2016年09月24日

フランスSANOFLOREのオーガニック化粧水

image.jpeg


フランスのファーマシー(薬局)では、頻繁に見かけるこちらのラインナップ。


"SANOFLORE"


ECOCERT という、フランスのオーガニック認証機関の認証を得た製品ですので、


選びやすいと思います。


更に、Bioマークも。


ラヴェンダーの香りで、シュッと顔にふりかけるタイプ。


しっとりというよりサッパリとする感じ。


脂性肌やニキビケア用で、というタイプのようですが、


私はどちらかというと乾燥肌。。。


まあ、しっとり感にはかけますが、何とか夕方までは保っています。


主な成分は、ラヴェンダーの花水(99%)


大好きなラヴェンダーで、つけている時も心地いいです。


お好きな香りで選んでみて下さい。





2016年09月12日

オーガニッククリームJONZAC

フランス滞在中に初めてBIOスーパーで手にしたJONZACシリーズ。

とてもしっとりするから、お薦め!!!


と,紹介されたので購入してみました。

image.jpeg


朝晩使えて、化粧下地にまで有効なオーガニッククリームです。


シアバターヒマワリ種子油など、油分たっぷりでお肌が手のひらに吸い付く感じもっちりします。



Bioコスメ認証のクリームは、つけ心地がもっちりしっとりします。


前回紹介したセラムをこのクリームの後に使用しています。(少しずつシミが薄くなったような気がします。)



普通肌または、乾燥肌用です。



少量でもぷるんとしたお肌になるので、重宝します。



フランスのオーガニック100%コスメブランド コディナ【アルガンオイル】


2016年08月24日

フランスのオーガニックセラム

全然知らなかったオーガニックのクリーム。


フランスではとても有名なのだそうです。


パリ6区でBioの製品だけ取り扱っているお店で出会いました。


ビーチに毎日出かけていた私の肌は、水分が不足状態。


そんな私の肌は、水分を補充してあげなくてはいけないそうで、


こちらを薦められました。


Florame」のアンチエイジングセラム。

image.jpeg

アルガンオイルのようなオイル系で、つけた後は若干ベタベタしますが、


翌日の肌の潤いは凄いです。


シミに特化したセラムで、今後、日焼けでできたシミが果たして本当に消えるのか楽しみです。


また、結果はご報告致します。



主な成分は、ヒマワリ種子油、アプリコット油、アルガンオイルなど種子油系がとても多く配分されています。


また、オーガニック認証機関である、「ECOCERT 」やBIOコスメの認証も受けています。



朝、晩使用しています。


シミが消えていくのかが、本当に楽しみ。




フランスのオーガニック100%コスメブランド コディナ【アルガンオイル】

2016年08月09日

Bio Beauté by NUXE の日焼け止めクリーム

フランスの日差しは、日本よりも強い感じがしますね〜。


ということで、オーガニックの日焼け止めをご紹介致します。


image.jpeg


SPF50で、より日差しをシャットアウトしてくれるというBio Beauté の優れもの。


買った時には既に遅し、真っ黒になってました、私。。。


それでも、つけた方がいいです。


どんなタイプのお肌にも対応の100%ミネラルサンスクリーン。


Bioマークがついています。


お顔中心につけますが、少し白くなります。


あまり好きではないタイプのクリームですが、何時間かすると違和感がなくなります。


ECOCERT という、フランスのオーガニック認証機関の認証を得ているクリームです。


主な成分は、シアバターマンゴー果肉油ココナッツ油など。


ミネラルと油分に優れたオーガニック日焼け止めクリームです。


こまめに塗り直しましょう!!!

