プロフィール

Elwood
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新コメント



月別アーカイブ
2017年06月29日
死にかけました(比ゆ的な意味ではなく)その3
 ミニマムサイズの紙パンツをはいた状態で再びベッドに戻ると、カーテンを閉めたうえで「シモの毛、剃りますね」とのお言葉。うむ、ちょっとしたプレイ感覚も悪くはないが、シモの毛を剃られた男性は自尊心の低下により治癒力が落ちるとの持論もあるんでちょっと戸惑ってたら、さらに衝撃の言葉が。

「尿道に管入れますね〜」

 いやいやいや、そんなハードなプレイ、心の準備が!

 有無も言わせず(ってか、すでに息も苦しかったんで、なすがままって感じでしたが)やっと収めた大事なところの先に(たぶん麻酔だと思う)ゼリーを塗られた。いや、急なことなんで実力を出し切れていない(いや、出し切っちゃまずけど)状態のお宝に管が挿入されたのですが…まさに「激痛」という言葉以外が浮かばない。

 「い゛た゛い゛ーーー」とまさに叫ぶも管はズンズンと挿入され「痛そうですねぇ」「前立腺肥大とかありますか?」と。言われたことねぇし!

 完全に白目を剥いてる状態でゴールに達した(?)瞬間にズン!という痛み。この痛い状態でカテーテル手術を受けるのか?と絶望してたところに呼び水の意味合いがあるのでしょうか「生理食塩水、入れます」との言葉とともに下腹部に例えようのない痛み。それまでの激痛の3割増しの痛みに、叫び声を上げました。

 で、「おしっこ、出ませんねぇ?」と。手術中、トイレに行けないんで管を入れたと説明されましたが、たった今(「その2」の終わりを参照)トイレ行ったばかりだし!手術時間は?との問いに「1時間ほどです」と。いや、この激痛とのトレードオフが1時間のトイレ我慢!?

 すでに泡を吹くんじゃないかって状態で「それじゃ、抜きますね」って管を抜かれたんですが、ここもマックスの半分くらいではありますが激痛に見舞われ、すでにグロッキー。ここですっかり忘れていましたが、シモの毛も着実に剃られていた。

 若手の看護師さんが「このくらいで良いですか?」に対し先輩と思われる看護師さんの言葉が「もっとガッツリと…」って、丸ぞりされるわけではないものの、それでも下半身の社会復帰を考えると手加減してほしい。そこに現れた先生、「あぁ、十分!十分!」って…。

 こちらはカテーテル手術で手首から管を挿入するんですが、血管が十分な太さがなかった場合のためとのこと。結果論ですが、トイレは行きたくなるほどの尿意もなく、手首の血管でのカテーテル手術ができたので下半身は何のために蹂躙されたのだろうか、と。

 体調が万全の時なら楽しめたんでしょうが、そもそも万全ならこんな経験をすることもないか。


 結局、今日は下ネタ編って感じになりましたが、次回はまじめに私の症状と治療の話に移ります。予告的に書くと、実は現時点で「いつ死んでもおかしくないよ」と言われている状態。そのへんも含めて次のお話へ。




2017年06月26日
死にかけました(比ゆ的な意味ではなく)その2
 一通り血液検査、心電図検査を終えた後にレントゲン。そのあとCTスキャンをやると言う事になり、そこまですることかなぁ?って感じでいましたが、レントゲンを撮り終わった後の移動中に胸が痛くなったところで車いす再発動。

 一気に(私以外の)緊張が高まったのはCT検査の結果が出た後。こっちは人生初のCTで体内に入った薬品で「体が一瞬、熱くなったような気がしますが驚かないでください」と言われ「?」って感じでしたが、実際に体験すると「おぉっ!」って驚きもありましたが、ベッドのある部屋に戻ったところで緊急手術を言い渡されました。先生曰く「死ぬよ」と。

 いやいや、明日(つまりは土曜日)絶対に外せない仕事があり、今日(つまり金曜日)も体調が良ければ出勤してたんで、それを考えたら手術は月曜でもいいじゃないか?と提案。当然、「仕事と命、どっちが大事?その大事な仕事も死んだらできないよ?」と。

 そこで土曜の朝に退院、仕事の後は安静にする約束をして手術に同意。カテーテル手術でしたので、不可能ではないとの話でしたので、それで同意。幸か不幸か昨年、両親の命に係わる手術ラッシュ(笑)があったんで、いろんな同意書なんかもお手の物でしたが、そのあとに紙パンツに履き替えるよう指示されました。それならトイレに行きたかったんでついでに履き替えようと思い、トイレで紙パンツを開いてみると…




