2019年12月05日

FX超入門12 〜「スプレッド」とは? 業界最狭水準? "最強"の間違いじゃないの? 取引の実際(その6)〜


こんにちは (^^)/

今回は、
「スプレッド」
についてお話ししようと思います。

「業界最狭水準スプレッド 0.2 銭!」
みたいなウリ文句、よく見かけませんか?

でもこの表現、初めて見たら、
「最狭? え? 最狭? …最強のまちがい?」
そう思ったりしませんでしたか?

実は、、、私自身、初めて目にしたとき、
そう思ってしまいました(笑)。
(;^ω^)

しかも、「銭」なんて「普段使わない単位」も出てきて、初心者からすれば、

「業界最狭水準スプレッド 0.2 銭!」
なんて表現が、
「どうしてウリになるんだろう?」

「う〜む。よくわからないなあ」って感じになっちゃいますよね。

麦さん_168573_320x432.jpg

スプレッドって何ですか?
(;^ω^)

「スプレッドとは何か」を簡単に言うと、

取引通貨を
「買うときの値段」
と、
「売るときの値段」
の間には差があり


その「買値と売値の差」を「スプレッド」と言っているんです。

また、

「買値」>「売値」

必ずこの関係になっています。

ですから、スプレッド 0.2 銭というのは、

「買値」−「売値」=「0.2 銭」

という意味になります。

また、

「スプレッドの額が小さい」
      ↓
「買値」と「売値」の「値幅が狭い」

という事で、「業界”最狭”水準」という売り文句になっていたんです。

尚、「スプレッド」は
「1通貨あたりの額」
を言っていますので、
実際の額は「取引通貨数量との掛け算になる」と覚えておきましょう。

ちなみに「銭」ってどんな単位?
(;^ω^)

さて、「銭」ですね。

「円」より小さい単位だってことは皆さんお分かりですよね?

でも、「1円 って 何銭 だっけ?」って聞かれると「うっ」ってなりませんか?

1円 = 100 銭

言い換えると、

0.01 円 = 1銭

です。

ってことは、
「業界最狭水準スプレッド 0.2 銭!」の「0.2 銭」は、

「0.2 銭」= 「0.002 円」

という事になりますね。

どうしてそんな金額が問題なの?
(;^ω^)

「0.2 銭」= 「0.002 円」とだけ聞くと、

どうしてそんな金額が問題なの?

と思ってしまいがちですが、
実際に取引する通貨数を考えてみると、
なるほど!と思うはずです。

「取引単位:1万 通貨/Lot」 で考えてみましょう。

1Lotあたり、0.2 銭 x 1万 通貨 = 2,000 銭
つまり、「20円」になります。

一回の売買で「1Lotあたり20円」は必ず取られるという事です。

例えば、10 Lot の売買を、一日に10回行ったとします。

10 Lot x 20 円 x 10 回 = 2,000 円

になりますね。

もし、これが100 Lot 運用だったなら 2万円になります!

ほら!無視できないですよね!

実際に取引してみると
「スプレッド」は、やはり気になる

(;^ω^)

ある1日の「USD/JPY(米ドル/円)の値動き」を見てみましょう。
(クリックすると拡大できます。見づらくてすみませんm(__)m)

ある日の_USD_JPYトレンド1.png

丸一日で、0.3 円未満しか動いていません。
実際の取引では、多くの場合、こんな狭い範囲で勝負しなきゃならないのが普通です。

あとからこのトレンドグラフを見れば、水色で〇を付けたみたいに、

「ここで売って、ここで買えばよかったな」とか、
「ここで買って、ここで売ってれば…」

とか言えるんですけど、はっきり言って、
「こんなの読めるわけない」です。
(;^ω^)


実際は、短い期間の微妙な値動きを追う事になります。
例えば、下のトレンドグラフ内の「黄色枠で囲った範囲内で売買する」感覚です。
これは、さっきのトレンドグラフの一部を約1時間分で切り出したものです。

ある日の_USD_JPYトレンド2.png

このようなやり方なら、取引チャートの分析機能なんかを上手に使う事で、割と簡単に利益を出せるようになれますよ。

ただ、このグラフからもわかるように、わずか 1銭(0.01 円)前後の値動きの範囲で取引を行っていることになるので、いくら「最狭」と言っても、スプレッドは「無視できない大きな額」に感じますよね!

また、一回当たりの利益の幅が小さい分、「損切り」の判断は当然のごとく「とても重要」になってきます。

損切りをためらって判断が遅れてしまうと、それだけで「せっかくの利益があっという間に消し飛んでしまう場合がある」ということも、このグラフを見れば理解ができるかと思います。

「スプレッド」があるのはなぜ?
(;^ω^)

実は、これが、FX運営会社やその先の取引所などの実質的な利益になっているんです。

最近は、どこも、「各種手数料無料!」と言っていて、

実際にはかかるはずの、

・口座開設手数料
・口座維持手数料
・入金手数料(クイック入金手数料)
・出金手数料
・ロスカット手数料

などが、すべて無料になっていたりしますよね。

「じゃあ、FX運営側は、どこで利益を得られるの?」
って、お話なんです。

運営各社が「スプレッド最狭を大きなメリットとして謳おうとしている」という事は、他社との差別化を図る手段の一つにしたいからではありますが、見方を変えると「企業努力でコストカットして、その分を利用者に還元してくれている」ということなんですね。

だから、「スプレッド」は「最低限必要な手数料」と考えましょう。

でも、実際に資産運用する側からすると、「より狭い」に越したことはないですよね。

じゃあどうすればいいでしょう?

運営側のコストカットは今後も継続して続けていただきたいですが、
「より多くの人が投資に参加することで、より多くの Lot 数が取引される」
こうなるようにしていく事も重要だなあと感じます。

「スプレッド」は、
通貨ペアごとでも、
運営会社ごとでも 異なります!

