2018年10月26日

タイトルの思いin 2018年10月「世界が僕を待っている」The world is waiting for me

タイトルの思いin 2018年10月「世界が僕を待っている」The world is waiting for me

 夢だった高校教師になって早くも、いつの間にか10年以上の長い歳月が経ちました。

新任のころ、初担任のころ、あれほど、新しい出会いに胸がときめいていたのに、いつの間にか胸のときめきは無くなってしまいました。

 おじさんでも、ときめきたいと思うのだと、今更ながら感じました。

では、今の僕が、何にときめきを感じるかというと、美女(これは一生変わらないと思う。)それ以外にときめきを感じるものは世界です。

 この世界には、まだ、僕が知らないことがたくさんある。そう思うともう居ても経ってもいられません。世界に行っていろんなことを知りたいと思います。知らないことを想像するとワクワクしてきます。人間は自分が分からないことに興味関心がわくのだと思います。

この「世界が僕を待っている」というタイトルはそんな思いでつけました。(2018年9月・またタイトルは変更する可能性あり)けっして、日本が嫌になったわけではない。ただ、世界に挑戦したいという純粋な気持ちです。





タグ:10月
【このカテゴリーの最新記事】

2018年10月12日

(タイトル)世界が僕を待っているthe word is waiting for me

(タイトル)世界が僕を待っているthe word is waiting for me

今いる場所が嫌になったのではない。

まだ知らない世界が僕を待っている

世界は広い

限りなく広い

世界には僕がまだ知らない世界が広がる

さあ、飛び出そう

世界が僕を待っている。



〇ブログ説明
世界に出るためのブログです。世界に出ることに関する様々なカテゴリーに分けて記事を書いています。

世界にはどのような地域が存在するのか?

日本を含めた世界各地の様子をレポートします。まだ記事の準備ができていませんので、その一部は別ブログにて紹介しています。

世界に出るためには、パスポートとなる英語力が必要になってきます。そこで、とことんまで、英語をマスターしようと思い、通信制大学の英文科に入学し、ついでに英語の教員免許を取得しようと考えました。





2018年10月03日

リポートの書き直しを余儀なくされる!大失敗だけどこれから

リポートの書き直しを余儀なくされる!大失敗だけどこれから

通信教育の基本はリポート作成になります。日本大学通信教育のリポート作成は原則ポールペンでの直筆になります。(他の大学に比べてこの点は少し大変かな。)
各科目で、縦書き、横書きの指示があり、それに沿って記入をしないといけません。

縦書きの場合は、リポート用紙をそのままで縦書きをしていきます。

横書きの場合は、リポート用紙を横にして、横書きをしていきます。

ここで、僕は大失敗をしてしまいます。横書きの指定がある科目で、リポート用紙を横向きにせず、横書きをしてしまいました。

言葉で書くと複雑になって、分かりにくいと思いますが、リポート用紙の最初に、「書き出し」と最初から記入されています。その書き出しと書かれた所から記入しなかったと言うことです。

ますます、分かりにくい説明になったと思いますが、現物を見れば、すぐに分かると思います。

一冊目を書き終わって、二冊目を書こうとした時に、間違ってリポートを書いていたことに気づきました。

そして、初めからリポートの記入をやり直しました。

文字数にして、約2000文字なので、相当な労力になります。

僕のような失敗を皆さんがしないように、リポートの書き方をよく調べてから書くことをお勧めします。





タグ:リポート

2018年10月02日

入学前のスタートダッシュ!40代おじさんの再挑戦

入学前のスタートダッシュ!40代おじさんの再挑戦

2018年10月に英語の教員免許の取得をめざして、日本大学通信教育部への入学が決定しました。
入学に先立って、8月からはリポートの課題が分かり、9月からは教科書を手に入れることが出来ました。入学前から通信教育の勉強をはじめる環境にあったと言うことです。

そこで、8月からリポートの課題に沿って、学習を初め、9月からは教科書を使って本格的にリポートの作成に取り掛かりました。

朝から晩まで、英語漬けの毎日を過ごし、仕事以外の時間の大半をリポート作成に費やしました。

最初は自分に合っている科目からリポート作成を初め、ついには、9月中に3科目、6単位分のリポート3冊を仕上げました。(我ながら凄すぎる。自分で自分を褒めたいと思います。)