 うむ。これをどう履くのか?と疑問に思うとともに、今後の趣味に生かせないかと思いながら大事な部分が収まりにくく苦戦していたらトイレの外から「大丈夫ですか?」と声がかかる。気分が悪くなって倒れたんじゃないかと心配してくれているようですが、こっちはおさまりの方を心配していて。

 もっとも、その心配なんか吹き消されるこちになりますが。


 トイレを出ると同時にベッドを移動。カーテンで個別に仕切られたベッドで事態は急展開。ある意味、夢にまで見たシチュエーションが悪夢に変わりました。

(つづく)

2017年06月25日
死にかけました(比ゆ的な意味ではなく)その1
 本日、前から予定していた講習会の講師役を無事にやり終えました。内容的には決して満足いくものではありませんが、木曜の夜からの怒涛の流れを考えればよしとするべきなんでしょう。なにしろ、その前日の木曜にカテーテル手術を受けた後でしたから(笑)。

 話は長くなりそうなんで先に説明しておくと、金曜に病院で精密検査を受けた結果、(数値上の定義では)心筋梗塞と診断され緊急手術。土曜の仕事に支障がないことを確約してもらった上での手術&一泊入院でしたが、医者の立場からは3日程入院してもらいたいといわれました。


 順を追って説明すると、木曜の夜9時ごろ。仕事中に胸が苦しく息が浅くなってきたんでやばいと思い9時半に仕事を切り上げました。(この時点で勤務状態がヤバいって話ですが)事務所から博多駅まで徒歩10分足らずの道のりがとても長く、途中立ち止まったりしゃがみ込んでしまったりと20分近くかかった。

 親父に連絡を入れ、最悪、福岡市内の病院に運ばれたら家に帰れなくなると伝えようとしたら電話に出ない。仕方なく姉に同様の連絡を入れているうちに痛みも治まり、牛歩で電車に乗り込み宗像の急患センターへ。そこでは心電図に血液検査では異常は認められないが精密検査を受けた方がいいといわれました。

 同じことを連休最終日に体調を崩した時にも言われ、健康診断を7月に繰り上げてもらっていたんでそれまで待とうかと思いましたが、金曜の未明に帰路で感じた痛みを超える激痛に襲われ、まさにのたうち回る状態。こんな時間に住宅街で救急車を呼ぶのも迷惑かなぁ?などと悠長なことを考えつつ、翌朝には寝不足を理由に会社を休むことを決断。

 結果、この判断が命を救うことになったようです。


 午前8時、やはり胸の痛みを感じて出勤を断念。昨年、父もお世話になった病院に行くと待合室で前日9時以降のいきさつ、急患センターの話、過去に似た症状があったが一時的なものでここまでひどいことはなかったと伝えたところ、循環器科での受診を指示され循環器科へ。

 循環器科の待合室で容態が悪くなり、椅子に崩れるように座っていると看護師の方が「どうされましたか?」と聞いてきた。ここで前日9時以降のいきさつ、急患センターの話、過去に似た…を説明。血圧を測ったうえで慌てて別の看護師を呼んで来ました。

 気分はどうですか?の質問に続いて聞かれたのでまたもや前日9時以降のいきさつ、急患センターの話、過去に似た…を説明。横になった方が良いでしょうとベットのある部屋に。その途中も立ち止まることがあり、とうとう人生二度目の車いすでの移動。

 ベッドで横になりつつ、その部屋の担当をしている看護師の方に「どうされましたか?」と聞かれたときはさすがに笑ってしまいました。前日9時以降のいきさつ、急患センターの話、過去に似た…で、急いで先生を呼んできてくれましたが、ここまで書いたらもう想像はつくでしょう。

 先生が来て「どうされましたか?」と。

(つづく)





2017年06月19日
「不思議探求研究会」終了のお知らせ
 もはや開店休業中という表現がぴったりのサイトですが、この7月で閉鎖となります。(ってか、ここの読者ですら知らない人がほとんどでしょうが)

 これ、サイトのサービス停止に伴うもので、私自身もサイトの引っ越しなどの延命処置を取っていないんで(正確な日付は忘れましたが)7月中には16年の歴史に幕を下ろすことになります。

