プロフィール

Elwood
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新コメント
埆形
「無限の住人」見てきました (05/15)
Elwood
外患誘致のような発言? (04/26)
埆形
外患誘致のような発言? (04/24)
埆形
多忙 (03/23)
Elwood
多忙 (03/13)



月別アーカイブ
2017年05月15日
「無限の住人」見てきました
 久しぶりの更新ですが、見てますか(笑)?

 今回のこの作品、三池崇史監督・漫画原作・木村拓哉主演となれば見逃すわけにはいきません!いや、最初っからディスるつもりで見に行っているわけではありませんし、純粋に楽しみにしていましたが…残念ながら予想を超えるほどの内容ではありませんでしたし、



 業とともに永遠の命を背負ってしまった「不死の剣士」万次が、両親を失い復讐を誓う少女、凛に助太刀を依頼される。万次は不死の体にさせられたきっかけでもある「殺された妹」に似た凛の願いを聞くとともに、彼女の怨敵「逸刀流」の剣客たちと戦うことになる。

 というところで、今回も恒例の【感想:Start】〜【感想:End】に。この間にネタバレの可能性がありますのでご注意を。

【感想:Start】

 いや、正直なところ…漫画原作の映画ってストーリーにツッコミを入れても「原作通り」となってしまえば映画評ではなく漫画表になってしまうんで、原作をしっかり知ったうえで差異の部分を論ずるしかないのかな?って気もしますが、その考えを度外視して書きましょう。(同じ理屈は小説でも同じだし(笑))

 まず江戸中の流派の統一を狙う「逸刀流」ですが、一応は幕府お抱えの流派を目指す割には素行が下品。道場を襲って師範や道場主を殺害した後にその奥方を手籠めにする…って、単に「紋切り型の悪党」を描いただけで、その理念とはかけ離れている。ストーリーに深みがなくなってしまう。

 他、出てくる悪役もそれぞれが「型破り」の真逆な「型に嵌った」悪党ばかり。特に戸田恵梨香演じる乙橘なる女性剣客が終盤に出てきたとき、不覚にも涙が出るほど声を押し殺して笑いました。いや、ストーリーが中二病。

 もちろん主人公の万次も鼻血が出るほどの中二病キャラ。もう少し非情になればベルセルクのガッツくらいになれたんでしょうが、それも中途半端。途中、「これが後の丹下左膳!」ってなるのかな?とも思ったんですが、そんな遊びもなかったし。

 そして決闘シーン。やたら冗長でダラダラと流れる戦いに「どっかで見た光景だなぁ…」と感じていましたが、思い出しました。昨年の(それを期待して見に行ってたので不適格な表現ですが)ナンバーワン・ガッカリ映画の「テラフォーマーズ」でした。そういえばあれも漫画原作だし、監督は…(ry


 まぁ、さんざんディスりましたが、基本的に何も考えずにストーリーを刹那的に見ていけば楽しめる映画(前後の繋がりを考えちゃダメ!)です。キムタクの演技も悪くなかったし。ただ、杉咲花のキンキン声は耳障りでしたが(笑)。

 あと、若干気になったのは市川海老蔵にあんなセリフ言わせるな!ってところがあったのは気になったなぁ。

【感想:End】

 最後に。この文章を書いている時点でまたもや“あの手の映画”が上映されるみたいですねぇ。今年に入ってだけでも何本目?って感じですし、こんな映画ばかり作ってるから邦画が軽んじられるんじゃないかと感じる次第で。

 で、“あの手の映画”って何のことか。それでは映画ファンを自称する人に質問です。主人公の女の子がタイプの違う二人の男性に言い寄られ、心が揺れ動くって映画がありましたが、題名は何でしたっけ?

 銃を構えたジェイソン・ステイサムのアップ一枚だけで題名を当てろってくらい難しい問題です(笑)。


2017年05月14日
逗留先より 〜 山口敏太郎タートルカンパニーのパーティーに参加
 むちゃくちゃ多忙の中、13日の土曜に東京行きを強行しました。目的は「山口敏太郎タートルカンパニー2017年春のパーティー〜タートルカンパニー10念目突入記念〜」に参加することですが、このパーティーに東京で生活していた時の知人らと参加する予定でしたので、その再会も楽しみ。

 まぁ、結論から言うと2名の同行予定者のうちお一方は仕事の都合がつかずお会いできませんでしたが、もう一方とはパーティーとその後の時間も含め、ゆっくりと話すことができました。

 で、パーティーの内容について話をお戻すと(もちろん予想の範疇でしたが)山口氏と話をする時間がほとんどなく、ちょっと伝えたいことがあたのに…とやや残念な結果に。ただ、山口氏の奥さんとお会いすることができ、福岡のローカルネタで話を弾ませました(笑)。

