2020年03月24日

年度末

令和元年度も年度末となった。
(平成31年度とは誰も言わなくなったね)


自分が講師をしている学校も

多分に漏れず休校措置が取られ

期末試験がなくなり、

そろそろ年度も終わったようである。


ということまで4月上旬に

新学期を迎えられればという感じ


まあ時間ができたのでいろいろやっていきたい。








2020年02月23日

マスカラス

マスクが品薄である。

中華人民共和国では、

マスクをしていない人がいることで

大きなトラブルが起きているようである。


日本でも、マスクが今や必需品となっている。

「マスクがあれば大丈夫」

ということなのかもしれないが、


家に帰ってから、上着を脱ぐわけで。

上着に付着したウイルスは・・・

カバンにも付着しているのでは・・・

などと考えると、

完全に防ぐことは厳しいと思う。


もっとも、手洗い・うがいも含めて、

マスクはしないよりした方がいいだろうし、

マスクをすると

鼻の体温が上がるのと、

のどの乾燥を防げるので、

免疫の面でも効果があるという。



まあ

「ウコンの力を飲めば酔わない」

とか

「トクホを飲めば太らない」

とか言うのに比べれば

マスクの効果はあるだろう。


そんなことを思った次第である。









2020年02月16日

反省。ドラクエの話

今日はどうでもいい話。

この週末は3DSでドラクエ6を久しぶりにやり込んでしまった。

反省である。



何年も前になるが、5と6はDS版でやりこんだ。

5は人間キャラだけでなくモンスターも全部仲間にして最高レベルまで上げたし、

6も全キャラ最高レベルで全職業マスターした。




改めてぼうけんのしょを開いて確認すると

6だと職業をマスターした☆がびっしりで。

レベル99でHP・MPとも900超えてるのがちらほら。

敵も出ないのでスムーズに最後のダンジョンに向かう。

ラスボスの最終形態も1ターン、しかもマダンテ2発で終わり。




ずいぶんやり込んだんだなと思うが、

プレイ時間は5は100時間越えているが、6は71時間ちょっと。

大学受験に必要な勉強時間よりはるかに短い。

5については、なかなか仲間にならないモンスターがいたので余計に時間がかかったのだと思われる。


DSは物置にしまい、心機一転である。


ちなみに4はレベル60〜70ちょっとで止まっている。

いろいろ区切りがついたら99まで上げる作業を進めるかもしれない。

その後に、7以降もやるかも。7・8・10は一度もやったことない。

(1〜6はFC・SFCでやった。プレステを持っていないので7・8はやっていない。9は途中で挫折。10はよくわからん。11は最後の最後で挫折)


あと1〜3は3DSのダウンロード版があるのでそれは数年前にやった。

1・2は最高レベルまで上げたが、3でレベル99は正直めんどいな。






2019年12月27日

気付いたらブログ1周年

気付いたら、このブログを始めて1年が経っていた。

「こんなこと書いたっけ」という記事もある。


時々このブログのことを思い出してはいた。



さて、東大を受験する年が決まりました。

2023年2月だ。令和5年。

今の中3が大学受験を迎えるのと同じタイミングだ。

この年にしたのは、25・26日が土日になるから。

あと期間的にもこんなもんだろう、
というのもある。

片方が土曜か日曜に重なっていればどうにかなるので
前後1年ずれることもあるかもしれない。


ちなみに受験選択科目は
・地歴公民
→共通テストで日本史・倫理政経
→2次試験で地理・世界史

・理科
→共通テストで物理・化学・生物・地学から基礎2、発展1

・英語
→2次試験の一部で中国語を選択

とするつもりである。




それまでに収入における憂いを完全かつ最終的ならびに不可逆的に解決しておく。

シュリーマンに比べたらちっぽけなもんです。


大学入試共通テストの記述式や

英語民間試験の活用が延期になったのは

面倒くさいことが減ったのでよかった。


それではよいお年を。





2019年06月02日

コンフォートゾーンの変化か

今年度も収入源は非常勤講師である。

ここからの収入だけでも生活はできるが、

それが良くも悪くもぬるま湯になっており。


そんな環境が

怠け者の自分を増長させるのであつた。




が、今年度になり、

もうそろそろいいのではないか、

と思うようになった。


非常勤講師に

ものすごい違和感を

おぼえるようになったのだ。


この学校で講師を務める

自分に対する場違い感というか。



コンフォートゾーンとかいうのが

変わったのかどうかは定かでない。


今年は面倒なことも担当させられるので

単純にイヤになっただけかもしれない。






2019年06月01日

決め直し

気づいたら6月

というか令和の時代になっていた。


勉強、その他、

取り組む順序を冷静に考えてみた。


勉強ももちろん大事だが、

今は自分で稼げるようになるのがより優先されるのでは。

で、東大は・・?