 このネタについてはまたゆっくり書くことになると思いますが、ちょっとだけ振り返ると16年はちょっとした重みがあります。もう当時のことを知る人も読んでいないと思いますんで書き逃げになりますが、このサイトが始まったのが2001年7月。開設当時のサイトの思想に協力してくれた人物でアドバイザー的な存在の人物も後に(彼の下衆な裏切りで)袂を分かつ事となり、その時は本気でサイトを閉鎖しようかと思ったこともありました。

 しかし、わずかではありますが応援してくれる人もいましたし、その後に知り合えた人たちの支えの中、「さるさる日記」なる日記サービスで覚書をはじめ、やがてそのサービスも停止になるタイミングで現在のブログに移行。やがて覚書が主流となりサイトの更新はおろそかに。

 それでも11万アクセスを超え、それだけ酔狂な人たちがいたことに感謝するとともに、ある程度の役目を果たしたと確信しています。その上で妙なノスタルジックな考えでの延命もカッコ悪いし、かといって何の告知もないまま(いつの間にか)消えるのもなんだかなぁ…って感じもあるんで覚書で取り上げました。


 実はこのサイトのトップで「祝」バージョンを用意していたことがあり、「ある出来事」があればそれと差し替えるつもりでした。そのチャンスが昨年ありましたが…やっぱり自粛(笑)。まぁ、その出来事が起きる前にサービス停止とならなかったのも運命かな?と感じました。

 まぁ、何はともあれ現時点で「113751」アクセス。あとは最後の数週間、サイトの最期を見届けます(笑)。

2017年06月13日
結論ありきの仕事
 現在、お仕事でアウトソーシングで作成されたプログラムの検証を行っていますが、これが酷い。

 設計書を渡してプログラムが上がってくるんですが、その間に設計書に対する質問やミスに対する指摘をもとにやり取りをし、テストを実施したものが上がってくるというお話だったんですが、ホントにテストしたの?っていうようなレベルのものが納品されている。

 実際、設計書にミスがありました。しかし、きちんと製造を行っていればそのミスに気付くはず、必ず質問や指摘が来るはずなのに何もないまま製造完了。で、テストの時点で結果に矛盾が見つかっているはずなのにスルーして「できました」ってどういうこと?


 いや、製造側の考えもわからなくはありません。いわゆる「寝た子を起こす」ことがしたくなかったのかもしれませんが、これのしわ寄せが全部受け入れテストをしている人間に降りかかってくる。上の人間はアウトソーシングで費用削減できたことを示す結果しか期待しておらず、締め付けが激しい。

 もちろん出来が悪ければ突き返すこともできるのですが、繰り返しますが設計にミスがある。ゆえに文句が言えないが、こちらも繰り返すですが気づいてるはずなのにスルーしている向こうも問題があるんですがねぇ。で、仮に設計が正しい箇所で先方のミスがあったところで、そのミスを指摘するためのエビデンスを用意したうえで修正を依頼。結果が上がってくるまで作業が止まるなんてことがあるとさらにスケジュールはきつくなるんで、担当者が修正するってルール。


 このスタイル、まじめにテストをすればするほど割を食うんで、手を抜く人が出てくるんですが。まぁ、それは既に「疑問があっても質問しない」「ミスがあってみ指摘しない」アウトソーシングの製造側が問題を次の工程に先送りしたことを考えるとわかりやすいでしょう。

 と言う事で、私も問題を先送りにする?

 それをやった時点でこれまでまじめにやってきた仕事も信用されなくなりますんで、やりはしませんが。

2017年06月05日
この先、見たい映画
 超多忙により覚書の更新も滞り、すでに一部の固定読者だけになっているとは思いますが、本当に変化のない生活を続けているんでネタ切れです。こんな時はこのネタですね(笑)。

 さて、私はけっこうジャンルの好き嫌いがはっきりしているんでアメコミ系はマイティ・ソーくらいしか見てないんでローガンとかはパスですし、同じく乗り遅れた感じのあるシリーズものもスルーしてるなぁ。ですんで、トランスフォーマーとパイレーツ・オブ・カリビアンも予定に入ってない。

 そのくせ「クソ映画」の可能性が高いマンガ・アニメ原作の実写版は予想通りに外れても、期待を裏切って面白くても楽しめる変質者なんで、なるべく外さないようにしている。で、今後の映画を見てみると…

・トモダチゲーム 劇場版
・東京喰種 トーキョーグール
・ジョジョの奇妙な冒険
・鋼の錬金術師

 このあたりがラインナップされた(もちろん、他にも該当するジャンルの映画はあるがスルー!)が、姪っ子にせがまれれば「銀魂」くらい見に行くかも。しかし、以前に書いたように原作の漫画のストーリーのつまみ食いしかできない映画でその内容を楽しめそうな作品と考えると…やっぱ、どれも(ry

 ってか、コスプレ時点で滑ってるジョジョはやっぱりリストから外すべきか?