(≧◇≦)

「業界最狭水準スプレッド 0.2 銭!」
って言っているからって、全ての通貨でそうなんだとは思わないでくださいね!


スプレッドも、「通貨ごと」「運営会社ごと」で差があります。

この点も、FX運営会社選びのポイントになるわけです。

例えばこんな感じです。

      A社 B社 C社
USD/JPY  0.2 0.3 0.2 (銭)
EUR/JPY  0.5 0.5 0.6 (銭)
AUD/JPY  0.7 0.5 0.7 (銭)
GBP/JPY  1.0 0.9 0.9 (銭)

あなたは、この場合どの会社を選びますか?


さて、今回はいかがでしたか?
お役に立てたでしょうか?

もし、内容が気に入っていただけたなら、下記ポチってもらえるとうれしいです(#^^#)





ではでは (@^^)/~~~







2019年12月01日

FX超入門11 〜「損切り」とは? FXに「感情移入は禁物」 取引の実際(その5)〜


こんにちは (^^)/

前回、Aさんの取引を例に、

「ロスカット」とは何か?
「ロスカットと証拠金の関係」

についてお伝えしました。

前回の目的は、あくまでも
「ロスカットと証拠金の関係」
を理解して頂くことでした。
なので、その点だけに絞っていました。

ですが、Aさんがとった行動の中で
「もう一つお伝えしておきたい大事な事」
があるんです。

それは、
「感情移入すべきではなかった」
という事です。

感情移入しちゃいけない!
損切りする勇気を

(`・ω・´)

Aさんの失敗の状況をもう一度、振り返ってみましょう。

ロスカット説明2_成立しません途中でロスカットされます.png

実はAさん、小遣い制の所帯持ちサラリーマン。
「小遣い全額をこっそり」証拠金につぎ込んでいたのです(;^ω^)

当然、奥さんにバレるわけにはいかないAさん。。。

しかも、預けられた証拠金は5万円だけ。
レバレッジ25倍とはいえ、取引単位は1万通貨/Lotですから、

「米ドル/円だと1Lotしか買えません」

なけなしの小遣いで保有した「貴重な」買い建玉1Lot…

なのに、まさかの読みの外れ…

当然のごとく、大きく動揺してしまいました。


感情移入は禁物1.png

そして、熱くなったAさん。

含み損を出してしまった失敗を冷静に認めることができず、「いずれ戻るはずだ!」と、なんら根拠も無い自分自身の願望にすがった結果、ロスカットされることになってしまいました。

(´;ω;`)

こんなストーリーでしたね。


ロスカット・ルールを理解していなかったことも敗因の一つですが、
本当は、「含み損に転んだ時点で早めに決済」していたら、流れは大きく変えられたんです!


感情移入は禁物2.png

このように、1ドル100円を下回り始めたところで「思い切って損切り」していたら、2度のチャンスが生まれたはずですよね!

※ちなみに「含み損の状態で決済する」ことを「損切り」と言っています。

失敗は失敗として早く認めて
「傷口が小さいうちに手当!」
そして
「次のチャンスを待つ」
これが、鉄則!

そう心に言い聞かせましょう。

そうはいっても人間ですから、実際「損切り」するとなると、メンタルがやられちゃうんですよね(;´Д`)

だから、

「取引額に対して十分な証拠金を持つこと」
「その証拠金は、あくまでも余剰金。いつなくなっても良いという位置づけのお金であること」
「建玉を持ちすぎない事」


最低限、この3点を守ることを、私は強くお勧めしたいです。
これは、メンタルを保って常に冷静な自分でいられるために必要なことだと思っています。

私は、結構ビビりなほうなので、この条件を守っていてもドキドキしてしまうんですけどね(笑)。


さて、今回はいかがでしたか?
お役に立てたでしょうか?

もし、内容が気に入っていただけたなら、下記ポチってもらえるとうれしいです(#^^#)





ではまた次回 (@^^)/~~~







2019年11月28日

FX超入門10 〜【証拠金とロスカット】ロスカットとは?  取引の実際(その4)〜


こんにちは (^^)/

麦さん_168578_320x406.jpg
さて、今回は「証拠金」の続きです!

前回までは、

(第7回)「証拠金」とは?
(第8回)「建玉」と「ポジション」とは何か?
(第9回)「枚」,「Lot」って何通貨か?

という内容でお伝えしてきました。

今回は、「ロスカット」とは何か?
そして、「ロスカットと証拠金の大事な関係」についてお話ししたいと思います。

この、「ロスカットと証拠金の関係」について、きちんと理解せずに取引を始めてしまうととっても危険です!
「知らないうちに大損している!」
なんて事にもなりかねませんので注意してくださいね (;^ω^)


今回は、少〜し長くなってしまうかもしれません (;^ω^) が、最後までお付き合いいただけると幸いです♪


Aさんが行った この取引、
成立するでしょうか?

まずは、FXを始めたばかりの初心者Aさんが、実際に取引を行った時を例に、順を追って見ていきましょう。

ロスカット説明1_これって成立しますか?.png

「円高/ドル安」がいったん底を打って、これからしばらくは「円安/ドル高」に転じる。
そう判断したAさん。

「1ドル100円」の時に
「買い注文」をしました。


1ドル100円の買建玉(買いポジション)を持ったわけです。

ところが、、、

そのすぐあと、
予想に反して円高基調となってしまったのです。

ついには「1ドル90円」まで円高が進んでしまいました。

AさんのFX運営会社は、
「取引通貨単位:1万通貨/Lot」
という取引条件でしたので、

「1ドル100円」→「1ドル90円」

となると、1ドルあたり10円の損失ですから、これが、1Lot あたりだと、

−10円 × 10,000通貨 = −10万円

という計算になってしまいますよね…(;^ω^)

Aさん!いったい何 Lot 買っていたのでしょうか?!
せめて1Lot だけでありますように。。。

【Aさんの心の声】
え〜!なんで〜
……いや,,,きっと,,,
……いつか,,,円安になるはずだ!
買建玉だから、決済さえしなければスワップポイントも毎日入ってくるんだし!

