検索
カテゴリーアーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年07月08日

ソコロ事件のUFO

炎を噴き出しながら飛び去ったタマゴ型の宇宙船

ソコロ事件のUFO.jpg

〔出没地〕アメリカ ソコロなど
〔出没年〕1964年
〔形状・タイプ〕異形
〔接近遭遇種別〕第3種接近遭遇
〔目撃数〕少ない
〔注目ポイント〕
・タマゴ型で、4つの足が伸びている。側面に大きな赤いマーク。着陸地点では草が円形に焦げ、煙をあげていたという。
・UFOには、奇妙なロゴのようなものが刻まれていた。これが一体、何を意味しているのかは不明だ。
〔概要〕
1964年4月24日夕方5時45分。アメリカのソコロ警察署のロニー・ザモラ巡査は、スピード違反の車の追跡中、大きな音と共に、1kmほど先の空中に炎を見た。「ダイナマイト小屋の爆発か!?」と思ったザモラ巡査は現場へ駆けつけたが、そこにあったのは輝く奇妙な物体と、子供のような二つの人影。ザモラ巡査が近づくと人影は消え、物体は下部から炎を噴き出し飛び去った。2日後、300km北のラ・マデラでも同様の報告があったことから、ザモラ巡査の嘘とは考えにくい。だが、正体は未だ明らかになっていない。

posted by 麻生祇燐 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7869255
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ
にほんブログ村
プロフィール
麻生祇燐さんの画像
麻生祇燐
プロフィール

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。