 まぁ、それとは別に「22年目の告白」「キング・アーサー」は見に行こうかと思うが、以前にも書いた通り藤原竜也。今回もとんがった役をやってるみたいだけど、これも武田真治がやった方が良かったってならないかなぁ。ルックスは嫌いじゃないけど、どうもあの手の演技が苦手なんで。

 あと、他にも気になる映画はあるけど、忙しいのと見たいって意欲の組み合わせでいけば難しいものばかりかなぁ。上映映画館も問題だし。

 いや、なんにしても仕事がどうにかならんかなぁ。

2017年05月29日
軽く切れちゃって(笑)
 先週末、私が所属するチームがプロジェクト内で「功労賞」を取ったとのことでお祝いを兼ねての飲み会があった。当然、ぜひ参加してください!とのことでした。

 だが断る!

 そもそも忙しすぎた結果、欲しくてもらった功労賞じゃないし、そもそもゴールに達したわけじゃないんで忙しい状態が続いている中、定時に帰って飲めるはずがない。ってか、そもそも参加確認のメールをもらった時点で飲む気分にもならなかったし。


 この感覚、今から20年ほど前に某ハードウェア業界で仕事をしていた時、ホテルのパーティーで慰労会が催された時も本当に慰労されるべき現場の人間はほぼ不参加。それでいて盛大なパーティーで盛り上がったらしい。これが現場の士気を下げるって発想はないらしい。


 で、翻って現在の仕事。正直、体を壊してまでって気になってきた。以前、5月8日に体調を壊したって書きましたが、この時に血液検査をしてたところ血中のヘモグロビン濃度が異常に低いとのことで精密検査を勧められていました。

 健康な成人男子で15〜13g/dl、多い人では18g/dlある人もいるそうで、成人女性の場合は11g/dl以上。それに対し、私は9.2g/dlだとか。息が上がるでしょ?って言われたが、それって心臓がダメになってるって思ってたけど(笑)。

 ただし、貧血の原因が食生活ならまだしも、定期的に出血のある女性(言葉を選ぶなぁ)の平均より低いってことは、本人が気づかない出血がある可能性がある。早い話、胃や腸に穴でも空いてる可能性もあるんで、検便に胃カメラ検査が必要だともいわれましたが、今の忙しさじゃ…で命を落とすんでしょうねぇ。過労死のパターンは(笑)。

2017年05月15日
「無限の住人」見てきました
 久しぶりの更新ですが、見てますか(笑)?

 今回のこの作品、三池崇史監督・漫画原作・木村拓哉主演となれば見逃すわけにはいきません!いや、最初っからディスるつもりで見に行っているわけではありませんし、純粋に楽しみにしていましたが…残念ながら予想を超えるほどの内容ではありませんでしたし、



 業とともに永遠の命を背負ってしまった「不死の剣士」万次が、両親を失い復讐を誓う少女、凛に助太刀を依頼される。万次は不死の体にさせられたきっかけでもある「殺された妹」に似た凛の願いを聞くとともに、彼女の怨敵「逸刀流」の剣客たちと戦うことになる。

 というところで、今回も恒例の【感想:Start】〜【感想:End】に。この間にネタバレの可能性がありますのでご注意を。

【感想:Start】

 いや、正直なところ…漫画原作の映画ってストーリーにツッコミを入れても「原作通り」となってしまえば映画評ではなく漫画表になってしまうんで、原作をしっかり知ったうえで差異の部分を論ずるしかないのかな?って気もしますが、その考えを度外視して書きましょう。(同じ理屈は小説でも同じだし(笑))

 まず江戸中の流派の統一を狙う「逸刀流」ですが、一応は幕府お抱えの流派を目指す割には素行が下品。道場を襲って師範や道場主を殺害した後にその奥方を手籠めにする…って、単に「紋切り型の悪党」を描いただけで、その理念とはかけ離れている。ストーリーに深みがなくなってしまう。

 他、出てくる悪役もそれぞれが「型破り」の真逆な「型に嵌った」悪党ばかり。特に戸田恵梨香演じる乙橘なる女性剣客が終盤に出てきたとき、不覚にも涙が出るほど声を押し殺して笑いました。いや、ストーリーが中二病。

