広告

posted by fanblog

2016年09月11日

ソーラー発電で農場が出現!野菜も電気も今年も豊作

cenergy_a06.png
京都府亀岡市の農村地帯のど真ん中に?!

なんと!

出力538キロワットの太陽光発電所が出現したぁぁぁぁ。

総工費はなんと1億3000万円です。
サラリーマンの一生涯に稼ぐ給料ぐらいですかね。

太陽光パネルは全部で1736枚で、電気を20年もの間、1キロワット時あたり32円で売電します。
総額で年間1600万円超の電気の収入が得られる計算となります。

計算では約8年で元が取れる計算になります。
太陽光パネルの支柱は2.9メートルと2.5メートルで長い。その下を人間やトラクターが行き来して農作物を栽培する。

この農場では大きく2点の特徴があります。
■太陽パネルをたくさん並べても飛びにく、風圧に強い支柱
■放置竹林の竹を焼いた炭を混ぜた堆肥を使用

まとめ


最近はスーパーでもよく見かけますが、年中季節ではない野菜、果物が陳列されていますが、このようなソーラー発電農場が増えていけば、季節に関係なく色々なものが食べれるのは嬉しいですね。

参考;日本経済新聞 2016.9.6




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5421188
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。