2015年10月21日

美容と卵殻膜

卵殻膜と効果のヒミツ


NEW10年前から、
東京大学と共同研究の成果でALMADO(アルマード)
が生まれたなんて^^

1卵殻膜とは、
ゆで卵の殻をむくと白身と殻の間にあるほんの薄い皮
のことなんです。
この薄い皮を傷口に貼って直すと傷あとが硬くなら
無いという事は以前にも書きましたね。

2この薄い皮を
加工した卵殻膜ペプチドを使うと、ヒアルロン酸やコラーゲンが含まれているだけでなく
ヒアルロン酸やコラーゲンを、たくさん体の中でつくり出す
という事が東京大学共同研究の結果わかったのです
(跡見先生)東京大学名誉教授

3卵殻膜が作るのは、
赤ちゃんのような肌になれる、V型コラーゲンです。
加齢と共にV型コラーゲンが減って、潤いや弾力が失われごわごわになってしまうのです
(跡見先生)

img013-2.jpg
V型コラーゲン

4加齢と共に、白髪になり、
肌の衰えを感じてきました。
教授と言う言葉に弱い自分ですが、飲み始めました。
マスカット味の飲みやすいドリンク
です。

5そのせいか、
保湿化粧水や、オールインワンをたっぷりつけなくても、
潤いを
感じるようになりました。

6忙しい自分に
ピッタリの【飲むだけ!】を見つけ頑張っています。【人生を楽しく合理的に】を目指して(*^_^*)

7卵殻膜の働きは、
V型コラーゲンを生成・分泌して、
増やす働き
があるのです。
8V型コラーゲンは
強い再生能力があり、しみ・しわ・アトピー肌・ニキビが改善したという事例が報告されました。

       自分に合った健康、
そして美容を捜してくださる事を願います
るんるん
にほんブログ村 健康ブログ 若返りへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4315211
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Tokyo-Olympic
検索
最新コメント
ファン
プロフィール
チャ−チャさんの画像
チャ−チャ
※群馬で育ち、現在は東京で生活しています
プロフィール
写真ギャラリー
最新記事
     /

     /