検索
カテゴリーアーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年07月15日

イースタン航空事件の葉巻型UFO

航空機スレスレまで接近した奇妙な飛行物体

Eastern Air Lines UFO1.jpg

〔出没地〕アメリカ モンゴメリー
〔出没年〕1948年
〔形状・タイプ〕葉巻型
〔接近遭遇種別〕第1種接近遭遇
〔目撃数〕程々
〔注目ポイント〕
・直径およそ10m、長さ30m。翼などはなく、葉巻のような形状。尾部からは15mほどの炎が噴き出していた。起きていた乗客も、強烈な光を目撃したと証言している。
・この大きさを現代のものに当てはめると、人工衛星がかなり近いとされている。しかし1948年当時、人工衛星は一つも存在していない。
〔概要〕
1948年7月24日午前2時45分。アラバマ州モンゴメリーから南西に約32km付近の上空で、イースタン航空の旅客機に巨大な飛行物体が接近。もの凄い勢いで旅客機に向かって飛んできたため、急旋回して衝突を回避した。その間、10秒ほどの出来事だったという。後に、この物体を目撃した機長と副操縦士、乗客に絵を描かせたところ、数人が物体の側面に窓のような規則的なラインを描いた。このことにより、物体の中には何者かが乗っていて、それは宇宙人ではないかと考えられている。

Eastern Air Lines UFO2.jpg


posted by 麻生祇燐 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7894869
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ
にほんブログ村
プロフィール
麻生祇燐さんの画像
麻生祇燐
プロフィール

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。