検索
カテゴリーアーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年07月14日

ミシャラク事件のUFO

触れると謎の症状を引き起こす2機の飛行物体

ミシャラク事件のUFO1.jpg

〔出没地〕カナダ ファルコン湖
〔出没年〕1967年
〔形状・タイプ〕ドーム型
〔接近遭遇種別〕第2種接近遭遇
〔目撃数〕少ない
〔注目ポイント〕
・直径は10mほどで、赤く光っている。空中に浮いているものと、地面に漂着しているものの2機が目撃された。
・UFOに触れたミシャラクを27人もの医師が診察したが、誰も不調の原因を説明できなかった。しかし、様々な治療法を試し、約半年ほどで回復したという。
〔概要〕
1967年5月19日の昼。スティーブン・ミシャラクが研究のため、ファルコン湖の地質を調べていたところ、空に2機の飛行物体を目撃し、1機が近くに着陸した。その表面に手を触れると、付けていたゴム手袋は溶け、さらに機体から熱風が噴出し、着ていたTシャツも燃え始めた。ミシャラクは慌ててその場を立ち去ったが、その後、吐き気や下痢に悩まされた。現場には謎の金属片が残され、その後の調査で純度97%の銀であると判明した。この銀は、当時の技術では製造不可能なものだったため、飛行物体はUFOの可能性が高いとされた。

ミシャラク事件のUFO2.jpg


posted by 麻生祇燐 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7891822
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ
にほんブログ村
プロフィール
麻生祇燐さんの画像
麻生祇燐
プロフィール

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。