2013年08月15日

楽しい算数問題で頭の体操をしましょう(大人のほうが手こずる算数 1 日 1 問)

大人のほうが手こずる算数 1 日 1 問 [すばる社/有田八洲穂]


大人のほうがてこずる算数1日1問 あなたのつまずきの石は何年生?

中古価格
¥261から
(2016/9/12 23:17時点)


 ひと昔前に話題になった『分数ができない大学生』(東洋経済新報社)の著者による算数問題集です。本書の構成は次のようになっています。

 1 章 なめてはいけない小 1 の問題
 2 章 引っ掛け注意の小 2 の問題
 3 章 急に難しくなる小 3 の問題
 4 章 「10 歳の壁を超えられるか」小 4 の問題
 5 章 落伍者も出てくる小 5 の問題
 6 章 和算的なものをおもしろく解く小 6 の問題

 見ての通り、章が進むごとに 1 学年上がるという構成になっていて、頭の体操をしながらも、「そういえば小学生の頃はこういう問題を解いていたなあ」というノスタルジーに浸れたりもします。

ほどよい感じがいいのです

 一読してみると、この問題集は「ほどよい」感じだなと思いました。いえ、ほどよいというのは、本の値段(1400 円 + 税)のことでなく、問題の難易度のこと。表題には「手こずる」と書いてありますけど、それほどでもありません。
 中学入試のような難問は載っていません。といって 10 秒で即答できるほど易しすぎるわけでもありません。難し過ぎず、易しすぎず、暇な時に「ちょっと頭の体操をしたいなあ」と気軽に開いて、 2, 3 分で 1 問解けるという手軽さなのです。

計算以外の問題が多いのが嬉しいところ

 迷路があったり、暗号文が出てきたり、計算しない問題がたくさんあるのもいいですね。著者の有田八洲穂さんも本書で書いていますが、小さな子供は計算のない問題のほうが夢中になるそうです。でも子供だけでなく、大人もやはり計算よりパズルが好きだったりしますよね! というわけで「パズル大好き」という大人の皆さんにもお勧めです。

算数や数学が得意な人は ......

 数学の難問を解くのが趣味だという人や、理工学部に通う学生さんなどには ...... ええと、ええと ...... さすがにあまり勧められませんので、もうちょっと他に何か手応えのある本がないか探してみます。折を見て『数学の本棚』にお立ち寄りください。何か掘り出し物が見つかるかもしれませんよ?
 
posted by Blog Cat at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 数学書籍
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5428143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
Excel VBA 数学教室
数学問題集(解答付き)
こばとの数学基礎講座
下剋上算数
ベクトル解析
サッカーマティクス
Excelで学ぶ統計解析
和算的思考力
学び直し
整数論の理論と演習
大人が手こずる算数
東大生の知恵袋
フーリエ変換
インド式秒算術
Excelで学ぶ微分積分
Excel 数学シミュレーション
オイラーの贈物


ファン
最新記事
カテゴリーアーカイブ