と、しばらく放置することにしました。
っていうか、そうするしかなくなっちゃいました。

もう、本当にドキドキしながら円安を待ちわび、、、

ついに!「運よく」買った時よりも円安で決済することができましたー!

【Aさん】:\(^_^)/ よかった〜!


ロスカット説明1_これって成立しますか?.png


さ〜てさて、しかしですよ、、、
本当にそうなるでしょうか?

麦さん_170960_320x303.jpg


【答え】
この取引は、、、


「成り立ってません!」
「残念」
なのでした。。。

麦さん_170957_320x325.jpg



それはなぜでしょうか?

FXには「ロスカット」という仕組みがあったからなんです。

で? Aさんは、
どうなちゃったんですか??
ロスカットって何されちゃうこと?
(;゜0゜)

簡単に言ってしまうと、
「FX運営会社が強制的に決済」して
「損失を確定させてしまう事」
です。

え?なんでそうなっちゃうの?

では、少し具体的に見ていきましょう。

  • 証拠金   :5万円
    (口座開設時の最低証拠金額のみ
    の入金で始めた)
  • レバレッジ :25倍
  • 取引通貨単位:1万通貨/Lot
Aさんは、この条件で口座を開設して、

「まずは米ドル/円を1Lotだけ買ってみた」

のですが、、、

「ロスカット・ルール(強制決済ルール)」の意味を全く理解していなかったAさん。

証拠金を5万円しかあずけませんでしたネ

なんと、これが大失敗につながってしまったんです!

1Lotしか買っていなかったAさんですが、
「1ドル100円」→「1ドル90円」
となった時点で、

−10円 × 10,000通貨 = −10万円

と、10万円もの「含み損」を抱えることになってしまいました。

ここで、そういえば「証拠金ってなんだったっけ」と考えてみると、

  • 実際に「証拠金」を使うときはどんな時?

  • 証拠金とは、取引で損失が出た時、その損失分を補填するための「担保」。
  • → 損失がでたら、その分をすべて口座から支払う約束。

だから、「含み損が証拠金の額を超えることは許してもらえない」んですよ…

そこで、
  • 「含み損が証拠金の額を超える前に」Aさんの建玉を「FX運営会社が強制的に決済」してしまいます。

  • これが「ロスカット」です。

  • ※「含み損」:未決済で保有している建玉(ポジション)の価値が下がっている状態を「含み損」と言っています。実際には決済していないので損失としては確定していないからこういう言い方をしています。ロスカットされると、この「含み損」が強制的に損失として確定してしまうのです。

だから、結果は、こんなふうに、

ロスカット説明2_成立しません途中でロスカットされます.png

「1ドル96円」でロスカットされちゃいました。
1ドルあたり4円の損失。
なので、1Lot 分だと、
4円 × 10,000通貨 = 4万円
のマイナスになりますよね。

結果、Aさんは、口座から4万円を失うことになったのです!


Aさんが口座開設していたFX運営会社の「ロスカット・ルール」は、「含み損が証拠金の80%になった時点でロスカットを行う」という内容でした。

預けていた証拠金5万円の 80% は4万円ですよね。

なので、そこで強制決済されてしまったわけです。


じゃあ、
どうすればよかったの??
(;゜0゜)

Aさんの事例だと、

そもそも「円安傾向が続くと判断ミスを犯した」ことがマズかったのですが。。。

そうはいっても、為替の変動なんて素人が簡単に予測できるような甘いものではありませんから、それは仕方がなかったと考えましょう。

この場合は、「証拠金がもっと十分にあれば救われた」という言い方もできると思います。
(実際は別の解決策もありますが、それは次回ネタという事で...)

先ほどのグラフでは、1ドル90円まで円高が進んでしまっていました。

この場合、Aさんが出した「最大の含み損」は、

−10円 × 10,000通貨 = −10万円

だったわけなので、

10万円 ÷ 0.8 = 12万5千円

これ以上の証拠金を入れてさえいれば、ロスカットを回避して、一番初めにお見せしたグラフの通りに勝ててたんですよね。。。

ロスカット説明1_これって成立しますか?.png

1ドル100円が105円ですから、

5円 × 1万通貨 = 5万円

それに、これだけ大きな為替変動が起こるには、それなりの日数がかかることも多いので、スワップポイントも結構ついていたんじゃないでしょうか?

もったいないですよね!


「FXは、少ない証拠金で始められる」という事を「でかでかとメリットに掲げている」事が多いため、この点を「うっかり見落としてしまう」方が多いのではないでしょうか?

ですが、正直いって、「ギリギリの証拠金の額で取引を始めるのは、リスクが大きすぎます」

ですから、「証拠金は十分な額を入れてから取引しましょう!」と言っておきたいのです。

特に、スワップポイント狙いで長期で建玉(ポジション)を持つつもりならなおさらです!

ロスカットのまとめ

最後に、ロスカットについて、まとめましょう。

  • ロスカット(強制決済)とは?

  • 未決済で保有している建玉(ポジション)の価値の総額が、取引を開始した時点での価値よりも一定額以下に下回った時、FX運営会社が強制的に決済を執行して損失を確定してしまう仕組みの事を言う。

    FXでは、相場の状況によっては大きな損失を被るばかりか、預託した証拠金すべて、さらには追加の損金を支払わなくてはならなくなることもあります。

    ですから、この仕組みを設けることで、最低限の資金を温存できるように「保護しよう」というのが一番の目的です。

  • そして、強制決済されるかどうかは、FX運営会社が個々に定める強制決済ライン(ロスカット・ライン)で決まります。

    これが、いわゆる「ロスカット・ルール」です。

  • また、口座開設者自身がロスカット・ラインを設定できるルールを定めている会社もあります。

  • 従って、FX運営会社によって、ロスカットになるタイミングも異なるという事になります。

  • 売買や決済のタイミングによっては、ロスカットが間に合わず、追加で証拠金の入金を求められることもあります(売買や決済のタイミングがFX運営会社や証券取引所のお休みに引っかかると発生する場合がある)。


「レバレッジ」「取引通貨単位(Lot)」などと同じように、この「ロスカット・ルール」も「どこで口座開設しても同じではない!」ということにも注意する必要があるんです!

