2017年01月24日

少しずつ底が平らになります

 当ブログと姉妹サイト「数学教室」に掲載されている画像をご利用になりたい場合は
 「数学教室」および「数学実験室」の画像を使用される場合の注意事項
をお読みください。要するにご自身のサイトのどこかに「リンクを1つだけ貼ってください」ということですが、どちらの画像を使用する場合も、そのリンク先は「数学教室」にしてください。そこだけ間違わないでくださいね。

 今回は三角関数の肩に √x を乗せて

三角関数の肩に√x

という関数のグラフを描いてみます。

 三角関数^平方根.gif

 (1/2)√x の部分が関数を減衰させていきます。
 x が大きくなるにしたがって 波の谷の部分(極小値)が平らになってゆき、x 軸にべったりと張り付くようになるのが特徴です。次はこの関数に x をかけて

三角関数の√x乗

というグラフを描いてみます。

 x三角関数^平方根(拡大).gif

 x が掛かっているので、振幅はいったん大きくなりますが、すぐに (1/2)√x の寄与のほうが強くなって減衰を始めます。極小値付近が平らになってゆくのは先程の関数と同じです。
 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5857675
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
Excel VBA 数学教室
数学問題集(解答付き)
こばとの数学基礎講座
下剋上算数
ベクトル解析
サッカーマティクス
Excelで学ぶ統計解析
和算的思考力
学び直し
整数論の理論と演習
大人が手こずる算数
東大生の知恵袋
フーリエ変換
インド式秒算術
Excelで学ぶ微分積分
Excel 数学シミュレーション
オイラーの贈物


ファン
最新記事
カテゴリーアーカイブ