 ほか、もう一つは「あの呪いの話」をテーマに霊能者の方と話をしてみたかったんですがねぇ。

 それもこれも、今年の夏に行われる(であろう)怪談ライブに持ち越すか(笑)。


 それから東京に来たなら必ずここ!五反田にあるステーキ店、リベラに行ってきました。

 が、若干体調が戻らなかったんで、泣く泣く1ポンドステーキで我慢しましたが…結局、夜中にお腹がすいてたまらん(笑)。やっぱ、曙ステーキにすればよかったなぁ…との思いは次回の東京行きへのモチベーションに取っておくか。


 ホントは仕事を忘れてもっと東京を満喫したかったけど、やっぱり現実逃避しても仕事量は変わらない。明日には東京バナナを買って福岡に帰ります。

2017年05月12日
東京弾丸ツアー
 前にもちょこちょこ書いていましたが、明日、まさに朝一で東京に行ってきます。8時の福岡発の便なので、家を5時45分ごろに出発、逆算すると5時おきになります(笑)。

 その後、昼の11時半から始まる某出版社のパーティーに参加してきます。詳細は明日以降に。

 まぁ、約3年ぶりの状況なんでリベラにも行きたいし、何より知人と顔を合わせるのが楽しみ。そのパーティー、知り合いもお誘いあわせの上って話しだたので同行者として声をかけたところ、お付き合いいただけるとのこと。

 けっこう間が空いているのに反応していただき、ありがたい限りですし、そもそもそのパーティーに誘ってくれた方も(我ながら)数奇なつながりとしか言いようがない(笑)。


 このありがたい人とのつながりを糧に、明日はさらに新たな出会いがあればと願っています(笑)。

2017年05月08日
いちおう生きてます
 最低でも週に一回の更新を心がけていましたが、炎の10連勤からの4連休中に体調を壊し本日は数年ぶりに体調不良を理由に欠勤してしまった。

 覚書のネタとしては(以前にコメント欄に書いた)東京行きの準備や映画「無限の住人」の感想などもあったんですが、現在もボーっとしている状況なのでパス。

 予定として今週末の更新も東京行きとかぶって伸びるかな。

 まぁ、なんにしろ生きてますんで(笑)。

2017年04月24日
成年後見人の説明会
 先週の水曜、福岡の家庭裁判所に行ってきました。目的は成年後見人の説明会。

 事情をご存知の方には説明は不要かと思いますが、母が病に倒れてから母の持っている株式の処分(株を買っている会社が買収され、売却しなければならない)について母の意思確認ができなかったりで、何かと不便。そんなこんなで成年後見人になったのが数カ月前。

 そして成年後見人になった後に説明に参加する必要があったのですが、業務多忙につき延び延びになっていたため、月初めに「この日!」って感じで19日に決めました。結局、むちゃくちゃ重要な日にあたっちゃいましたが(笑)。


 で、説明会は雑学として、知識として、それほど有益なものでもなく、しかも説明する人の話が下手で同じ話をくどくどと繰り返すんで、軽くゲシュタルト崩壊。さらには「やらなければならない事」と「やった方が良い事」の明確な切り分けをしてくれって言いたくなる話っぷり。

 資料も若干、イラッと来る作りだったし。

 例えば資料2の××参照、と書いていたが資料2には××にニュアンスが似た言葉は載っているが××はない。結局は近い言葉で書かれていたのですが、我々のやってる仕事では「予定時間」と書かないといけない所を「予定時刻」と書いてたら「予定時刻ってなに?どこにもそんな項目ないよ?」と言われる世界。その感覚から言えば、重箱の隅をつつく様で申し訳ないが、イラッと来る。


 さらには講義中、DVDを見せられていたのですが携帯の着信があった参加者がいた。それだけでもイラッと来たのに、さらにはそこで通話を始めた。どういう神経してるんだろう。やっぱ、説明会を軽く見てるんだろうなぁ。



2017年04月17日
外患誘致のような発言?
 久しぶりの時事ネタ。

日本学術会議が声明 「北の核ミサイルを迎撃してよいのか。むしろ戦争の危機が拡大する」
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1921904.html

 これ、「戦争の危機が拡大」って…核ミサイルを打った時点で既に戦争じゃない?まぁ、考えようによっては迎撃しなかったら戦争自体はそれで終わるかな。もちろん、どんな結末かは説明するまでもないですが。


 北朝鮮と言う国は非常に分かりやすい国で、国際的な制裁が加えられた際に本当に効いているときにはちゃんとリアクションしている。こんな制裁には屈しない!って言ってる時こそ効いてる証拠って感じで。

 同じく一気に緊張が高まって来た北朝鮮情勢で、それぞれの立場の人がどんな発言をするかも同じ。まさに外患誘致に近い発言をするマスコミも居て興味深い。

 で、ここでちょっと思ったんですが…

北朝鮮の招待で日本メディア12社など多くの海外記者が平壌入り…新兵器を公開か!
http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/49848094.html

