[広告リンク] 安心の素材・美味しい料理・生活に必要な用品が玄関先に届きます【パルシステム】

2018年01月16日

関西おだしでお茶漬けを作ろう!

テレビで見た、雑誌に載っていた、とご覧いただいたことのある方もいらっしゃるかもしれません。
大阪府の北の方にある豊中市と大阪市で人気の関西おだし専門店・だし茶漬けの店とすき焼きの店を展開している関西おだし専門店のだし蔵の関西おだしです。

関西おだしを一言で言えば、本格的なだしを簡単に使うことができるということでしょうか。本物のだしをすぐに使える!化学調味料と保存料を使っていない無添加のだしパックです。真昆布、鰹節、雑節[鰹以外の魚]を使っています。


だし蔵の関西おだしお試しパック

だし蔵のホームページで、料理研究家の佐川進さんのだし自論を読んでみると、西洋の出汁「呼び名:ブイヨン、フォン」や中国の出汁「呼び名:湯(タン)」は、長い時間をかけて抽出します。しかし、日本(和食)の出汁は、数分間で抽出するということが、特に印象に残りました。
ただし、日本(和食)の場合、素材には時間をかけるという一面があるということでした。

日本には、その店独自の味の美味しいラーメンが多種多様にありますが、ラーメンのスープのだしは長い時間をかけて抽出するイメージがあります。それらのオリジナルのラーメンから、ラーメンは日本!という感覚が僕にはありますが、ラーメンの由来は中国のはずなので、だしである湯(タン)のように時間をかけると美味しいのですね!


だし蔵の関西おだしお試しパック

僕は、関西おだしを使ってお茶漬けを作ってみようと思いました。美味しそうな具材をいろいろのせて味を想像しながらお茶漬けを作ることにします。
それに納豆、卵かけご飯、半熟のゆで卵などにだしをかけるのも良いと思います。
市販のラーメン、インスタントラーメンにだしを加えると本格的な味になるかもしれません。
ひと手間かけることで本格的な味に近づくことでしょう。

関西おだしは、食のオリンピック、食のノーベル賞と言われるほどのコンクール「モンドセレクション」で銀賞を受賞しています。さらに国際味覚審査機構(ITQI)から優秀味覚賞1ツ星を受賞しています。

化学調味料・保存料・無添加
だし蔵の「関西おだし」


私ごとですが、このところ大阪・京都に縁があるようなので、こんな話をさせていただきます。
大阪は天下の台所と呼ばれていました。関西で好まれる味は、関東に比べて薄味のようです。この薄味は、京都の公家社会が始まりのようですが、趣向をこらした薄味には上品なイメージがあります。

僕なりには、上品そうな薄味にするのは、「食べる」のはほどほどに、食べる以外の感覚(周囲の光景、食器、室内、空気、人との会話・コミュニケーション、情緒、音楽だったり・・・・・)も楽しく大事にするべきだからなのかもしれない、と考えたことがあります。

それにしても関西おだしを用いたお茶漬けを作って食べるのが楽しみです !

簡単便利でしかも本格的
だし蔵の「関西おだし」
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7202566
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

無農薬・減農薬・オーガニック・無添加[広告リンク]
検索
最新記事

美味しくて体に良い素材
月別アーカイブ
ファン
人気ブログランキング
にほんブログ村 食材・宅配食材
写真ギャラリー
タグクラウド
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
プロフィール
ファーブルさんの画像
ファーブル
一人暮らしをしていた頃、近くのスーパーや食材の宅配を利用して、よく料理をしていました。また、弁当を買ったり、外食もしていました。現在は、実家暮らしですが、1日に1〜2回は自分で用意しています。 有機、無農薬、減農薬、無添加の宅配スーパーを利用していたことがあります。
プロフィール
Fabre ブログサイト
カテゴリーアーカイブ
最新コメント