とまあ、いろいろごちゃごちゃ考えて、

以下に要約。

1.
ずっと非常勤講師というわけにもいかない。
かといって専任になる気もないし。
なので、自分で稼ぐことを決心。

2.
高校の5教科全科目をマスターしたい。

3.
2より、せっかくだから東大でも受けてみるか。
目標があった方がはげみになるし。
各教科の検定試験も受ける。

4.
1・3より、自分で稼ぐようになり、
東大にも受かったら、入学する。



以上から、今年(度)の展望。願望

・早いうちに稼げるようになる。

・今やってる非常勤講師は今年度いっぱいで終わる。

(・次年度は自分で稼ぎながら、受験勉強。)


ということで、ブログ再開します。






2019年02月16日

過去問研究

国会図書館には

数年前にも

数日間通ったことがある。

そのときの目的は、

大学入試の政治経済である。


当時は学校で高校3年の

政治経済を持っていた。

日本史や世界史に比べて

政治経済受験者は少なく、

また学校側のサポートも

ほぼないので、

(どの高校も政治経済をおすすめしない理由を書くと長くなるが、原因は慶応義塾大学で選択できないということだろう)



学校に言われたわけでもなく

自発的に自担当のクラス相手に、

政経受験で希望する者には

志望大学・学部の傾向を調べて

プリントにまとめて渡すことにした。

年に数人くらい希望者がいた。


学校には赤本が置いていない

大学もあるので

国会図書館で閲覧しながら

各学部7〜10年分の過去問分析をした。



が、受験が終わっても

だれも報告に来ないので、

効果測定もできない。


自分の人徳のなさと言えばそうなのだろうが(泣

いろいろ聞くと、どうやら

全員志望校に落ちたようだ。

渡したプリントは活用されなかったようだ。


豚に真珠じゃないが

過去問分析の大切さを知らない生徒に

渡したところで意味がなかったようだ。



実際、日本史なんかでも、

どんなに遅くても夏休みまでには

志望大の過去問を見よ

と伝えるのだが、

ほとんどの生徒はやらないのだ。


政治経済の過去問分析プリントの提供は

2〜3年くらいやったと思うが

あまりにも意味がないので

もうやめることにした。

結局、この自分自身が

○○大学に合格するには

何をどれだけやればいいか

ということに詳しくなったにすぎない。

それを生徒に伝えるのが

こんなにも難しいとは。




大学受験に関しては

模試で偏差値がいくつだったとか

何判定だったということばかり

教員も生徒も気にしているが、

過去問をしっかり分析すること

の大切さも伝えた方がいいですね。



歴史能力検定という検定があって

1級日本史を受けようと思い

過去問を調べた。

公式ホームページでは

1級の難易度について

「教科書にとらわれない範囲から」

などと書いてあったので

ビビっていたが、

実際に過去問を1問1問調べたら

山川の教科書で十分行けることが分かった。



このように、過去問を知らないと

何をどこまでやったらいいかわからない。

不安にもなる。


大学受験でも同じで

教科書の太字で何点くらい取れる

太字以外で何点取れる

用語集で何点取れる、

この一問一答で何点取れる、

そういうふうに数値化していく。

合格最低点が65点なら

教科書の太字だけで50点、

欄外まで入れれば80点行けるとか、

この一問一答で90点以上とれるとか

わかってくる。


地味だが着実で確実なやり方だ。


ドラゴン堀江を見ていても

堀江氏や現役東大生も

過去問10年分くらいやれば受かる

なんて言ってる。



やるだけじゃなくて

自分は1問1問を

詳細に分析する。

さすれば何をすればいいか

がわかるので、

あとは文字通り時間の問題だ。

やる気の問題もあるけど。



こういうのって、

タダでやるとなると

ありがたみがないのかなという気もする。




いずれにせよ

ちょっとやり方を変えれば

うまくいくはずだったのに、

落ちてく生徒を見ると、

もったいないなと思う。





2019年02月12日

お前が舵を取れ

この時期になると、夕方のニュースなどでは

私立中学受験のドキュメントをやっている。


小生は

小学校のときは全く勉強しなかった。

小学校の内容は勉強しなくても

その場でできるものばかりである。


それに中学受験という選択肢を知らなかった。

私立とか公立とかの意味もわからない。

そういやクラスで1人いたかなという感じ。

今はもっと増えているそうだが。


中学校では定期試験の勉強は

けっこうやった方ではある。


だが、高校に入ってからは

3年生の夏休みまで

全く勉強しなかった。


当然、浪人である。


結果、

学校や予備校の「合格実績」に

カウントされるぐらいの

大学には受かった。



「中学受験 いつから」

で検索すると、

小3の2月から

とか出てくる。


つまり、

中学受験のために3年間

中学校の3年間

高校の3年間

合計9年間、

大学受験というゴールに向かって

勉強することになる。



一方、自分は、

小学校:ゼロ

中学校3年間

高校:半年

浪人:1年

合計4年半だ。


もちろんサボることもあるが

それは自分も彼らも同じなので無視


大まかにいえば

大学受験のための勉強は
(あるいはそれにつながる定期試験の勉強もふくめて)