2016年07月18日

Logona のデイクリーム

ドイツのオーガニックスキンケアシリーズで、試供品を頂きましたので、


使い心地をご紹介。


image.jpeg

エイジプロテクション デイクリームは、ヒッポファンというオレンジ色の身から採れる、


ビタミンCやフラボノイドなどの抗酸化物質をたくさん含んだクリームです。


このヒッポファンは、身の部分のみならず、葉に含まれるアンチエイジング成分も注目されています。


クリームの香りは、何とも草木の独特な香りがしますが、


潤いが半端ではないです。


オーガニック成分としては、ダイズ油、ブロッコリ種子油、シアバター、


ホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油、アロエベラエキス、ヒマワリ種子油
などなど。


どれをとっても保湿に優れたものばかり。


ドイツの厳しいオーガニック認証機関「NATRUE」や、「BDIH」 の審査を通過し、


安全性にも優れ、お肌にもいいと認められてきました。


少量でも保湿力があるので、重宝すると思います。


ですが、保存料が入っていない分早めに消費しないと。。。


という、デメリットもあります。


惜しみなくたっぷりつけて、消費しましょう。

2016年06月30日

Laveraのオーガニッククリーム

ドイツのオーガニックスキンケアは、本当に私には最適。


お肌にとっても優しく、自然に馴染みます。


Natural 成分たっぷりで作られているから、拒否反応がまったくありません。


今回も、lavera のシリーズで、クリームをご紹介致します。


image.jpeg


保湿成分たっぷりで、伸びの良いクリーム。


アーモンドオイルは、抗炎症鎮静作用があり、


ホホバオイルは、乾燥を和らげ肌を落ち着かせてくれます。


また、ショレアバターは、乾燥を防ぎ弾力性を高めてくれ張りのあるお肌に導いてくれます。


手のひらにくっついてくる感じのもっちり感が実感できます。


VeganNatrue という、オーガニック認証機関の認証を受け、


お肌に負担なく、安全安心にお使いいただけるというお墨付き。


Natrue というオーガニック認証機関は、ナチュラル原料の基準を厳しくチェックする機関で、


認証を受けるだけでもとても大変な過程を通過しなくてはなりません。



主な成分は、オリーブオイルホホバ種オイルアーモンドオイル、シアバター、ヒマワリ種オイル、プライムローズオイルなど。


保湿力に優れた自然原料を惜しみなく使っているのが嬉しいですね。



私は、夜用で使用しています。

2016年06月24日

フランスのBIO石けん

フランスで必ず購入する、オーガニックの石けん。

image.jpeg

こちらは、ラベンダーの香りのBIO石鹸です。


Savon de Marseille は、南仏にいればどこでも手に入れることができますが、


Bioのものは、限られたお店でしか手に入れることができません。


一度に色んな香りの石鹸を購入しますが、


このココナッツの香りは南仏らしくなく、でも気に入っています



image.jpeg



置いているだけで、お部屋が南国♪♪♪



主な成分は、アルガンオイルで、とても潤います。


手や体を洗うだけではなくて、お顔にも使っています。



お値段も日本円で300円弱です。


お薦めです。

2016年06月22日

Logonaのオーガニックハーバルトナー

Logonaの化粧水は、日本でも少しずつお店に並ぶようになってきましたが、


店員さん曰く、まだまだ日本人のオーガニック意識が低いとのことで、


店頭に並べたくても難しいのが現状です。


と嘆いてらっしゃいました。


一気に揃えなくても、少しずつ変えていけばいいと思います。


私はとりあえず、オーガニックの中でもローズの香りが好きなので、


こちらを購入してみました


image.jpeg

アロエとローズの組み合わせなので、保湿もでき香りも良く、お肌にもナチュラルに馴染む。



私の肌質がどちらかというと乾燥肌よりなので、この化粧水はつけ心地としてさっぱりに近いので物足りません。

が、肌的には、カサカサするわけでもなく、季節の変わり目を、難なくやり過ごしてくれています。


オーガニック認証機関のNatrue やBIOなど、ドイツのナチュラルスキンケアならではの認証を受けています。


いつも私は申し上げているのですが、


オーガニックだからokだとか、認証を受けているから大丈夫だとか、鵜呑みにしないことですね。


実際に使ってみて、自分のお肌に聞いてみるのが1番です。



主な成分は、ダマスクバラ花水、アロエベラエキス、ダマスクローズエキス、ノバラエキスなどです。


夏なので、あまりベトつかなくて保湿をしっかりしてくれるので季節によって使い分けるのもいいですね。


2016年05月27日

Mervitaの保湿クリーム

image.jpeg

Mervitaの乾燥肌用、敏感肌用クリームをフランスにて購入してまいりました。


3種類のハチミツを配合した、とっても潤うオーガニッククリーム。


保湿に優れていてベタつき感がさほどありません。


夜はもちろん、朝も使っています。


そして、Bioマークでお馴染みの 「COSMÉTIQUES BIO」という、オーガニック認証を取得しています。


フランス認定機関ECOCERTにて、ある一定基準を満たしたオーガニックコスメのみに与えられる認証マークです。



全体の95%以上はナチュラル成分(内10%はオーガニック原料)植物油の95%以上はオーガニックであること、これらを完全にクリアしたコスメ商品のみに付けられます。また、農家や工場など生産ラインがecocertにより認定を取得して初めてBIOマーク添付が認められます。



主な成分は、ハチミツ(アカシア、オレンジの花、タイム)、ヒマワリ種子油、シアバター、ホホバオイルなど。


自然の保湿がたくさん含まれています。


香りはほんのりとする程度。



オーガ ニック生活に切り替えて、アラフォーとは自分でも認識しないくらいのお肌に成長しました。


お肌が喜ぶ感じを皆様も実感してください。

2016年04月08日

Avalon Organics のアロエチェリーリップクリーム

以前にもご紹介した、Avalon Organics のリップは、


他の香りを購入してみました。


image.jpeg


くちびるの上にリップクリームを塗ると、チェリーの甘い香りが漂います。


image.jpeg


そして、なんと言っても、アロエの潤い。



オーガニックバームは、結構色々試しましたが、意外にもアメリカのこの製品が私に合いました。


USDA傘下の全米オーガニックプログラムという制度により、認証を受けています。


95%以上がオーガニック原料でできていることや、100%有機栽培で育てられた原料を使っていることなど、


厳しい基準をクリアした原料で作られているので、安全かつ安心してお使いいただくことができるでしょう。


主な成分は、オリーブ油、ヤシ油、ホホバ油、ミツロウ、シアバター、ヒマワリ種子油です。





くちびるにのせる、リップ類は、どうしても体内に入る可能性が高い化粧品です。


がゆえに、安心・安全なものを使うよう心がけています。


みなさまも、今お使いのスキンケアを少しづつ、オーガニックや100%植物原料などに変えてみましょう。


体やお肌の調子が、みるみる変化するのが実感できます。
ベストコスメ受賞多数!化粧水前使用で、うるおい肌へ | オーガニックコスメ Melvita ビオオイル アルガンオイル お薦めクレンジング
ファン
検索
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
★フランスを始め、ヨーロッパ各地で買い付けた雑貨やアンティークの品々をネットで販売しております。 ご覧下さい。 htttp://tombeapoint7.theshop.jp Twitter → @tombe_a_point
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
RDF Site Summary