2016年02月17日

Phyt's のブライトニングローション

image.jpeg

久々に大好きなPhyt'sのご紹介。


ブライトニングローションは、以前使っていた拭き取りクレンジングにもなるローションより、


乾燥肌にもいい。とお店の方全員が使用しているローションで、とてもお薦めらしく、


使っていたローションがなくなったら絶対に購入しようと思っていたので、早速お店へ行ってみました。


迷わず購入。


即試してみましたが、さらっとしたつけ心地です。



どうして乾燥肌にもいいのだろう。と、成分を調べてみると……。



まずは、アロエベラエキス、そしてセイヨウノコギリソウ油、パセリ種子油、クスノキ樹皮油、


ヒメコウジ葉油、ニンジン種子油などなど。


アロエベラは保湿効果があり、パセリ種子油は血流を良くしお肌の調子を整える役割があります。


ニンジン種子油は肌の弾力を高め発色を良くしてくれます。


たくさんのナチュラル成分が含まれている上に、油分を豊富に配合しているから潤うんですね。


100%ナチュラル成分を使用していますが、そのうちの10%がオーガニック成分で、


お肌にも優しいし、嬉しい〜。


オーガニックコスメ認証の『COSMEBIO


100%合成物質がないかと言われたらそうではありません。


化粧水を使い切るのが1週間くらいなら保存料なしで使い切れるので、


100%ナチュラル、オーガニックでもOKですが、


一般的に販売するには、多少なりとも合成保存料も致し方ありません。


そんなに気にする量は入っていないので、ご安心を。


Phyt'sの化粧水は、どれを使っても私のお肌に合います。


簡単なお化粧なら、クレンジングとしてもお使いいただけるそうです。


使えるローションですね〜!!!


