2017年08月04日

桜井家の受験算数で難関中学に挑みましょう(下剋上算数)

中学受験テキスト 下剋上算数
 基礎編 偏差値40から55への道

 今回紹介するのは 下剋上算数(桜井信一、馬渕教室/産経新聞出版) です。

中学受験テキスト 下剋上算数 基礎編――偏差値40から55への道

新品価格
¥2,160から
(2017/8/2 17:11時点)



「下剋上受験」の続編です

 桜井信一は今話題のブログ「父娘の記念受験」や、ベストセラー「下剋上受験」の著者です。中卒の父親が娘と二人三脚で難関の桜蔭学園を目指して奮闘する姿は多くの読者の共感をよび、受験ブログランキングで1位を独走中です。同じくブログを書いている者として、うらやましくもあり、ちょっと悔しくもありますが、まあそれはさておき、本書は「下剋上受験」の続編です。桜井信一が関西の有名進学塾である馬渕教室と組んで、今までにないような算数テキストを出版しました。

算数が出来ない子のために書かれた本です

 本書は 算数を苦手とする子供 の視点に立って、子供たちがどこで躓きやすいかを分析し、「わからない所」を「わかる」ようになるまで徹底的にトレーニングしてくれる本です。問題総数はなんと 1000 問。1 日に 10 問解いて、100 日で終わるようになっています。いいですね、このボリューム。

「算数に近道なんてない。わからない所を丁寧に噛み砕きつつ、一歩一歩前進してゆくしかないのだ」

という信念が伝わってきます。やさしいところから緩やかな坂を上るように少しずつ難易度が上がるので、算数が苦手なお子さんにも無理なく学習できる構成となっています。

解く前の準備

 本書は序盤の「解く前の準備」という箇所を読むだけでも気づかされることがたくさんあります。「筆算を減らす」、「約分できるかどうかを素早く見抜く」、「計算手順に注意する」、「図をフリーハンドで描く」というようなことを心得ておくだけでも、算数を学ぶストレスが軽減されます。「算数が苦手」だと思っていた子供が、案外こういう作業手順で引っかかっていて先に進めないということがたまにあるようです。

算数が得意だった人こそ読む価値ありです

 このブログの読者さんの中には「昔から算数が得意だった」、「理工学部に在籍中」、「数学に興味があるからここにきているんだ」という人も少なからずおられるでしょう。しかし、そういう人は家庭教師をしたり、自分のお子さんを教えている時に「何でこんな簡単なことがわからんのだ?」と戸惑うことがしばしばあるようです。「算数や数学で苦労しなかった人」が「算数の苦手な子」の視点に立つことは、かなり難しいのです。ですから、お子さんを教える立場にある人はぜひ本書に目を通して、「なるほど! こういうところに躓きの原因があるのか!」と開眼して(?)、今後の指導に役立ててください。
 
posted by Blog Cat at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 数学書籍
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6558369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
Excel VBA 数学教室
数学問題集(解答付き)
こばとの数学基礎講座
下剋上算数
ベクトル解析
サッカーマティクス
Excelで学ぶ統計解析
和算的思考力
学び直し
整数論の理論と演習
大人が手こずる算数
東大生の知恵袋
フーリエ変換
インド式秒算術
Excelで学ぶ微分積分
Excel 数学シミュレーション
オイラーの贈物


ファン
最新記事
カテゴリーアーカイブ