 もちろん主人公の万次も鼻血が出るほどの中二病キャラ。もう少し非情になればベルセルクのガッツくらいになれたんでしょうが、それも中途半端。途中、「これが後の丹下左膳!」ってなるのかな?とも思ったんですが、そんな遊びもなかったし。

 そして決闘シーン。やたら冗長でダラダラと流れる戦いに「どっかで見た光景だなぁ…」と感じていましたが、思い出しました。昨年の(それを期待して見に行ってたので不適格な表現ですが)ナンバーワン・ガッカリ映画の「テラフォーマーズ」でした。そういえばあれも漫画原作だし、監督は…(ry


 まぁ、さんざんディスりましたが、基本的に何も考えずにストーリーを刹那的に見ていけば楽しめる映画(前後の繋がりを考えちゃダメ!)です。キムタクの演技も悪くなかったし。ただ、杉咲花のキンキン声は耳障りでしたが(笑)。

 あと、若干気になったのは市川海老蔵にあんなセリフ言わせるな!ってところがあったのは気になったなぁ。

【感想:End】

 最後に。この文章を書いている時点でまたもや“あの手の映画”が上映されるみたいですねぇ。今年に入ってだけでも何本目?って感じですし、こんな映画ばかり作ってるから邦画が軽んじられるんじゃないかと感じる次第で。

 で、“あの手の映画”って何のことか。それでは映画ファンを自称する人に質問です。主人公の女の子がタイプの違う二人の男性に言い寄られ、心が揺れ動くって映画がありましたが、題名は何でしたっけ?

 銃を構えたジェイソン・ステイサムのアップ一枚だけで題名を当てろってくらい難しい問題です(笑)。


2017年05月14日
逗留先より 〜 山口敏太郎タートルカンパニーのパーティーに参加
 むちゃくちゃ多忙の中、13日の土曜に東京行きを強行しました。目的は「山口敏太郎タートルカンパニー2017年春のパーティー〜タートルカンパニー10念目突入記念〜」に参加することですが、このパーティーに東京で生活していた時の知人らと参加する予定でしたので、その再会も楽しみ。

 まぁ、結論から言うと2名の同行予定者のうちお一方は仕事の都合がつかずお会いできませんでしたが、もう一方とはパーティーとその後の時間も含め、ゆっくりと話すことができました。

 で、パーティーの内容について話をお戻すと(もちろん予想の範疇でしたが)山口氏と話をする時間がほとんどなく、ちょっと伝えたいことがあたのに…とやや残念な結果に。ただ、山口氏の奥さんとお会いすることができ、福岡のローカルネタで話を弾ませました(笑)。

 ほか、もう一つは「あの呪いの話」をテーマに霊能者の方と話をしてみたかったんですがねぇ。

 それもこれも、今年の夏に行われる(であろう)怪談ライブに持ち越すか(笑)。


 それから東京に来たなら必ずここ!五反田にあるステーキ店、リベラに行ってきました。

 が、若干体調が戻らなかったんで、泣く泣く1ポンドステーキで我慢しましたが…結局、夜中にお腹がすいてたまらん(笑)。やっぱ、曙ステーキにすればよかったなぁ…との思いは次回の東京行きへのモチベーションに取っておくか。


 ホントは仕事を忘れてもっと東京を満喫したかったけど、やっぱり現実逃避しても仕事量は変わらない。明日には東京バナナを買って福岡に帰ります。

2017年05月12日
東京弾丸ツアー
 前にもちょこちょこ書いていましたが、明日、まさに朝一で東京に行ってきます。8時の福岡発の便なので、家を5時45分ごろに出発、逆算すると5時おきになります(笑)。

 その後、昼の11時半から始まる某出版社のパーティーに参加してきます。詳細は明日以降に。

 まぁ、約3年ぶりの状況なんでリベラにも行きたいし、何より知人と顔を合わせるのが楽しみ。そのパーティー、知り合いもお誘いあわせの上って話しだたので同行者として声をかけたところ、お付き合いいただけるとのこと。

 けっこう間が空いているのに反応していただき、ありがたい限りですし、そもそもそのパーティーに誘ってくれた方も(我ながら)数奇なつながりとしか言いようがない(笑)。


 このありがたい人とのつながりを糧に、明日はさらに新たな出会いがあればと願っています(笑)。

>> 次へ
タグクラウド
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://fanblogs.jp/elwood/index1_0.rdf
QRコード