ぜひ使ってみてください。。








ローラプロデュースのスイーツ「ガトーショコラ」


2016年01月28日

Laveraのグロス

最近気に入って「Lavera」シリーズばかり使用しています。


オーガニック先進国のドイツではとても人気があり、


かつ、日常どこででも目にするオーガニックスキンケアブランドですので、


一般的に安心な製品と認識されています。



というよりは、日本に比べて、ヨーロッパでは日常的にオーガニック製品、Bio食品があふれていますので、


当たり前なのです。

image.jpeg


このグロスの色は、Rosy sorbetといって唇ににのせると薄めのピンクになります。

使い心地は、至って普通のグロスと変わりありません。


なのに発色も伸びもいいです。


主な成分は、シアバター、オリーブ油、ミツロウ、ホホバオイル、ヤシ油、ヒマワリ油などなど、オイルタップリです。


乾燥肌だった私のお肌も、これらのオーガニック製品を使いだしてから潤うようになりました。


体が喜んでくれてるのを感じることのできるオーガニック製品を継続して使って、みなさんもハッピーライフを感じて下さい。



2016年01月18日

Lavera のクリーム

Lavera のシリーズも大好きでよく使っています。


とっても伸びがよく、スムーズに浸透してべたつき感もさほどありません。


image.jpeg


オーガニックホホバオイルと、オーガニックアロエベラエキスが配合されたクリームで


香りがきつくなく今のところお肌もしっとりとしていい感じです。



ドイツのオーガニック認証機関のveganNatrueなどの認定をうけた原料を使用しているので、


ナチュラル志向の方にはLavera は、リーズナブルだしオススメです。


主な成分は、ホホバオイル、アーモンド油、ヒマワリ油、アロエベラエキス、ダイズ油など、


オーガニックの原料を使用した油分がたっぷり含まれているので潤いを与えてくれます。


ヨーロッパのように、普通のドラッグストアにBio製品を置いてほしいですね。

2016年01月07日

オーガニックのリップクリーム

とても保湿力のあるリップクリームを見つけました。


Avalon organicsという、アメリカのオーガニックブランドです。


image.jpeg


バニラとローズマリーの組み合わせで、つけた瞬間から潤います。


香りもバニラでとってもウキウキします。


値段も1000円以下ととてもリーズナブルな上に、


ナチュラル成分100%だそうです。


USDAオーガニックという米国農務省の認証を得ているので、


原料は、厳正な審査を通過した選りすぐられたものを使っているということですね。


ヨーロッパやオーストラリアなどは、オーガニック先進国で知られていますが、


アメリカは、オーガニックに関してはうといイメージを勝手に持っていましたが、


このリップのおかげで私の中の認知度が上がりました。


主な成分は、ヤシ油、オリーブ果実油、ミツロウ、ホホバオイル、シアバター、ローズマリー葉油、ヒマワリ種子油など、


油分たっぷり、オーガニック成分たっぷり。


4種類くらい香りの組み合わせがあるので、他も試してみます。

2015年12月22日

Phyt's のゴマージュ

ナチュラル成分100%でできたスキンケアブランドのPhyt's

image.jpeg


ゴマージュは、日常あまり使用しませんが、



少し乾燥する季節になった為使ってみました。



洗顔後の乾いたお肌にゆっくりクルクル円を描きながらマッサージしていきます。


目の周りを避けてなじませていったら、お肌の熱でゆるんできます。


そうしたらぬるま湯で流していきます。



とても潤う感じはありませんが、突っ張る感じもありません。



オーガニックのスキンケアを使ってからというもの、


お肌が自力で回復しようと治癒力が上がっている気がします。


朝のお化粧のノリが少しだけ違うのを感じました。



ただそれは、ゴマージュした翌日だけなのかもしれませんので、



時間を見つけて続けていけたらいいな〜と思います。



主な成分は、ヒマワリ油、イランイラン油、ラバンドュラハイブリダ油、チョウジツボミ油など油分が多いのが特徴です。


BIOマークがついていて、肌には安心。



でも、私はあまり保湿できた実感が得られませんでした。残念。

2015年12月09日

Logona のハンドクリーム

Logonaのシリーズは、最近とても重宝しています。


ドイツでも有名ですが、ヨーロッパではとてもメジャーなオーガニックブランドです。


今回は、オーガニックのハンドクリームをご紹介致します。


image.jpeg

アロエベラとバーベナ配合のハンドクリームは、


最初手の甲に広げるとベッタリした感じです。


ゆっくり馴染ませていくと、すーっと乾いていきます。


なので、ベタつき感なく快適です。


しっとりといった感じではないので、保湿力的には少し物足りない感じですね。



シアバターやアロエベラエキスが配合されているので、潤いはタップリと浸透していきます。


このハンドクリーム、ECO CONTROLの認証を受けていたり、Bioマークを表示することを許されていたり、


自然の材料を意識しているだけでなく、安全にも気を配った製品といえます。


主な成分は、パーム油、シアバター、アロエベラエキス、ホホバ種子油、カミツレ花エキスなどです。


Logonaは、オーガニックなのに他と比べてリーズナブルなのが嬉しい。


1500円前後で手に入ります。


是非お試しください。

2015年11月26日

Phyt'sのBIOフェイスクリーム

大好きなPhyt's のシリーズ。


image.jpeg



Phyt'ssima というアンチエイジングのシリーズで、