実際の口座選びでは、この点も十分に考慮してくださいね。


さて、今回はいかがでしたか?
お役に立てたでしょうか?

もし、内容が気に入っていただけたなら、下記ポチってもらえるとうれしいです(#^^#)





ではでは (@^^)/~~~








2019年11月24日

FX超入門9 〜建玉の「枚」、ポジションの「Lot」と取引通貨単位の関係とは?実際、何通貨分なのか? 取引の実際(その3)〜


こんにちは (^^)/

前回は、「建玉」と「ポジション」についてお話しさせていただきました。

んじゃあ、今回は証拠金の話の続きになるんじゃないの?
(;゜0゜)

それがですね、、、もう少し待ってくださいな。(。-人-。) ゴメンネ
なんだか、じらすようですみません。
(⌒-⌒; )

「建玉」と「ポジション」についてお話しした時に、数え方(単位)で疑問に思われなかったでしょうか?
今回は、そのお話をしたいと思うのですよ。

すみませんが、どうぞ最後までお付き合いくださいネ♪


建玉は「枚」or「本」、ポジションでは
「Lot」って数えるのはわかったけれど、
それって実際、何通貨分なの??

レバレッジもちゃんと選べるの??
              (*´Д`*)

<参考>「取引通貨単位」「レバレッジ」
「取り扱いペア」の調査結果
(2019/11/24現在)
↓  ↓  ↓  ↓  ↓   

取引通貨単位、レバレッジ、取り扱いペア_調査_20191124_edited-1.jpg
これがですね、

「運営している会社毎に違う」

というのが答えです。。。


「なんですって!(≧◇≦)」って、なりますよね。


でも、残念ながらそうなんです。
このことが、口座選びを大変にしている一つの要因でもあります。


主だった運営会社の状況を調べてみた結果を載せておきました。
クリックして、拡大しないとぜーんぜん見えませんが、、、
スマホだと無理か?(。-人-。) ゴメンネ!!



初心者向けランキングサイトで最近割と上位でよく見かける、下記の6社について調べてみた結果になります。

  • GMOクリック証券 FXネオ

  • SBI FX

  • DMMFX

  • 外為どっとコム

  • みんなのFX

  • 楽天FX

いやはや、たった6社でも、とっても面倒な作業になっちゃいました。。。

各社対応はまちまちなんですが、口座開設を促しているページには「特定の通貨ペアのスプレッド(これ、まだ説明してませんね)が狭い」とか、「手数料が安い or 無料」などなど、インパクトの強いアピール材料の掲載がメインで、
「取引可能な通貨ペアの詳細」
「レバレッジは何倍なのか」
「1Lotあたりの通貨単位は何通貨なのか」
といった情報へのリンクが探しにくい事が、わりと多いです。(´・д・`)

で、調査結果の概要はこんな感じでした。

  • GMOクリック証券 FXネオ
    取り扱い通貨ペア数:20通貨ペア
    レバレッジ    :25倍のみ
    取引単位     :1万通貨/Lot
      ZAR/JPY,MXN/JPYのみ
              10万通貨/Lot

  • SBI FX
    取り扱い通貨ペア数:26通貨ペア
    レバレッジ    :25倍のみ
    取引単位     :1通貨から可能

  • DMMFX
    取り扱い通貨ペア数:20通貨ペア
    レバレッジ    :25倍のみ
    取引単位     :1万通貨/Lot

  • 外為どっとコム
    取り扱い通貨ペア数:30通貨ペア
    レバレッジ    :25倍のみ
    取引単位     :1,000通貨/Lot

  • みんなのFX
    取り扱い通貨ペア数:24通貨ペア
    レバレッジ    :25倍のみ
    取引単位     :1Lot 1万通貨
             0.1Lot 1,000通貨
              いずれかを選択

  • 楽天FX
    取り扱い通貨ペア数:24通貨ペア
    レバレッジ    :1,2,5,10,25倍の
             5コースから選択
    取引単位     :1,000通貨/Lot



ということで、「少額で始められる」かつ「リスクを最小に」という観点だけで選ぶと、
楽天FX、SBI FX、外為どっとコム、みんなのFX
あたりが候補にあがる感じでしょうか?
レバレッジに関しては、25倍しか選択できないところが多いですね。

ただし、選ぶ観点は、「他にもたくさんあります」ので、この結果だけで飛びつかず、「本当に自分に合ったところ」はどこなのか、しっかり吟味してくださいね!


さて、今回もお役に立てたでしょうか?

ではまた (@^^)/~~~







2019年11月21日

FX超入門8 〜建玉、ポジションとは? 取引の実際(その2)〜


こんにちは (^^)/

前回は、証拠金について、基本的なお話しをさせていただきました。

え⁈ 証拠金の話って、まだ続きがあるの?
(;゜0゜)

ええ、実はそうなんです。
まだ大事なことが残ってるんですよ。
(⌒-⌒; )

でもその前に、「建玉」と「ポジション」についてお話ししておいた方が後々理解がしやすくなると思うので、今回はそこを中心にお話しししたいと思います。

どうぞ最後までお付き合いくださいネ♪

「建玉」とは何ぞ??(*´Д`*)

麦さん_170960_320x303.jpg

「建玉」
これ、いきなり出てきたら読めます?

