「1月期」4週目

お世話になっております。

1月28日 (火) より「1月期」 4週目となります。

降雪からの週初めとなり、寒さが厳しい一週間となりそうです。

先週はちらほらと体調不良で欠席された方がいらっしゃいましたが、
今週はさらに寒さが厳しい予想となっていますので、厳重に注意が必要となります。

しっかりとした睡眠と、しっかりとした食事をとって、
体調を崩さないように注意して下さい。

また、ウイルスにより体調を崩してしまう場合もありますので、
その場合はなかなか防ぎようがありませんから、
無理をせずにお休みされることも大切です。

EMSでは振替受講も可能ですので、
まずは体調を最優先でいきましょう。

受験生にとっては新型コロナウイルスは大きな不安材料ですが、
風邪やインフルエンザなどの一般的な予防対策が有効とのことですので、
マスクの着用、手洗い、うがいなどを徹底していきましょう。

では、今週も元気に頑張っていきましょう!

英語EMS

「1月期」3週目

お世話になっております。

1月21日 (火) より「1月期」 3週目となります。

センター試験初日は東京も雪が舞い、2日目は晴天。

高3、受験生の皆さんは大変だったと思いますが、ここからが本番です。

しっかりと自分の実力を発揮できるように体調管理を含めて準備を万全にしていきましょう。

その他の学年の皆様もあと2週間ほどで中学入試期間のお休みが入る方が多いと思います。

まずはそこまで大いに頑張っていこうではありませんか!
コツは「EMS通信1月号」に記されています。

公立校の方は中学入試のお休みはないと思いますので、
また別の方法で上手に締切効果を生み出していきましょう。

今のうちから学年末試験を意識して学習を進めておくと、余裕を持った準備ができるはずです。

では、今月も頑張っていきましょう!

英語EMS

「1月期」2週目

お世話になっております。

1月14日 (火) より「1月期」 2週目となります。

いよいよセンター試験が今週末に迫ってきました。

高3受験生の皆様、試験と同じ生活パターンで本番に備えていきましょう。

全国の受験生の皆様が、滞りなく実力を発揮できることを心より願っております。

そして、EMS受講生の皆様も、ここからは自分との闘いですので、
最大限の力を発揮できるようにすべてのことを整えていきましょう。

その他の学年の皆様は、新学期明けからいきなり連休もあり、
まだまだフル回転とはいかないかもしれませんが、
まずは中学入試期間のお休みに向けて、
少しずつ自分の中のエンジンを加速していきましょう。

では、今週も頑張っていきましょう!

英語EMS

「1月期」1週目

お世話になっております。

1月 7日 (火) より「1月期」 1週目となります。

高3・受験生の皆様はセンター試験が迫ってきています。

体調管理を万全にして、本番に向けた生活スタイルを確立していきましょう。

その他の学年の皆様は、年度の締めくくりの2ヵ月ちょっとがスタートします。

お正月気分は終了し、良い形で次の学年に繋げられるよう、
日々の努力を大切にして下さい。

EMSでも最大限のサポートをしてまいります。

では、今週も頑張っていきましょう!

英語EMS

【冬期講習】最終日です!

お世話になっております。

本日、 1月 4日 (土) は「冬期講習」 最終日となります。

そして、2020年最初の授業です。

幸先よくウルトラ元気に頑張っていきましょう。

高3生、受験生は1月18日(土)、1月19日(日)のセンター試験は目前に迫っています。

しっかり睡眠時間は確保しつつ、
起きている時間は1分1秒も無駄にしないくらいの勢いで頑張っていきましょう。

その他の学年の皆様も、
まだお正月気分は抜けないと思いますが、
本日の授業中だけは、集中して頑張っていきましょう。

英語EMS

【謹賀新年】本年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。

皆様のお蔭様をもちまして、
本年は開講15年目を迎えることができました。

その間、多くの皆様の英語学習と進路選択のサポートをさせていただき、
また、旧年中も多くの方から英語の成績向上など嬉しいご報告を数多く頂くことができました。

入試制度改革で先行きが見えない将来になお一層不安が募る昨今、
アクティブラーニングや実践面のみに傾倒していく学校カリキュラムによって、
理論面の習得が全くできていない学生が驚くほど増えてきています。

EMSでは、基礎理論を丁寧に根気強く指導させていただくことによって、
どんなに時代や制度が変わっても対応可能な、普遍的な理論習得と、
実践的なアウトプット力を徹底的に養成していきます。

当塾を必要として下さる皆様がいる限り、
本年も最大限のサポートをさせていただく所存です。

2020年もどうぞよろしくお願いいたします。

英語EMS