広告

posted by fanblog

2016年06月25日

世界の太陽光発電の導入状況 | 25.6%増で中国が首位



ソーラーパワー・ヨーロッパとは、欧州の太陽光発電関連の産学官で形成しています。
(旧欧州太陽光発電産業協会)

ソーラーパワー・ヨーロッパによると、2015年の世界の太陽光発電の新規導入量は前年比25.6%増の5060万キロワットと過去最高を更新しました。

その内わけとしては、日本と中国で約50%となります。

中国は2015年の累積導入量が4300万キロワットに達して、ドイツを抜いて世界最大の太陽光発電国となりました。

2015年の国別の新規導入量は下記内容となります。

中国:1515万キロワット(46%増)
日本:1100万キロワット(13%増)

※3位の米国まで2014年は順位は同じだった。

2015年末の世界の累積導入量は2億2900万キロワットです。

中国が18.9%を占めており、ドイツ(17.3%)、日本(15%)と続きます。

2020年までの世界市場予測では、

2016年の新規導入量が22%増の6200万キロワット
 右矢印1️中国が市場をけん引し続けるとの見通し

2020年末の累積導入量は6億キロワットで、これから5年間で2.6倍に拡大すると予測されています。

太陽電池モジュールを中心とした価格下落が続いており、世界的に太陽電池の発電コストは低下しています。

各電力会社が手がける大型発電所の観点では、一部の国では石炭火力と互角になってきています。

太陽光でつくった電力のソーラーパワーに関しては、今後、電力を一時的にためる蓄電池の普及が想定されています。



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5192364
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。