検索
カテゴリーアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年06月10日

ブギーマン

夜に子供を狙う謎の妖怪

〈伝承地域〉
ヨーロッパ、アメリカ

〈特徴〉
この妖怪「ブギーマン」は男の場合が多いが、地域によっては女の場合もある。その姿は地域や目撃者によって違う。現れるときはたいてい夜で、なかなか寝ない子ども達の前に、突然現れる。現れる場所も様々だが、たいていは家の中の隠れやすいところに居る。ヨーロッパやアメリカの子ども達の間では、昔から信じられている。ブギーマンが行ういたずらは、イボを子どもに伝染させたり、タンスの中やベッドの下に隠れていて、いきなり驚かせたり、窓を引っ掻く音をたてたりといった軽いものから、時には子どもが夜遅くまで寝ない、食べることもある。
Bogeyman.jpg


posted by 麻生祇燐 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪

マーメイド

海に住む美しい女の人魚

〈伝承地域〉
世界中

〈特徴〉
「マーメイド」は、日本語で言う人魚のことである。男の人魚は「マーマン」と呼ばれる。世界中の海で目撃されており、最も有名な妖怪の一つだ。その姿は、上半身が人間で下半身が魚のことが多い。稀に、上半身が魚で下半身が人間の場合もある。人間の部分は裸で、左右2本に割れた尾びれを持った姿の場合が多い。ヨーロッパで有名なマーメイドの話に、ローレライ伝説がある。ドイツのライン川に住むローレライというマーメイドの歌声を聞くと、水に飛び込んだり、舵を取りそこねて船を沈没させてしまったりすると言われる。これは、セイレーンの仲間だとも言われている。日本では、その肉を食べると不老不死になると言われている。しかし、捕まえると海が荒れるという説もある。
mermaid.jpg


posted by 麻生祇燐 at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪

フランケンシュタイン

悲しい運命を背負った人造人間

〈伝承地域〉
ヨーロッパ

〈特徴〉
「フランケンシュタイン」は2メートル以上の巨体であり、頭の横に電気の機械のようなものが埋め込まれており、人間の死体が継ぎ接ぎされた姿をしている。性格はとても穏やかで、頭も良いので、数ヶ月で言語を覚えたりもするという。ヴィクター・フランケンシュタインという学生が作った人造人間であり、フランケンシュタインとは、怪物を生み出した人間の名前である。実は、この怪物に名前は無いのだ。この怪物は、作られて直ぐに、その醜い姿のせいで捨てられてしまう。その後も出会った人間たちから怖れられ、次第に心までもが醜い化け物となってしまい、復讐のために人間を襲うようになる。そして最後は絶望し、自殺することを選んだ。
Frankenstein.jpg


posted by 麻生祇燐 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪

2017年06月04日

キュクロプス

武器を作るのが得意な一つ目の巨人

〈伝承地域〉
ヨーロッパ

〈特徴〉
「キュクロプス」の姿はとても大きく、おでこに一つだけ目がある。人間を捕まえて食べてしまう凶暴な性格をした巨人だと言われている。オデュッセウスという英雄が、キュクロプスの棲む島を訪れたとき、キュクロプスに捕まった。そこで、持っていたワインをキュクロプスに飲ませて、酔っぱらったところで目をつぶし、無事に逃げることが出来たという伝説がある。また、キュクロプスは神様だという説もあり、鍛冶の能力にとても優れていて、ゼウスやポセイドン、ハデスなどのギリシャ神話の有名な神様たちに、様々な道具を作ったと言われている。
Cyclops.jpg


posted by 麻生祇燐 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪

砂男

砂を撒いて子供を眠らせる妖しい妖精

〈伝承地域〉
ドイツ

〈特徴〉
この妖精「砂男」は眠りを誘う妖精で、砂の入った大きな袋を背負った老人の姿をしている。若い男の場合や、姿が見えないこともある。袋の中の砂を人間に投げつけてきて、その砂が目に入ると目が開かなくなり、眠ってしまう。それでも寝ない場合は、砂男が寝るまで人間のまぶたを噛み続けると言われている。ドイツでは子供が夜に寝ないと、「砂男がやって来るぞ!」と言って子供を怖がらせて、寝かしつける習慣があったという。
sand man.jpg


posted by 麻生祇燐 at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪

バーバヤガ

臼に乗って移動するロシアのお婆さん妖怪

〈伝承地域〉
ロシア

〈特徴〉
このロシアの妖怪「バーバヤガ」は、骨と皮だけの痩せた体、足は骨しか残っていない、お婆さんの姿をしている。子供を誘拐し食べる妖怪だが、心がキレイな人間には手助けをすることもある。森の奥にある、ニワトリの足の上に建った古い一軒家に住んでいて、庭にも室内にもバーバヤガが食べた人間の骨が飾られている。細長い臼に乗り、右手の杵で移動し、左手のほうきで移動した跡を消すとも言われている。ロシアの民話によく登場する魔女のような存在であり、日本の妖怪「山姥」に近い。
Baba Yaga.jpg