「たてぎょく」って読むんです!
「たてだま」って読んじゃだめですよw

初めて投資の世界に入った超初心者にとって、「これほど訳の分からない単語ってないんじゃないだろうか?」と、思ってしまうくらい、初見では理解に苦しむ言葉だと思います。

だって、漢字だけ見ても「イマイチ何のことか想像できない」ですものね。

思わず、サンドウィッチマンさんのテッパンネタをかましたくなりますw
「ちょ〜っと何言ってるかわからないんですけど・・・ ʅ(´-ω-`)ʃ 」


ではまず、すごーく簡単にいいますね。

「新規で注文する = 建玉を持つ」

という事なんです。

わかってしまえば「え?それだけだったの?」ってことなんですよね (∀`*)ゞエヘヘ
麦さん_179463_320x337.jpg

とにかく、「買いから入る」「売りから入る」いずれの場合も、取引の開始は、「新たに注文(新規注文)する」事で始めます。= これを、単に「建玉を持つ」といってるだけなんです。
  • 「買いから入る」
      →新規で買い注文を約定する
      「買建玉(かいたてぎょく)を持つ」

  • 「売りから入る」
      →新規で売り注文を約定する
      →「売建玉(うりたてぎょく)を持つ」
わかってしまえばホントに簡単ですよね。
この言い方はしっかり覚えておきましょう♪




これは、余談ですが、
  • 建玉という言葉は、玉代(ぎょくだい)
    が由来だそうです。

    ちなみに、玉代(ぎょくだい)とは、
    芸者さんや遊女を呼んで遊ぶための
    お代のことだそうです。
    その単価は1本といいい、
    江戸時代に線香1本の燃える時間
    を単位として、これを〇印で
    記帳したなごりなんですって。

元々、株などの信用取引で古くから使われてきた言葉です。実際、ハイリスクな取引ですから、そういう「危険な香り」をあえて漂わせようとしたのでしょうかね?※あくまでも単なる筆者自身の想像ですが。


「ポジション」とは何ぞ??(*´Д`*)

これ、ホントにホントにすごーく簡単です!

「建玉 = ポジション」

おそらく、英語で「ポジション」というのを日本語訳するときに、どう訳語をあてようか?と、いろいろ考えた末の「建玉」だったんでしょうけど、、、

もうね、どうして簡単なことを難しくするの?!って、思いませんか?

ʅ(´-ω-`)ʃ やれやれ

私は、初めてこの事を知った時、思わずそう思ってしまいました。

このおかげで、さらに初心者を惑わす謎の表現が連発することになるんです。
ヽ(`Д´)ノプンプン

「建玉」と「ポジション」という2つのワードが生み出す
「混乱」! 
(*´Д`*)


麦さん_170957_320x325.jpg
  • 混乱ネタ1 新規注文での言い方が違う

  • 建玉の場合は「建玉を持つor立てる

  • ポジションの場合は「ポジションをとる
  • 混乱ネタ2 買がロング、売がショート

  • 買建玉 =ロングポジション

  • 売建玉 =ショートポジション
  • 混乱ネタ3 数え方が違う

  • 建玉は「枚」or「本」で数える
    例:5枚(本)の売建玉

  • ポジションはLot (ロット)で数える
    例:5Lotのショートポジション
  • 混乱ネタ4「利益や損失を確定させる時の言い方が違う」

  • 建玉を「決済」する

  • ポジションを「クローズ」する
      (ポジションクローズ)



さて、今回はお役に立てたでしょうか?

ではまた (@^^)/~~~







2019年11月18日

FX超入門7 〜証拠金とは? 取引の実際(その1)〜


こんにちは (*・ω・)/

今回から、 実際の取引について少しずつお話していこうと思います。
「ようやく」ですね (;^ω^)ゞ


「そもそもFXって何?」の回では、

「通貨の売買を行い、その売買差額で利益を生み出す」

また、

「売りから始めるって なに?どゆこと?!」の回では、

「買いから入る」と「売りから入る」

この「2種類の取引の始め方がある」


と、すごく簡単な説明にとどめました。

それはなぜか?
FXって、初めて見ると「本当に訳が分からない言葉だらけ」なんですもの!

なんと難解な専門用語よ!

実際にFXで外貨取引を始めようと思い、口座を開設してみるも。。。
わけのわからない専門用語がずらり!

はじめてFXの世界に入って面食らった方、多いのではないでしょうか?

例えば、自分のFX口座で「口座情報」を確認すると、こんな感じのイメージで実績などが表示されます。
※あくまでもイメージです。

口座照会した時の表のイメージ_edited-1.jpg


いきなりこんなの見せられてもなあ、、、
意味が分かりませ〜ん!!!!!

特に、

「建玉可能額」
「建玉評価損益」
「注文証拠金」
「ポジション必要証拠金」
「預託証拠金残高」
「証拠金維持率」
「追加証拠金額」


このあたりの言葉なんか、素人がいきなり見てわかるものじゃないですよね。
日本語のいいところは、漢字を見ると何となく想像がつくところだと思ってたんですが、、、
FXの場合は、その期待を見事に裏切られた感じになります。

これでは、「FXって何なのか」を理解する前に気持ちがなえちゃいますよね。

「証拠金」とはなんぞ?

FXを日本語で言うと「外国為替証拠金取引」でしたね。

FXには、「証拠金制度」というものがあり、この制度があるおかげで「レバレッジ」が使えるんですが、最初は、それさえもイマイチ ピンと来ません。

まず、「証拠金とはなにか」というと、「皆さんが開設したFX口座に入金する資金」の事です。
な~んだぁ。簡単じゃないですか~!

