2018年12月26日

英語の民間資格の件

2020年度(2021年1〜2月実施)

の入試システムが新しくなる一環で

民間の英語試験の活用というのがある。

東大はどうするのかということが

今年の9月に発表された。


↓こんな感じ
------
http://www.fourskills.jp/tokyo-university-news926 からの引用)

⑴活用可能な英語民間試験の成績(CEFRのA2レベル以上)を提出

⑵受験者の高校が「同等の英語力がある(CEFRのA2レベル以上)」と記入した調査書の提出

⑶障害や病気によって成績の提出ができない理由を説明した文書の提出
--------

自分の場合は

(1)で行くしかない。


いろんな媒体で記事が

出されていたが、

理解するのに時間がかかった。


CEFRのA2以上というもんだから、

CEFRという試験を受ける必要があるのかと思った。

セファールと読むらしい。

検索しまくったけど

いつ、どこで実施されているのかわからない。

そもそも日本でやっているのか?

関西地方でやっているようなページを見つけたけども。
(当方東方在住)


で、箇条書きにまとめてあった
サイトを見つけ、引用した次第。

これによると、
CEFRのA2相当以上の民間資格なら
(大学入試センターの「大学入試英語成績提供システム」の参加要件を満たしたものであれば)
どれでもよいということのようだ。

参加要件を満たしたものは以下の8つ


------
http://www.fourskills.jp/2020newtest_news20180326より引用)
・「ケンブリッジ英語検定」(ケンブリッジ大学英語検定機構)
・「英検」(日本英語検定協会)
・「GTEC」(ベネッセコーポレーション)
・「IELTS」(ブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTS Australia*)
・「TEAP」(日本英語検定協会)
・「TOEFL」(米ETS)
・「TOEIC」(国際ビジネスコミュニケーション協会)
*IDP:IELTS Australiaが実施するInternational English Language Testing
------



英検は参加要件を満たすために

1日で実施するバージョンの

英検CBTというのを導入した。

オンラインで自宅にいながら

受験できるという。


※追記
自宅で受験可能は間違い。

正しくは、試験会場に赴いて、

会場設置のコンピュータで受験。

そりゃそうですね。



毎月実施されて、

第1回は4〜7月、
第2回は8〜11月、
第3回は12〜3月

の実施で、
各回は1回のみ受験可。

つまり、4月に受けたら

5〜7月は受験不可。

なるほど。

実施級は3・準2・2級。

11月から準1級も追加。

2019年度はこれでいく
(2020年度は未定)

とのこと。


で、東大のいう

CEFRのA2以上は、

英検だと

準2級以上

になる。



大学入試で数年前に出てきた

TEAPだと、

135以上がA2相当。

TEAPについては全く知らないので

この数字が何を意味するのかもわからぬ。



とにかく、

英検準2級に合格しておけばよい

ということだけは確かなようだ。


ちなみに、

私は英検を持っていない。

中学で3級を受けたが

2次で落ちてしまった。。


大学で準1級を申し込み

準1級用の単語帳と

文法問題集も買ったが、

1日か2日で勉強をやめた。
(怠け者なので)

試験も受けなかった。



持っている資格・検定といえば

・歴史能力検定1級日本史
・江戸文化歴史検定2級
・世界遺産検定2級

ぐらいだ。

履歴書に書くとしたら

教育関係であれば

1番目を一応書いてもいいって程度だな。







この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8419794
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
イクヤマイマイさんの画像
イクヤマイマイ
高校で学習する5教科・全科目をマスターしたいと思っていますが、怠け癖が強くなかなか勉強に手を付けられずにいました。 多数の受験科目が必要な東京大学を受験し合格することをとりあえずの目標とすることで、一歩踏み出すことができたので、これを継続するためにも日々の勉強や雑感を記録していくことにしました。
プロフィール
最新記事
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タグクラウド
検索
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
ファン
最新コメント