2018年08月24日

これからの美容室業界は本当の面貸しサロンが日本を席巻する!全ての美容師がフリーランスとして働く様になるんです。




失敗しない美容室経営をする為に、

可能な限り開業資金は低く抑えるべきだと考えます。



失敗しない美容室開業BOOK





そういう自分も150万円で美容室を開業した実績があります。





いきなり大きな借金をして1000万円の美容室を作っても、

お客さんが来なかったらどうするんですか?




本当に怖いな〜と思いますよ。



1000万円のお店を作ったからと言って、

多くのお客さんが来てくれるとも限らないのに。




まあ、お店を作る時って潤沢に現金があるから、

お金をかけちゃうんですよね〜。



気持ちはわかりますが・・・。




ちなみに1000万円の借金をした場合だと、

月々の返済は20万円ほどでしょうか。



大体、5年で返す計算。


もちろん利息も付いて来ます。





20万円の返済って、

相当繁盛していないと厳しい数字ですからね。



また、

返済以外にも毎月多くの出費がありますしね。



家賃

光熱費

広告費

人を雇うなら人件費

材料費


などなど。



1000万円規模の美容室だと、

それなりに維持管理費がかかりますからね〜。




本当によっぽど太いお客さんを数多く抱えて独立しなければ、

難しいですよ。




まあ・・・



1年ほどでお店を畳んでいった美容師を数多く見て来たんですが。



美容室が、

できては潰れ、

できては潰れ。



繰り返します。



生き残って行くのは、

大手か、

オーナー美容師一人でやっている小さな美容室。




個人が美容師を雇って運営していける様な時代でもなくなって来ましたからね。




さらに、

これからは確実に本当の面貸しサロンが流行しだします。



今ある面貸しサロンは、

なんちゃって面貸しサロンですからね。


完全にブラックなやり方ですからね〜。

時間拘束あり

法外な歩合率

契約書がもうめちゃくちゃ





あんなやり方をしていたらダメになる事ぐらい誰にでもわかります。



これからは、本当の面貸しサロンです。



ちなみにアメリカなどではこのやり方が一般的なんですよ。




簡単にいえば、


お店側(美容室)が、1ヶ月数万円で美容室の1セット面を美容師に貸し出すといったイメージです。




美容師は、自由に美容室を使う事ができます。


もちろん、集客、材料管理、などは自分で行わなければいけませんけどね。



あと数年でこのやり方が一般化されますかね〜。




もう、美容師を雇って、教育して、な〜んて時代は無くなります。





さあ、あなたはどちら側になりますか?



面貸し美容室の運営側ですか?

それとも美容室のセット面を借りる美容師側ですか?



現場で使える毛髪科学 美容師のケミ会話





image2.jpg
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。