ところがですよ。
この、「証拠金」の意味がちゃんと理解できているかどうかが、まずは重要なんです。

「証拠金」というのは、いわゆる「担保」のようなもので、実際の売買取引の代金としては使われないお金なんです。おまけに、貯金という扱いではないので、どんなに長く預けても利息は付きません。

実際に「証拠金」を使うときはどんな時かというと、「通貨取引で損失が出た時」です。損失分を補填するための「担保」という事で、損失分が口座から引かれます。

だから、
────────────────────
「レバレッジ25倍で」
「米ドル/円(USD/JPY)の通貨ペアを」
「買いから入る」

は、

「証拠金を担保に」
「証拠金の25倍の日本円を借りて」
「その日本円で米ドルを買う」
────────────────────

また、同じように、

────────────────────
「レバレッジ25倍で」
「米ドル/円(USD/JPY)の通貨ペアを」
「売りから入る」

は、

「証拠金を担保に」
「証拠金の25倍相当の米ドルを借りて」
「その米ドルを売って日本円に換える」
────────────────────

というように、「証拠金のレバレッジ倍だけ借金して運用するイメージ」で、とらえてみてください。
そうすると、いろんなことがスッキリと理解できるようになってくるはずです。

例えば、スワップポイントでメリットをだすとは?のお話の時に、

 「オーストラリアの金利が2%
  日本の金利が0.1%
  だと仮定すると、この場合、
  2%−0.1%=1.9% が金利差」

というように、わざわざ2国間の金利差を考えてシミュレーションしましたよね。
うーん。どうして日本の金利分を引かなきゃならないの?って、疑問に感じたのではないでしょうか?

いまなら、「なぜ金利差を考える必要があったのか」が分かりますよね?

「ううむ。この場合だったら、オーストラリアドルを入手するために、資金として日本円を借りているって考えるのか。。。ああ、借金だから当然その金利が発生するもんねー!」

って感じです。


これは余談になってしまうかもしれませんが、以下に、証拠金に関しての注意書きの例を載せておきますね。

証拠金は預金ではなく、元本が保証されているものではありません。また、金利も付されません。さらに、差し入れた金額が全額損失となる場合もあるほか、追加で支払が必要となる(不足金が発生する)リスクがあることが預金とは大きく異なります。


やり方を間違えると、最初に預けた証拠金以上の損失が出ることがあるとはっきり言ってますね。



専門用語は疲れますよね、、今回はこの辺でやめときましょう。

今回の内容はお役に立てましたか?

ではまた次回 (@^^)/~~~







2019年11月17日

〜 がんばった自分に ご褒美と癒しを! 「テクノストレス眼症(VDT症候群)」、「天気痛」なんかに負けるな!! 〜

こんにちは (*・ω・)/

こんな生活にはまってませんか?
麦さん_186194_320x281.jpg
  • わりと一日中座りっぱなしで
    PCやタブレットとにらめっこ。

  • 打合せなどで席をたっても、
    結局、打合せコーナーや会議室
    で手元のノートPCの画面と、
    プロジェクターや大型モニター
    で写された資料を見つづけて
    いる。

  • 休憩中も、SNSやニュース、
    メールなどのチェック。

  • 家に帰っても、結局PCや
    スマホとにらめっこ。

  • 移動の電車の中でもスマホ。

  • 食事中、挙句の果ては、、、
    お風呂やトイレでも?

ディスプレイをじっと見てないのは、
眠ってる時くらいだったりして。。。

なんですって?「自分なんか、ベッドの上でも見てることあるし」ってコラ〜!
(´∀`*)ヶラヶラ

ろくに運動もせず、こんな生活を続けてると、
「エコノミークラス症候群」とか「心筋梗塞」
「脳梗塞」なんかで早死にするかも?(;´Д`)

それと、画面を見てるときの姿勢!
これ、ほんとに気を付けましょう。


きのこさん_1418371_320x437.jpg
ここまで読んでくださっている皆さんは大丈夫ですか?

気が付くと、ついついそうなってしまいがちですが、
「うつむき (下向き、前かがみなど)の姿勢。

この姿勢を続けることで、
  • 「肩コリ」「首コリ」で悩み始め、

  • やがては「背部痛」が起こり、

  • それらが引き金で、慢性的な
    「頭痛」「めまい」「吐き気」
    「極度の眼精疲労」などの症状
    に発展する場合があります!

こうなってくると、
低気圧や台風が近づくと症状がひどくなる「天気痛」の発症もありえます。

ひょっとしたら、思い当たる方、おられるのではないでしょうか?

私自身も何度か経験しているので、その辛さはとてもよくわかります。
(ホントそういう時に限って仕事が忙しかったりするんですよね〜。)

ACWorksさん_202007_320x357.jpg
これは、うつむき姿勢を長時間続けることで、重たい頭を支えるために、首の後ろ側から背中にかけての筋肉に負担がかかり→筋肉が緊張状態となり→血行不良を起こし→その血行不良で老廃物が筋肉中にたまり→筋肉がさらに凝り固まっていくという悪循環に陥るからだそうですよ。

(正確には倒す角度によって違ってきますが)少し前に頭を倒すだけでも、正しい姿勢の時の5倍くらいの負荷が筋肉にかかるそうです。

また、こういう姿勢のとき、両肩が胸よりも前に出る「巻き肩」と言われる状態になっている人も多いようです。そうすると、呼吸が浅くなるので、首〜背中のコリによる血行不良と相まって、より一層、脳への血流がよくない状態になるらしいです。

さらに、こんなタイミングで「納期に追われる」とか「人間関係で悩む」とか「仕事で失敗する」「家庭内のごたごた」などなどの精神的ストレスがかかると、「交感神経」が必要以上に緊張し、それが全身の血管を収縮させ、症状がさらに悪化していくことに。

「忙しいから仕方がない」と、これらの状態をだましだまし放っておいて我慢し続けていると、しまいには「自律神経失調症」や「うつ病」で長期休業あるいは退職を余儀なくされるなんて事も十分あり得ます!

リアルタイムで為替チャート見てる時なんか、人によっては極度の緊張状態あるいは興奮状態になっているはずです。こういうときも「交感神経」が必要以上に緊張しているものです。仕事でストレス抱えて帰ってきてのFX。ほどほどにしないと実は危ない状態かも?しれませんよ。


「何事も腹八分」とか
「向き合う姿勢が大事」とか
 (→心構えの問題だけではなく、
      物理的な姿勢もですw)


やっぱり、昔の人の格言は馬鹿にできないものですね!