乾燥用もしくは、超乾燥用のタイプのオーガニック成分配合のクリームです。


100%自然由来の原料を使っていて、BIOマークもついていて安心。


でも使ってみて、自分に合うのかどうかが一番大事です。



Phyt'sであっても、私は、あの有名なクレンジングが合わなかったのです。


だから、ウワサやレビューではその商品の価値は決めません。



このクリームは、つけ始めは伸びが悪くベッタリした感触ですが、


お肌にゆっくりなじませていくと、お肌の温度で伸びていき、


もっちりした付け心地に変化していきます。



主な成分は、ヒマワリ油アサ種子油シアバターミツロウ、カオリンなどです。



開封後4日間が消費期限となっているので、保存料も入っていないのでしょう。


少量で、とてもいい感じです。



2015年11月13日

Logonaのオーガニックシャンプー

今回は、初めて使う商品をご紹介します。



Logona のシャンプーです。


image.jpg


ボリュームを出したい髪用のタイプを選びました。


いつも使っている「ジョバンニ」のシャンプーもそうですが、


とても指通りの良い仕上がりで、1回で気に入りました。


しっとりやサラサラタイプなどは合わないので、ボリュームアップのシャンプーは見つけたらすぐに試してみます。


Natrue というオーガニック認証機関の認定を受けていて、


化学合成の香料、防腐剤、色素は一切使用していません。


ドイツのオーガニックスキンケアやヘアケアは、現地のドラッグストアで簡単に手に入るのでとてもリーズナブル。


日本は、まだまだオーガニック後進国で残念です。


健康に対する意識と、実際に使用する製品とでは反比例しています。


もう少し、日常的に使える価格にして欲しいですね。


主な成分は、ビールはちみつ、トウキンセンカ花エキス、小麦ふすまエキス、ヤシ油アルキルグルコシドなどです。



ビールは、髪にハリとコシを与えるそうです。びっくりですね〜!!!!!!!!!


250mlで、2000円位ですが、とってもいい感じの使い心地です。



シャンプーは一度気に入ったら変えにくいので、



冒険して初めて手に取ってみてよかったな〜と実感しています。



お薦めです。


2015年10月22日

Logona のリップクリーム

最近晴天が続き、お肌が乾燥してきましたが、


そんな時一番乾燥するのが、唇です。


以前は、ナチュラル成分100% phyt's のリップクリームを使っていましたが、


切らしてしまったのですぐに近所のオーガニック専門店へ駆け込みました。


購入したのは、「LOGONA」のリップクリーム。


image.jpg



ドイツのオーガニックブランドで有名です。


Natrue の認証を受けた商品で、



その他にも、ドイツを代表するエコメーカーが中心になって作った認定機関


Ecoコントロール」の認証も得ています。


これらの基準はとても厳しく、70%以上の自然原料を使わなくてはならなかったり、


遺伝子組み換え植物や有機体からの原料は含まれていなかったり、製造過程も色々な制限があったり。


そうしてできた製品なので、正しく使用すれば、肌が喜んでくれます。


べたつかず、ほどよく潤う感じ。



image.jpg



とっても保湿性に優れているかといえば、まだ実感はありませんが、


乾燥は、断然防げています。


Phyt'sの方が、香りも保湿力も優れていると感じたかなひらめき



主な成分は、ホホバオイル、ヒマシ油、ミツロウ、コムギ胚芽油、ヒマワリ種子油など。


とてもリーズナブルなので、真冬というよりは季節の変わり目にいいかもしれません!!!


試してみてください。




2015年10月14日

AKANEのオーガニックイドラントクリーム

フランスのドラッグストアで初めて購入したオーガニックスキンケアクリーム「AKANE



image.jpg



Ecocert 認証のオーガニックイドラントクリームです。


ECOCERT(エコサート)とは、1991年に設立された、フランスのトゥールーズに本拠地を置く世界最大規模のオーガニック(有機)認証機関です。


認証を行っている国は85カ国以上、認証件数は45.000件に及び、オーガニックの世界基準ともいわれているだけあって、この認証を受けている商品はとても信頼があると言えるでしょう。



このAKANE のクリームは、テクスチャーがしっかりしていて固形に近く、



よく塗り広げなくてはいけません。



その代わり、ベタつきはほぼ無く、3、4時間は肌がみずみずしいまま。と注意書きにあります。



しっかり覆ってプロテクトしてくれる感じです。



香りは、リンゴのような爽やかな感じです。



まだ使い始めて間もないので、肌にどのくらい効果があるかわかりませんが、



わたし的に、べたつかないのが嬉しいです。



主な成分は、バラ科のアーモンド油、オオムギエキス、ヒアルロン酸などなど。



フランスでもあまり聞かないオーガニックのスキンケアブランドですが、




とてもリーズナブルなので肌に合うといいな〜と今から楽しみです。


ベストコスメ受賞多数!化粧水前使用で、うるおい肌へ | オーガニックコスメ Melvita ビオオイル アルガンオイル お薦めクレンジング
ファン
検索
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
★フランスを始め、ヨーロッパ各地で買い付けた雑貨やアンティークの品々をネットで販売しております。 ご覧下さい。 htttp://tombeapoint7.theshop.jp Twitter → @tombe_a_point
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
RDF Site Summary