 これ、のこのこと行ってるマスコミもマスコミですが、このマスコミの中には当然、日本の軍事増強を批判してる側の人たちも多いと思うんですが。その人たちが日本から見て脅威になっている国の、場合によっては日本人の命を奪うであろう武器や軍隊が誇らしげにパレードをしているのをどんな切り口で報道するんでしょうか。

 いや、取り越し苦労はしたくはないものの、何か嫌な事にならなきゃいいけど。(って、この場合の私の言っている嫌な事ってのは、日本が攻撃された場合に憲法9条でも認められている自衛のための戦争すら反対している間に被害が拡大する…とか)

2017年04月10日
アンガーマネジメント
 先の土曜、会社の研修として「アンガーマネジメント講習」がありましたが、これが面白い。

 自分自身、ほとんど怒ることがないしマネージメントの必要性も感じてなかったんで、嫌々という訳ではありませんが社内行事の一つとして参加したつもりでしたが、これが面白かった。アンガーマネジメントの基本ですが、「怒らないようにしよう」ではなく「後悔のない起こり方をしよう」というもの。

 この中には「あの時、怒らなきゃよかった」というのもありますが、「怒っとけば良かった」というのもありますが、私の場合は後者が多いかな?(過去に怒った経験を振り返って、後悔することってほとんどないなぁ)

 まぁ、研修の内容を全て書くのも何なんでいくつか印象に残った話を。

 怒りの感情はどの程度持続するか?この質問についてグループワークとして話し合いましょうとなりましたが、怒りの感情に支配されてほかの感情が現れない状態を言うなら半日から一日程度でしょう。少々の怒りでも、一晩寝れば笑いも出ることもあるでしょうし。ただ、その後に怒りがぶり返しては消え、これを繰り返すことで「恨み」に変わることもあるでしょうが…私の答えは「怒りなんて一生ものでしょ」と(笑)。

 これに対して講師の先生の回答ですが、私以上。ものによっては世代を超えた怒りもある…と。いや、なるほど。


 続けて怒りの数値化について。人生最大の怒りを10、ちょっとイラッとした程度を1としてここ最近の不快な出来事を数値化してみる。すると意外と本当に怒ることって少なくなるという話ですが、ここで問題となるのが「人生最大の怒り」と言われてすぐに思い浮かぶ人っている?もちろん私はあります。アレですね(笑)。

 確かに言われてみればあの怒りは殿堂入りですが、あれに対して8とか9とか付けるような怒りはこれから先、そうそうないでしょう。


 ほかにもいろいろと興味深い話はありましたが、アンガーマネジメントは本当におすすめ。怒りと無縁と思ってる人も一度興味を持っていただきたいと思っています。


 最後に。

The Expendables 4 : スタローン隊長が「エクスペンダブルズ」への参戦を拒否 ! !、巨額の約22億5千万円のギャラを蹴って、降板したのはどうしてか ? !、男祭り映画の第4弾が窮地におちいった事情が伝えられた ! !
https://ciamovienews.blogspot.jp/2017/04/the-expendables-4-225-4.html

 ホント、どうなるんだろ?


2017年04月03日
エクセル講座
 先月、パソコンを購入しました。

 そろそろ買い替え時だとは思っていましたが、実は自社でエクセルの講習会を開こうという話が出て、講師として私に白羽の矢が立ち、その教材作りなどを任されてしまったため。おかげでマイクロソフト純正のofficeの入ったパソコンをネットで購入。

 続いて多忙な中で教材を作ってみたんですが、いちおう叩き台でこんなものを…と紹介してみたらえらく食いつきがいい。ってか、自分ではそんなに大したものを作ったつもりはなかったのですが、一般的にはその程度でも苦労してる人がいるってことを改めて知りました。

 つまりはこう言う事。

 例えばエクセルのファイルにシートが50個あったとして、シートの名前が「Sheet1」〜「Sheet50」になってたとする。そこですべてのシートの名前を各シートのある場所(例えばセルのC2)に書かれている値に置き換えるって作業にどれだけ時間がかかるか。

 私なら2分程度でできますが、私が知っている方法を知らない人が馬鹿正直に作業をしたら1時間近くかかってしまうかもしれない。そうなると、この方法を知っている上司が部下に作業指示をして「10分後に!」と言い出した場合に、部下が知らなかったとしたら無茶ぶりにしか思えない。

 もちろん上司は余裕をもって与えた10分に対してギリギリで間に合わない状態で汗をかく、ストレスを感じるってのがもったいないんで、その辺のちょっとした技を教えていこうと思っています。(ちなみに上記のシートの名前の置き換え、シートが100個あっても2分程度で終わりますが、需要があったら紹介します(笑))