科目修得試験は一回で、4科目までしか受験できないので、10月中にもう一科目完成させる予定です。

12月の科目履修試験には4科目すべて受けるつもりです。

目標にしていたスタートダッシュには成功したと思うので、この調子で、コツコツと学習していきます。





タグ:リポート

2018年09月22日

ここからが勝負だよ!教科書がようやく届く

ここからが勝負だよ!教科書がようやく届く


教科書の申す込みをして、数日後、教科書が届きます。

念願の待ちに待った教科書です。これで、本格的に通信の勉強が出来ます。

ここからが勝負です。

流行る気持ちを抑えながら、早速、教書を見てみました。

日本語で書かれているものやほとんど英語で書かれている教科書など、様々でした。

教科書を大まかに見てみると、これなら、自分でもできると感じました。

まったく分からなかったらどうしようかと不安でしたが、ひとまずは安心です。

教科書を見る限り、必須科目の中では、英米文学が一番難しそうです。教科書はすべて英語で、書式が特殊でした。しかし、時間をかけて訳していけば何とかなると感じました。

これからコツコツと勉強していきます。





2018年09月15日

教科書の発注が可能に!通信制大学の勉強をはじめよう!2018年9月

教科書の発注が可能に!通信制大学の勉強をはじめよう!2018年9月


日本大学英文科に10月入学が決まり、着々と書類が送られてきます。

でも、肝心かなめの教科書がまだ手に入らない。

気持ちばかりが焦ります。

10月入学の場合、教科書は9月から申し込みが可能です。

なので、9月1日にやっと念願の教科書の申し込みをしました。

申し込みは学生専用のページにログインして、インターネットで申す込みをします。

年に2回まで申す込みが出来るので、初回は必須科目を中心に申す込みをしました。

今から、ワクワクしています。





2018年08月27日

リポート課題集が到着!通信制大学の勉強がはじまる

リポート課題集が到着!通信制大学の勉強がはじまる


入学許可書が届いて数日後に、様々な資料が届きました。教材は9月1日以降に自分で発注するようです。

送られてきた資料の中にリポート課題集が入っていました。これが、あれば、早速通信の勉強ができる。

リポート課題集とは、文字通り、全科目のリポートの課題が書かれている本です。リポート課題集に書かれている課題を参考にリポートを完成させ、それを提出します。このリポートの合格と単位修得試験の合格で単位認定されます。

リポート課題集を読んでみると、自分でも何とか出来そうだと感じました。

これから、地道にリポートの作成をやっていこうと決意しました。

よし!頑張ろう

教科書はまだ届いていませんが、リポートの課題はわかるので、通信の勉強に励む毎日がやっと始まりました。





2018年08月26日

入学許可書!通信制大学でも選考あり?大学入学への道

入学許可書!通信制大学でも選考あり?大学入学への道

ついに、ついに、43歳にして大学生になる覚悟をしました。

10月入学を目指して書類の作成をはじめました。

めんどくさい!これが素直な感想。何回も名前や住所などを書かされ、大学の卒業年や入学年を調べてヘトヘト。いい加減いやになったころに書類が完成しました。それに合わせて、お金の入金もしました。

入学願書の受付が7月10日以降だったので、それに合わせて書類を送付。

入学願書の中に、志望理由書の記述があり、どうやら、これが入学の選考になるらしい。字数が足りない場合などに不合格になる場合があると書いていました。

本当に通信制大学で不合格になることがあるのか、半信半疑でしたが、とりあえず、指定された文字数400文字をすべてきっちりとすべて埋め尽くしました。我ながら、変なところでこだわってしまう。(いい加減この性格を直したい)

書類を提出して、約三週間後に、大学から郵便が来ました。

ドキドキハラハラ、ドキドキが止まらないまま、封筒を開けると

なんと!

そこには

入学許可書が入っていました。

落ちる可能性は0だと思っていましたが、選考と聞くと、いままで大抵落ちることの方が多かったので少し不安でした。

この後、詳しい書類が届けられるようです。





2018年08月25日

正科生と科目履修生!通信制大学の学習スタイル

正科生と科目履修生!通信制大学の学習スタイル


さて、通信制大学で勉強をすることを決めました。次はどの様なスタイルで学ぶかです。

通信制大学では正科生と科目履修生の大きく分けて2つに学習スタイルが分類されます。


2つのスタイル


〇正科生

一般的な学生、学部の教科なら全て学習できます。通常大学の卒業を目指すコース。
                   

〇科目履修生

好きな科目のみを選択して学習していきます。個人的に勉強する場合や教職の単位のみを取る学生                                                        が多いです。

簡単に分類すると、大学卒業の資格が欲しい人は正科生を選び、大学卒業の資格が必要ない人は科目履修生を選ぶ。

私の場合すでに大学を卒業しているので、大学卒業の単位は必要ありません。なので、英語の教員免許を取得できる単位のみを修得すれば大丈夫です。

通常なら科目履修生での入学を考えるのですが、日本大学は他の大学に比べて特殊で、正科生の中に教職生コースがあります。教職生コースの方が科目履修生よりも単位が取りやすそうだと感じたので、教職生コースを選びました。また、仮に2年で必要な単位を修得する場合、学費にほとんど差はでません。

これから、日本大学に教職生として入学して、勉学にはげんでいきます。





2018年08月24日

英語の教員免許が取得できる通信制大学

英語の教員免許が取得できる通信制大学

英語の教員免許取得を目指して、大学の選定を始めました。

本当なら慣れている法政大学が良かったのですが、残念ながら、法政大学の通信教育部では英語の教員免許が取得出来ません。

そこで、英語の教員免許が習得できる大学を探した。


◎英語の免許が取得できる大学

・東京福祉大学

・明星大学

・聖徳大学

・佛教大学

・日本大学

など


どの大学にするかは、人によってそれぞれだと思う。

私が選んだ最重要項目はズバリ

出来ることなら

「スクーリング無しで単位を修得したい。」

長期的な休みが取りにくい今の職場では、スクーリングは大きな負担になる。

調べてみた結果、

1つだけそれに該当する大学があった。

それは

「日本大学」

日本大学では、通信、メディア授業、スクーリングなど様々な方法で単位を修得する事が出来ます。組み合わせによりスクーリング無しでも、英語の免許取得に必要な単位を全て取ることが出来る。





ファン
検索
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
真田マサオさんの画像
真田マサオ
プロフィール
Powered by RSSリスティング
RDF Site Summary