posted by 麻生祇燐 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪

2017年05月28日

ケンタウロス

暴れん坊の危険な馬魔人

〈伝承地域〉
ギリシャ

〈特徴〉
「ケンタウロス」は、ギリシャ神話に登場する種族。上半身が人間で、下半身は馬という姿をしている。生肉を食べるとされており、凶暴であまり頭は良くない。野獣に近い暮らしをしている。ケンタウロスは酒が大好きで、酔っぱらうと弓矢や槍などの武器を使って大暴れするが、ギリシャ神話には「ケイローン」という名の穏やかで頭の良いケンタウロスも登場する。あるとき、ギリシャの中部に住んでいるラピタイ族の王ペイリトオスの結婚式に呼ばれたケンタウロス達が酔っぱらい、花嫁やラピタイ族の女達にからみ始めたため、ラピタイ族と戦争になった。戦いに負けたケンタウロスは、ギリシャの南の方にあるペロポネソス半島へ逃れた。
Kentauros.jpg


posted by 麻生祇燐 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪

狼男

人間の血と肉にむしゃぶりつく獣人

〈伝承地域〉
世界中

〈特徴〉
その姿は、人間と狼が半分ずつ混じり合った姿だったり、頭が狼で体が人間だったり、あるいは人間の姿だが狼の霊が取り憑いていたり、様々である。「狼女」も居て、オスかメスか分からないものも居る。「狼男」は普段は普通の人間だが、満月の夜、突然苦しみだし、爪が伸び、体から毛が生え、鋭い牙が生えて狼男の姿に変身し、人間を襲いだすとされている。中には狼男に変身しているときの記憶がなく、自分が狼男だという自覚がない人間もいるらしい。満月の夜に突然変身するため、昼に活動することはないとされている。日本の狼は滅んだため、狼男はいないようだが、狼の生きている国では、現在も狼男の目撃情報が報告されている。
wolf woman.jpg


posted by 麻生祇燐 at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪

2017年05月21日

メデューサ

目を合わせただけで人間を石にする危険な怪物

〈伝承地域〉
ギリシャ

〈特徴〉
「メデューサ」の名前は、女の支配者、女王という意味である。宝石のようにギラギラと光る目を持ち、頭にはたくさんの毒ヘビが髪の毛として生えていて、イノシシの歯、青銅の手を持つともいう、最強レベルの魔物だ。メデューサの目を見た人間は石に変わってしまうとされている。石にされてしまった人間を元に戻すには、メデューサの涙を使うしか方法がない。また、頭に生えているヘビはメドゥシアナという名前で呼ばれ、1匹でも動くことができる。男にだけ噛み付くことが可能で、女には噛み付くことはできない。元々メデューサは美少女だったが、自分の髪はギリシャ神話の女神アテーナーの髪より美しいと自惚れて、アテーナーを怒らせ、美しい顔を身の毛のよだつような顔に変えられた。そして、美しい髪も1本1本をヘビに変えられてしまった。メデューサは三姉妹の三女で、長女のステンノー、次女のエウリュアレーという姉がいるという。3人合わせて、ゴルゴーン三姉妹と呼ばれる。
medousa.jpg


posted by 麻生祇燐 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪

アラクネ

人間とクモが合体した糸を操る化け物

〈伝承地域〉
ヨーロッパ

〈特徴〉
女とクモが合体した魔物で、上半身が女、下半身がクモの場合が多い。「アラクネ」という言葉は、ギリシャ語でクモ、クモの巣を意味する。クモの糸を自由自在に操り、人間を捕まえて食い殺す。人間だった頃のアラクネは、織物が上手な職人で、世界一だと言われていた。しかし、その性格はとても自惚れ屋で、ついに織物の女神アテーナーと織物比べをすることになる。織物の女神に勝負を挑んだアラクネは、見事に織物を完成させたが、アテーナーの父ゼウスをからかうデザインだったため、アテーナーを怒らせてしまった。これにより自分の罪を認めたアラクネは、自ら死を選んだのだが、アテーナーは許すことはなく、トリカブトの汁を撒いてアラクネをクモの化物にしてしまった。
Aragne.jpg


posted by 麻生祇燐 at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ
にほんブログ村
プロフィール
麻生祇燐さんの画像
麻生祇燐
プロフィール

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。