実際、ここまでお話したことを実体験されている方はお分かりかと思いますが、これって、お医者さんにかかっても、ほとんどがたらいまわしになるだけで、特効薬がないんですよね。。。
とにかく、
合体.jpg
  • 朝、太陽の光を浴びて体内時計
    をリセット。
     →曇りでもOKだそうです。
      でも、蛍光灯のあかりなんかじゃ
      暗すぎてダメです!

  • 起きる時間、寝る時間を一定
    に保つ。
     →夜更かしNG、
      寝だめも意味なしです!

  • 適度な運動習慣を身につける。
     →20〜30分でいいので
      有酸素運動をしましょう。
      ウォーキングでOK。
      (インターバル・ウォーキング
      ならなお良いです。)
      しっかり腕を振って、
      肩甲骨や首・肩周りの筋肉
      をほぐしてあげましょう。
      また、足は第二の心臓!
      ちゃんと動かしてあげま
      しょうね♪

  • 食生活を見直す。
     →ビタミン、ミネラル、
      たんぱく質などバランス
      の良い食事を。
      炭水化物の取りすぎNG。

  • 仕事中も適度に立ち上がって
    遠くをみたりストレッチしたり。
     → 20-20-20 って知ってますか?
      20分ディスプレイにむかったら
      20秒以上
      20フィート(約6m)以上遠くを
      眺める

  • たまったストレスを吐き出せる
    場をもつ。
     →でも深酒は逆効果ですよ!

  • 帰れるときは帰る

  • 休めるときは休む

  • デジタルデトックス日を設ける
     →電子機器から離れること。
      禁スマホ/タブレット、
      禁PC/携帯ゲーム機 etc.

  • 温泉にゆったりとつかる♪

こういう、「ごくごく当たり前のこと」を「当たり前にやって」、自律神経のバランスを整えていくのが一番です。

そして時には、がんばっている自分の心と体に、ご褒美をあげましょう!

特に雨で運動できない時や、ぐったりと疲れた時なんかは、ゆったりと心と体をほぐしてもらうのもいいですよね♪

りらくる さん
あ〜自分も今すぐ行きたいなあ。クイックヘッドなんてとっても気持ちよさそうだな〜。近所にあるみたいだから行ってみよーっとw

<メニュー>
・もみほぐし 15,30,45,60分
・足つぼ   30,45,60分 (痛くない)
・ハンドリフレ・クイックヘッド 30分

気に入ったセラピストさんが見つかれば指名もできますね♪



もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】



正しい判断、素早い行動も、健康な心と体から!

不健康じゃいい仕事はできません
(`・∀・´)エッヘン!!

ではでは(@^^)/~~~


2019年11月16日

FX超入門6 〜「今までのおさらい」と〜


こんにちは (*・ω・)/

今回は、今までのおさらいをしてみましょう♪
下のまとめをサーっとみて、「あ、これなんだっけ?」っていう事はないですかね?
もしあれば、過去の記事をたどってみてくださいね。
''`ィ(´∀`∩

〜そもそもFXって何?〜

・「Foreign Exchange」の略で”FX”
・日本語では「外国為替証拠金取引」
・簡単に言うと「通貨と通貨の交換(売買)」
・外国為替相場(為替レート)を予測しながら
 外貨の売買を行い、売買差額で利益を出す。
・「為替差益」売買差額で利益が出た時
・「為替損失」売買差額で損失した時


〜レバレッジとは?〜

・自己資金以上の取引ができる仕組み
・少ない資金で大きく運用できる
・自己資金(証拠金)の最大25倍まで取引可能
  (→法律で決められた上限が25倍)
・多額の取引で大きな利益を狙える反面、
 損失も巨額になる可能性がある。
・リスク最小で手堅くいくなら1倍
・レバレッジの倍率が高くなるほど
 「ハイリスク・ハイリターン」


〜スワップポイント(スワップ金利)でメリットを出すとは?〜

・スワップポイントを毎日もらう
・どうすればもらえるか
  「低金利の国の通貨を売って」
  「高金利の国の通貨を買い」
  「それをしばらく保有すると」
  「保有した期間」
  「毎日スワップポイントを受け取れる」
・実際は通貨ペアでの取引となるので
  「スワップポイントがプラスの通貨ペアを買い」
  「それをしばらく保有すると」
  「保有した期間」
  「毎日スワップポイントを受け取れる」
   ということ。
・スワップポイントは、取引通貨間の金利の
 差で決まる。
・実際にもらえる額は日々の金利情勢で変化。


〜スワップポイント(その2) リスクについて〜

気を付けないと毎日損しちゃう事が(´;ω;`)

@売買の方向を間違えて保持した
 (買いか売りかを間違える)
  →スワップポイントを毎日
   「自分が支払う」ことになる!
Aスワップポイントがマイナスに転換した
  →スワップポイントを毎日
   「自分が支払う」ことになる!
B為替相場の急変動
  →もらったスワップポイント額よりも
   大きな損失となることもある!


〜売りから始めるって なに?どゆこと?!〜

FXには、二通りの取引の仕方がある
(チャンスが2通り)

・円高から円安に推移している時
  →外貨を「安く買って高く売る」=利益
   「買いから入る」or「買いスタート」

・円安から円高に推移している時
  →外貨を「高く売って安く買い戻す」=利益
   「売りから入る」or「売りスタート」


売りスタート_透かし入り.jpg



こんな感じでお話を進めてきましたが、いかがでしたか?
これまでは、わかりやすさを重視して、極力、難解な専門用語を使わずに書いてきました。

次回からは、少しずつ専門用語についても慣れていただけるような記事も書いていきたいと思っています。

ではまた(@^^)/~~~







2019年11月15日

〜 懐かしの ホンダ シティターボ! 大事に所有してればよかったかな? 〜

こんにちは (^^)/

今回は、思いっきり話が脱線してしまいます!
お許しください ネ。
だって、、どうしても懐かしさが。。。

----------------------------------------------------------
【80'sボーイズレーサー伝 04】
   シティターボは超小型・高出力の
   ターボで異次元の加速性能を実現
---------------------------------------------------------
「ボーイズレーサーと呼ばれた、80'sのコンパクトなハッチバックやクーペたちを紹介する」
という連載企画の4回目で、
「ホンダ シティターボ」
が、取り上げられていました。

PC起動したら、いきなりこの記事が目に飛び込んでしまい。。。
うわー めちゃめちゃ懐かしい!

