広告

posted by fanblog

2016年05月03日

日本卸電力取引所のスポット市場!4月38%増!

trade.jpg

4月1日の電力小売り全面自由化後の電力取引が伸び悩んでいます。

日本卸電力取引所の「スポット市場」の4月の1日平均の約定総量は約4684万キロワット時となり、前年同月比38%増でした。

1〜3月が5割前後増えたのと比べ、伸びが鈍っています。

家庭での契約先の切り替えが進んでいないことが原因とみられます。


3月の1日平均と比べると4%減っています。

経済産業省の認可法人、電力広域的運営推進機関によると、4月22日時点の電力切り替え件数は74万4400件となります。

全国の契約数に占める割合は1〜2%にとどまっています。

新規参入した電力小売会社がスポット市場で電気を調達する動きは限られています。

同機関のシステム開発の遅れが影響して、地域をまたぐ電力取引に支障が生じていることも売買が低調な一因との指摘もあります。

気象庁によると、4月は東日本の太平洋側と西日本で日照時間が平年と比べて少なく、太陽光発電からの電力供給が減ったことも影響しているとの見方もあります。



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5025382
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。