに無謀かってことが分かると思います。





カット専門店を始めるくらいなら、

ヘッドスパ専門店を始めたほうが良いくらいですよ。




そちらのほうが儲かりますからね。



単価もそれなりに高くなりますしね。




日本政策金融公庫から500万円の借り入れに成功した話。
スクリーンショット 2019-02-21 12.37.53.png
※この記事はnote有料になります。
美容師の転職
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
image2.jpg
日別アーカイブ
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。