中学受験者たちの半分の期間しかやらなかったことになる。



自分が教えている学校の生徒を見ても思うが、

そんだけがんばって(がんばらされて)

入学した大学を見ると

ずっこけてしまうことが多い。


やはり、何事も、自分の意志で、

自発的にやらないと身に付かない。

この学校なら鍛えてくれるだろう

と期待するのはいいが、

自分で

やらなきゃ意味ないよ

ということだ。


それに

たかが受験勉強に

そんなに時間と労力を

かけるものではないと思う。

好きでやってるならいいけど。

嫌々やっているならなおさらだ。





日本人労働者の生産性が低いのも

やりたくない仕事をやってるからだろう。

欧米の人たちからは

日本人は時間にルーズだと思われているらしい。

約束の時間を守るとか

電車が時間通りに来る

ということではなく、

ダラダラ仕事している

定時に帰ろうとしない

という意味においてだ。

確かに、連中は時間をきっちり守っている。


10億円あったら

仕事を辞める

という人がほとんど

ということからも

仕事=やりたくない

という人が多いことを示しているだろう。



個人的に専任の人から

専任になる気はないのか

と聞かれることがあるが、

なるつもりは全くない。


公立で教えている先輩からも

似たようなことを言われる。



学生時代、あれだけ

チャレンジングに生きてきた人たちが

就職活動を始める時期になったとたん

一切のチャレンジをやめて

安定に走るのは面白い。

でも理解はできる。

たぶんそっちの方が正解なのだろう。



ただ、自分の場合は

精神と身体の健康状態は

不安定になることがわかっているので

自分はそれを選択しないだけである。


もっとも

今の状態でも

生活費はまかなえるし、

安定しているといえばしている。

専任と違い、「副業」もできるしで。




2019年02月02日

ツイッター

ツイッターは苦手である。

操作が苦手というのではなく

やりにくさがある。


簡潔にいうと、

ツイッターはフロー型であり

ブログはストック型。



フローとかストックという言葉は

政治経済や現代社会の

国民所得のところで出てくるのだが、

そのイメージの通り。

詳しくは書かない。


これまた簡単にいうと、

ツイッターはフローなので、

流れてしまう。

昔のつぶやきはまず読まれない。


ブログはストックされるので、

過去の記事が普通に見つかる。

図書館のように蓄積される。


ツイッターはつぶやきなので

館内放送。その場限り。録音されない

(一応されているが、誰も再生しない)



ブログはオワコンという意見があるが、

ブログにとってかわるものが

ツイッターという意味であるのなら

それは間違いだ。

フロー型とストック型で

性格が全く違うから。


オワコンというのをどういう意味で

使うのかにもよるけど。

人気が落ちたという意味なら正しいだろうし。

役目は終わったという意味であれば

それは違うのではないかと。








受験とカネと可能性

各教科・科目において

必要だと思う参考書・問題集を

一通り書き出して、

定価を計算していったら

全部で15万円くらいになった。

ある程度絞っても

10万円くらいにはなるだろう。

もっとも、ステップを踏むごとに

少しずつ買い足していくので、

実際の金額はさらに下がる

可能性も大いにあるが。


これに加えて

Z会等の添削を受けるのであれば

その費用が追加されるし、

模試の受験料もある。

赤本等の過去問も計算に入れていない。


勉強は受験生本人の努力で

どうにかできるとか

なんだかんだ叫んだって

経済的に豊かな家庭の方が

受験に有利、というのもわかる気がする。


まあでも昔に比べたら

参考書のレベルはとても高くなっている。

予備校に行くよりは安いだろうし。


メディアも発達した。

音声のくり返し再生はもちろん

倍速再生も普通にできる。


相応の努力をすれば、

東大合格のすそ野とか可能性は

かなり広がっているのだろうね。

あとは時間が問題。

何年かけてでも受かってやる

というのではなく、

現役とか一浪までの間で

合格できるってのは流石だと思う。


あともちろん

試験時間内に解くという意味での

時間の問題もあるね。




プロフィール
イクヤマイマイさんの画像
イクヤマイマイ
高校で学習する5教科・全科目をマスターしたいと思っていますが、怠け癖が強くなかなか勉強に手を付けられずにいました。 多数の受験科目が必要な東京大学を受験し合格することをとりあえずの目標とすることで、一歩踏み出すことができたので、これを継続するためにも日々の勉強や雑感を記録していくことにしました。
プロフィール
最新記事
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タグクラウド
検索
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
ファン
最新コメント