 まぁ、私の希望としてはエクセル講座が定着し、ある程度評価をしてもらってパソコン代が出るくらいに給与に反映されるくらいの評価を得たいものです(笑)。


2017年03月27日
束の間の休息
 今月、本当に多忙で軽く200時間は超えるだろうと予測していましたが、中盤くらいからリミッターが外れてしまい、結局のところは250時間を超えることになりそう。先の土曜、やっと抱えている仕事が(泣きの締め切り延長を含めて)やっと終わり、日曜は少しゆっくり…もできずに月曜を迎えることになりました。

 まぁ、それでもこれまでほどの残業はないと思いますが…今週は今月いっぱいでプロジェクトを去る担当者の引継ぎをすることに。いや、覚書では書いていませんでしたっけ?この引継ぎの相手ってのが…埆形くんにわかる形で言うなら過去に因縁のある彼と言っておきましょう(笑)。


 さて、一方で自社の研修会の準備について。これだけ多忙なのにもかかわらず、自社で開催される(いちおう社員が自主的にって名目で)勉強会があり、この講師をやることになりました。お題はExcelの関数についてなんですが、私の持っているノートパソコンのスペックも低く、しかもExcel2003!(笑)

 仕方なくノートパソコン買いましたよ。しかも講習に使うんでキングソフトオフィスじゃなくてofficeの純正が入ってそれなりのスペック、それでいで今の私が出せる金額と相談して7万ちょっとのノートを買ったんですが、ここまでしたんだから自社からの評価を上げてもらって給与に還元してほしい。

 まぁ、ついでに念願のトラックボールも買ったんで、当面の物欲は満たされてます。


 で、話は自分のプロジェクトに戻って…今月に入って自社からプロジェクトに参画してきたメンバー2名が2名ともギブアップ宣言。来月にはプロジェクトアウトすることに。いや、私が現在のプロジェクトの問題点や辛さを訴えても通じなかったがこれで証明されたかも(笑)。

 ってか、笑い事じゃないか。

2017年03月21日
「クリミナル 2人の記憶を持つ男」
 ある意味、けなしている様な表現になるかもしれませんがこの映画、以前に見た「アシュラ」「フェイス・オフ」、そして「アルジャーノンに花束を」を彷彿とさせますが、思った以上に良い映画でした。もっと話題になってもおかしくないのに。



 ストーリーとしては割とありきたりですが、死亡したCIA捜査官の記憶を移植された犯罪者・ジェリコが主人公。両極にある2つの人格が葛藤していく姿を描いていますが、登場人物の心情を上手く描かれています。特にトミー・リー・ジョーンズ演じるフランクス医師は、実験材料としてのジェリコへの興味と被験者としてジェリコへの同情とが

 それでは恒例の【感想:Start】〜【感想:End】に。この間にネタバレの可能性がありますんでご注意を。

【感想:Start】

 この映画、なかなかの名作と思います。子供の頃に脳に障害を受け、善悪の判断がつかなくなったジェリコ。ほとんど欲望だけで行動するため死刑囚として囚われの身になっていますが、未発達のまま使われていない前頭葉に他人の記憶を送り込む余地があるため、白羽の矢が立ちます。

 特に正義感の強いCIA捜査官・ビルの記憶を送り込まれたジェリコにとって、それまでに感じなかった感情を押し付けられるために混乱していきますが、あるタイミングで自由の身になってからは好き放題。しかしビルの記憶に従い彼の家に侵入する中、決定的に欠落していた「愛情」と言う感情に触れ、人間として変わっていきます。

 終盤、ビルの妻と娘への感情はビルの記憶によるものなのか、ビルの記憶に対するシンパシィを感じたジェリコの感情なのか。前述のフランクス医師、ビルの家族の感情なども含め味のある映画です。

 ただ、とにかくCIAの上司であるウェルズが無能。確認って行為を怠り過ぎてるし、いくら焦ってるからって行動の組み立ても悪いし、ジェリコとの交渉も下手くそ。これ、ストーリーに入り込めなくなりそうなくらいにバカと言いたくなる。ってか、敵側のテロリストも無能だけど(笑)。

 まぁ、ある程度荒唐無稽なところもありつつも、人間ドラマとして素晴らしいし、オチも予想通りな内容ですがきれいにまとまってます。若干、苦手な人もいるかもしれないシーンもありますが、オススメ映画です。

【感想:End】

 最後に。この3連休もゆっくりと休めるタイミングが無かった。初日は出勤、日曜は博多で用事があって出かけ、帰った後は姉一家の接待(?)。今日は朝はゆっくりでしたが母の見舞いの後に家の代表としていつもお参りに来てくれるお寺にこちらからお参りすることに。帰宅後に昼寝をしましたが、一週間の睡眠不足を補うほどじゃないし…。

 ってか、それなら覚書書いてないでさっさと寝ろ!俺!


>> 次へ