これを言うと、自分の年齢がバレてしまうのであれですが (^▽^;)、
私も、大学時代、このコの「黒」に乗ってたな〜♪

春休みに1か月ちょい「出稼ぎw」のバイトに行って、その稼ぎを全部つぎ込んで買った初めての車でした。
(だから、決して親のスネなんか かじってませんよ! (`・ω・´) )

このコ、ほんとに加速が良くって、4500rpmくらいからガツンとTURBOがかかって「シートに背中がおもっきし引っ付く感覚」が、たまらなく気持ちよかったのを今でも思い出します。

当時、私は軽音楽サークルに所属していて、Liveの機材運びでも大活躍してくれたホントに頼もしい相棒でした。
PA機材も自分たちで運んで、セッティング〜オペレーションまですべて自分たちで行っていたので、トールボーイだからラゲージスペースが広くとれるうえ、馬力も十分だったこの車は、本当に重宝したものです。


でも、なんで今頃になって特集記事になるんだろう?
そう思って検索してみると、

-------------------------------------
価格相場情報
平均価格:67万円
価格帯: 〜100 万円
-------------------------------------
(2019/11/15現在,カーセンサー情報)

うっそー!!
知らなかった(^▽^;)
いまだにそんな値段で取引されてるんだ。
( ゚Д゚)
TURBOUなんて、160万前後の値がついてるのもありました。

そっかー、いまだにレースで走ってるコもいるからなのかな♪


いかん。。欲しくなってきた (^^♪ 子供かっ!

【基本送料無料】【ラジコン】タミヤ(TAMIYA)/58611-S/WR-02C Honda シティターボ スーパーセット(未組立)【smtb-k】【w3】

価格:42,284円
(2019/11/15 19:17時点)





中古のミニカーも、こんなにするんだ( ゚Д゚)

トミカ 54 ホンダ シティターボ 日本製【中古】[▼]

価格:4,180円
(2019/11/15 17:08時点)




実際の記事へのリンクはこちら
----------------------------------------------------------
【80'sボーイズレーサー伝 04】
シティターボは超小型・高出力のターボで
異次元の加速性能を実現

---------------------------------------------------------

こんなコミュニティーもあるんですね♪
---------------------------------------------------------
カラーがかわいすぎっ!
集え、シティと愉快な仲間たち
【地球に帰るまで、もう少し。vol.30】

---------------------------------------------------------

自分も大事に持ってりゃよかったかな?

ではまた(@^^)/~~~



2019年11月14日

FX超入門5 〜売りから始められるって なに?どういうこと? 「売りから入る」とは?〜


こんにちは!

今回は、

「売りから始める」
「売りから入る」
「売りスタート」


とか言われている取引ってどういうことなのか?
について書いてみたいと思います。

簡単に言うと、

「円安から円高に推移している時にも」
「利益のチャンスがある!」


という取引の仕方です。
(∩´∀`)∩


本題に入る前に、軽くおさらいからいきましょう♪


「円高の時に外貨を買って、円安の時に売る」
(外貨を安く買って、高く売る)


これで利益が出る事は、すんなりと理解できるはずです。

以前、書いた
「レバレッジ」
の記事中でやったシミュレーションは、まさにこのパターンでしたよね。

これって、理解を簡単にするために、わざと「外貨を安く買って、高く売る」方向でのシミュレーションしか書きませんでした。
      (m´・ω・`)m ゴメンネ…

実は、この取引の仕方(取引の方向)を、

「買いから入る」とか、
「買いスタート」

とか呼んでいるんです。

でもですよ。。。
これだけだと、為替が「円高から円安に動くタイミング」でしか利益が出せませんよね。

「円高がどんどん進んでいて、当分円安にならなそう。。。」
「これじゃあ、いつまでたっても買えないじゃん!」

こうなってしまうと、取引したくてもできず、ただ待ちぼうけですよね(;´Д`)

そこで、FXの場合は、

「売りから入る」事もできるんです!

なので、

「高く売って、安く買い戻す」

という芸当ができるんです。

これで、円高が進んでいく中でも利益創出のチャンスが生まれるようになっています。


売りスタート_透かし入り.jpg


こんなふうに、チャンスが2通りあるんです♪


ここは、買いからしか入れない「株取引」や「外貨預金」と違い「FXならでは」なところです。


ではまた(@^^)/~~~







ファン

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

カテゴリーアーカイブ
最新記事
検索


さっちん's profiles
さんの画像

プロフィール
こんにちは! さっちんと言います。

趣味は、「エレキギターを弾く事」と「歌う事」。たまにですが、おいしい空気を吸いたくてトレッキングに行ったりもします。
本業は組み込み系エンジニア。映像関連機器の設計に携わっています。
しばらくは、FX初心者のための教科書的な話題を綴っていきます。将来的には、趣味の音楽やトレッキング、電子工作的話題なんかも書いていきたいなあと思っています。
タイトルの「現役」を「脱サラ」に、いつか書き直したい(笑)。
でもまあ、のんびり気楽にいきます(*^^)v

どうぞよろしくお願いしますね!

wd_tw.gif
気に入ったらフォローお願いします♪

月別アーカイブ
タグクラウド
最新コメント
最新トラックバック

RSS取得