2016年09月22日

バスの座席の数を求めます

≫ [Amazon数学書籍] 1駅1問! 大人もハマる算数パズル

 今回も予備知識はほとんど必要ありません。
 たくさんの人に挑戦してもらいたい問題です。

問題40 バスの座席の数は? [中2★☆☆☆☆]

 乗車定員の 55 % の人が座れるバスがあります。このバスに 70 人乗ると全員座ることができますが、80 人乗ると何人かは座れなくなってしまいます。このバスの座席数はいくつですか?

[ヒント] 定員も座席数もわからない。そのうえ「何人かは座れる」という中途半端な条件が与えられていますね。「本当に解けるの?」と思われるかもしれませんが、ちゃんと解けてしまうのが数学の面白いところです。
 
≫ [Amazon書籍] メディア・バイアス(あやしい健康情報とニセ科学)

解答40(座れる人と座れない人の比率は?)

 ★1つの問題です。あまり難しく考えないことです。
 乗車定員の 55 % が座席数ということは、乗車率 100 % のときに

座れる人:座れない人 = 55:45 = 11:9

ということです。座れる人、つまり座席数は必ず整数でなくてはなりません。なので 11 の倍数となっているはずです。そして問題文の条件から

70 < 座席数 < 80

なのですから、この中で 11 の倍数は 77 だけです。よって答えは

77 席

ということになります!

試しに「エクセル、数学」で検索してみてください!

 ブログやサイトを運営していない限り、あまり知る機会のない知識ですが、ブログには大きく分けて「トップページ」と「個別記事」があります。家にたとえると「トップページ」は真正面に構える玄関のようなものです。一方でブログやサイトには色々なところに隠し通路があって、玄関を通らなくても、いわゆる検索で「個別記事」へダイレクトに中へ入ることができます。皆さんが「部分積分、公式」などと検索すると、色々な数学ブログやサイトが現れて、ほとんどの場合、その検索情報に関連する「個別記事」へ案内されることになります。
 サイトのトップページには、そのサイトの趣旨が書かれていたり、色々なページに進めるメニュー(リンク)が並んでいて、いかにも入口であることが分かるようになっているのが普通です。
 しかし、ブログのトップページというのは一見してそれが入口であるかどうかわからない仕様になっていることが多いのです。というのは、ブログというのは常に最新記事をトップページにあげて、「これが新しい記事ですよ。早く読んでくださいなー」というスタンスをとっているからです。なので、おそらく検索からこのトップページに入っても、日付などに注意を払わない限り、他のページとほとんど区別がつきません。
 で、お気に入り登録や RSS などを使用しないで、このブログのトップページを見つけるには「エクセル、数学」或いは「 Excel、数学」で検索してみてください。たぶん見つかると思います(検索ランキングは常に上下するので絶対確実とは断言できませんが)。まあ、普通にお気に入り登録してもらったほうが嬉しいですけどね。
 次回もブログやサイトの仕組みを少し話そうと思うので、「これからブログをやってみたいなー」と思う人は参考にしてみてください。数学ブログをやっている人はあまりいないので、仲間ができるといいなあと思っています。
 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5458180
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
Excel VBA 数学教室
数学問題集(解答付き)
こばとの数学基礎講座
下剋上算数
ベクトル解析
サッカーマティクス
Excelで学ぶ統計解析
和算的思考力
学び直し
整数論の理論と演習
大人が手こずる算数
東大生の知恵袋
フーリエ変換
インド式秒算術
Excelで学ぶ微分積分
Excel 数学シミュレーション
オイラーの贈物


ファン
最新記事
カテゴリーアーカイブ